2014年09月23日

かんたん百合雑記、漫画版悪魔のリドルとか他

どもどもー!!ここ最近更新してなかった間に、わたくしが楽しんでいた色んな百合事象をてきとーに紹介してみたいと思います。

☆漫画版『悪魔のリドル』がアニメに足りなかった百合分をぶっこみ続けて下さっている件

今月号のニュータイプ連載分(25話)とか、凄まじかったですね。。今月分はコミックウォーカーで無料で読めるので是非→ここ

照明の強い光におびえる真昼の目を優しくふさいであげる純恋子のシーンとか(しかも、すみれこさんタメ口になってる!!)、なんかスゲーラブ度増してる!!

あと、伊介様の好みのタイプがガテン系って・・・・→

→それ1000%春紀ィ!!

そして極めつけは、千足さん×柩編のクライマックス百合心中ですYO!!まあ、この二人はアニメで一番まともに百合やってたペアですけど、漫画版でも切なく美しくやり遂げてくれてました。いやー、すごいですね漫画版。。。早く3巻が刊行されて欲しいです。
悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)


☆『悪魔のリドル』のファンブック(黒組公式ガイドブック)GET

コミカライズを担当されてる南方純先生のイラストが色々収録されているのは良かったれす。インタビュー等も充実してます(何故か声優さんのコスプレグラビアも・・・)。

描き下ろし絵はあんまりないですが、ニュータイプに掲載されてたイラストはほとんど完全に収録されてるっぽいです。高河ゆん先生のキャラ設定画・設定コメントなども載っていて興味深く読めました。各キャラの睡眠時間まで載ってるマニアックさもイイ(?)です。『悪魔のリドル』にコロッとはまってしまった、私のようなリドラーなら間違いなく楽しめるファンアイテムだと思います。

特に高河先生のコメントは、百合燃料ミサイル投下しまくりで滾りました。

(例)柩と千足さんは、お互いが非常に好みの相手同士です
(例)香子の未来は、きっと逃げ切って組織を脅かす存在になれると思うんですよ。それで、また涼と会ってね。
(例)黒組1番のツンデレ。だけど伊介がデレたらすごいですよ。


おお・・・やばいやばい・・・。妄想が止まらないんですけど。。
悪魔のリドル ~黒組公式ガイドブック~ (アニメ関係単行本)


☆未だに『まどか☆マギカ』グッズにホイホイされてる件

マミさん&なぎさがいるだけで、条件反射的に財布のひもが緩むんですけど、誰か助けて下さい。しかしおねロリは最高ですよね(爆。

またこの表紙も激あざといんですけど・・・・。マミさんの手にぎゅっとくっつくなぎさちゃんとか、もうどれだけ私得なイラストなんですかねえええー!!最高や・・・この二人ほんま最高に萌えるわ!!思わずねんどろいどまで買ってもうたわ(死)!!

裏表紙も、この世に二人っきり感が出ててええのよーーーー


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ LOVE! マミ&なぎさver. (e-MOOK 宝島社ブランドムック)


☆マンガ版『花物語』(原作:吉屋信子、漫画:)を読んで超感動する

久々に百合漫画を読んで目が潤みました。百合文学の祖・吉屋信子先生の著作を忠実にコミカライズした作品なんですけど、めっっっちゃ素晴らしかった。“花物語”は、大正時代を舞台に、その時代に生きていた少女たちの密接な心の繋がりを、美しく、そして尊いものとして描いている小説なんですが、漫画版はその世界観を、純朴なタッチで丁寧に再構成してくれてはってます。

女性の“自由”など、ほんの僅かなものでしかなかった時代、抑圧されながらも心だけは清らかに自由でいたいと思っていた少女たちもたくさんいたのでしょう。短編作品がいくつか収録されており、世相を反映してか哀しい結末の物も多かったですが、どの話もただの悲劇モノでは終わらず“これこそがこの二人にとっての救済だったんだ”という、説得力を持たせてくれているので、読んでいてなんか救われました。

個人的には、電車の中でいつも会う綺麗なお姉さんに、話しかけることもできないけれど、ひたすら憧れを抱き続けていた女学生の話で涙腺爆発でした。ひたむきなまでな純真さと、あたたかな心の触れ合いの余韻・・・そう、これが・・・これこそが“百合”・・・。
花物語 (愛蔵版コミックス)


☆『PSYCHO-PASS サイコパス』2期への不安

もうすぐ2期始まるみたいですけど、1期の脚本にかかわっていた“深見真さん”の名前が消えてます。・・・なんでなの?深見さんは、ハードボイルドの中に百合設定をぶっこんでくるわ、かつては百合姫でも連載してたわという、かなりの百合猛者であり、サイコパスでも“六合塚弥生×唐之杜志恩”という大人のエロいカップルを登場させてくれてました。

1期をなんとか生き延びてくれたこの二人の、2期における活躍とかイチャイチャなんかをめっちゃ期待してたんですけど、なんだろう・・・すごく不安になりますね・・・。  

Posted by romrom6656 at 01:42Comments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月21日

アニメ『悪魔のリドル』最終回(第12話)にテラ感動

“故に、世界は□□に満ちている”



ウオオオオオオオ!!!!こ、これは・・・これ以上ないぐらい素晴らしいエンディングやったわあああああ!!
これまでの展開が結構シビアというか、陰惨な雰囲気だった分、この晴れ晴れとした爽やかな締めくくりが心に染み渡りました。前回の私の予想も6割ぐらい合ってた(気がする!)。

晴の行動、兎角さんの選択、鳰の暗躍、カイバ先生のなぞなぞ、理事長の素早い救急車の手配・・・などなど、やや強引ですけどどれか一つでも欠けてたらこの終わり方にはならなかったんだろうなああ〜と思うと感慨もひとしおです。

とりあえず兎角さんの振り切り具合がぶっ飛び過ぎてて・・・ええんか、それで・・

・・・と、ちょっと思いましたけど、兎角さんが晴を殺そうと仕掛けたのは、結局“自分が晴を大切に想ってきた気持ちは、晴の能力に影響されたものではない”ということを証明して見せたかったってことですよね。



“自分は晴をぶっ刺すことだって出来る→なぜなら自分は晴に洗脳なんてされてないから→だから晴を好きな気持ちは過去も今も本物です→ファイナルアンサー”という公式のために襲い掛かってくる兎角さんの思考もなかなかキてる。。でも、これもすべて晴への一途な“愛”があればこそですよね。

だって、それが証明できれば、晴はもう二度と自分の能力が無意識に発動したせいで、自分を守ろうとしてくれた人(家族とか)がみんな死んでしまった・・・と、おそれたり、苦しむ必要が永遠になくなるんですから。能力とは関係なく、晴は愛されていた(いる)ということを、兎角さんは教えたかったんじゃないかと思いました。妄想ですけど。

しかし、12話の後半は凄かったね。あんな濃密な15分知らんわ・・・ってぐらい凄かった。もう、後半は30秒ごとぐらいに(↓)みたいな感じになったもん。私。



やー、でも、黒組のみんなの“卒業後”の描写はすんごく良かったと思います。過去の自分を乗り越えていこうとしたり、未来に向かって努力しようとしたり・・・それぞれのエピローグに幸せな妄想ができる余地を残してくれてるのも、またニクい演出でしたわよ。

特に純恋子さんの憑き物が落ちたような清々しい表情とかGOOOODでした・・・この調子で番場さんに手料理を振る舞ってあげて下さい。あと涼さんは昔の男を吹っ切ったようなので、同じく昔の女(先輩)を吹っ切って(?)暗殺業から抜け出したい香子ちゃんを迎えに行ってあげて下さい。



最後に、晴と落ち合う兎角さんのジャンパーにクソ受けました。



いやこれ、馬路須加女学園のラッパッパ四天王の一人が来てた服じゃね?何故なのか・・・。



まあ、とにかく最後に見つめ合って微笑んで歩く二人にたいへん満たされたものを感じました。

これぞ神無月厨である私が求めるラストよ・・・・・・で、キスは?



はいはい、残りは特典映像だかなんだかのお楽しみってやつですね!!いやー、今からすごく楽しみですわ・・・。しばらくは頭の中がリドル一色になりそうっす!!

悪魔のリドル Vol.1 (初回特典:トーク&ライブイベント昼の部チケット先行購入申込券) [Blu-ray]
  
Posted by romrom6656 at 00:53Comments(2)TrackBack(1)clip!

2014年06月17日

アニメ『悪魔のリドル』11話を見てノンストップ妄想

悪魔のリドル11話・・・とんでもない引きでしたね。。
こんな気になる引きも久々やで・・・。今週でマジで綺麗に終わるんですか??!最後がまっったく予想つかないという意味では、私にとってはシンフォギアG以来ぐらいのドキドキ感ありますわ。

晴と兎角さんのこれまで積み重ねてきた愛と絆が、最終回でどう昇華されるのか。百合的にマジで目が離せません。ということで、これまでの晴と兎角さんの思い出でも簡単に振り返ってみますか・・・。

.襦璽爛瓮ぅ箸箸靴童鯲を重ね・・・


▲僖鵐弔盂稜АΑΑ


9畛劼舛磴鵑梁臟発をもしのぎ・・・


こ惘犧廚任盂擇靴デートし・・・


タ郵呼吸と称するキスをして・・・


晴のドレス姿に赤面して・・・


Д汽妊スティックに笑って・・・


刀で切りかかる・・・


・・・・・。いやいやいや、どう考えてもГらの流れがおかしすぎるだろう。。

いくら兎角さんが真実を知って、晴を守りたいというこの気持ちは全部洗脳みたいなアレだったんだー!!って感じで逆上したとしても、こんなにあっさり晴を殺そうとしますか!?ま、どー考えても走りの鳰さんが一枚かんでるのは間違いないんで、兎角さんはその裏をかいて、わざと晴を欺いているんじゃないかと想像しました。っつーか、この兎角さんが本物かもよくわかりませんし。。

まあ、管理人的には、次のシーンでこうなって・・・。


そしてこうなって・・・。


色々あって、最後はこういう感じ『私たちはまた、恋に落ちる』的な雰囲気で終わればいいなと思います(これだから神無月厨は・・・)。


☆悪魔のリドルのファンブックが発売予定らしいぞよ!!7月末発売ってめちゃ先なんですけどおおー
悪魔のリドル ~黒組公式ガイドブック~ (アニメ関係単行本)


☆ブルーレイも発売ぞなー。でも、ライブとかトークショーは東京なのね・・・。無理・・。
悪魔のリドル Vol.1 (初回特典:トーク&ライブイベント昼の部チケット先行購入申込券) [Blu-ray]
  
Posted by romrom6656 at 22:32Comments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月05日

百合カップル視点で楽しむ『悪魔のリドル』!!

学園暗殺バトル百合アニメ『悪魔のリドル』が絶賛放送中で、毎週楽しみなろむろむですが、いつの間にか後半折り返し地点にきちゃってるううう!!!ああああ、まだまだこの世界を楽しみたいのに・・・すごい面白いのに・・・最終回を待つのが辛い・・・(漫画は続いてるけど)。

いやー、でも『悪魔のリドル』はキャラクターが個性的で可愛くて、その上、百合っぽい雰囲気をガンガン押し出してくれるのが素晴らしいよね。漫画の描写に顕著なんですけど、寮で同室同士のキャラにはただならぬ絆が結ばれているような気もしますからね〜。カップリング妄想も滾ります!

ということで、改めて初見の方にもおススメしておきたいので、百合百合なキャラの紹介でもやっていこーかなと思います。アニメと漫画(連載分まで)の情報をもとに書きます!

‥貪導僉澎譽寮ダ
主人公カップル。晴の優しさと、前向きな強さに心惹かれていく兎角さんと、自分を守り抜くために凛々しく戦う兎角さんが大大大好きな晴。
命がけの修羅場を潜り抜け、学園祭デート、人工呼吸からのキス、呼び捨て&抱きしめ・・・と、回を追うごとにラブラブ度が上がっていってます。もう完成されたカップル感がありますけど、最終話に向けてまだまだ波乱がありそうな予感。主人公ズの無敵の百合っぷりを括目して見よ!!


犬飼伊介×寒河江春紀
傍若無人で残酷でマイペースな伊介と、そんな伊介に対して、特に物怖じすることなく平然と楽しく付き合える明るい春紀。
こ、これは、思考も性格も完全に正反対だからこそ、反発するよりむしろ仲良しになっちゃう系百合ーーーー!!義理の父母以外を何とも思っていないはずの伊助が、春紀にだけはアドバイスしようとしたり、何かと気にかけたるそぶりを見せるのが良い!漫画では、春紀が『卒業』した後に、春紀をひねくれながらも想いやるような台詞を吐いたりしていますし、すごくイイ関係の二人だと思いましたです。


生田目千足×桐ヶ谷柩
小学生のような幼く可愛らしい容姿の柩と、清く正しい王子様的な存在の千足。
完全無欠のガチ百合ップルで、アニメでは1話分丸ごとかけて、とてつもない百合心中を披露していました。すべてが終わった後に相思相愛が明確になるって展開もまた切なくて、すごく印象的でした。。漫画版では、柩のほうが千足さんを強く意識してる感じがします。“可愛い千足さんをみんなには見せたくない”的なことをシレッと言い放ったりしてますし、なんかすごいです。もしかしたら柩はすんごい攻めなのかもしれない。。


ぜ麁N叩濘青更畛
この二人私好きです!!真面目な委員長タイプ(でもどんくさい)の香子と、人生達観してるっぽいのんびりした涼。
部屋でのやりとりも、すごく打ち砕けたいい雰囲気ですし、香子の望みを知って、それをソッと肯定する涼も優しくて良い。香子が、卒業する前に涼に手紙を残したのも、なんか信頼の証っぽいですし、香子の“自分の代わりに委員長になってほしい”という頼みを平然とこなす涼の誠実さも、なかなか熱いです。もっと絡んで欲しかったぞよおおお。。


ト崗貎臣襦澑兔穃子
オドオドして内気な真昼と、そんな真昼に何かと絡もうとする超優雅なお嬢様の純恋子。
漫画では、乙哉にからかわれて半泣きになっていた真昼を、純恋子が助けたことで、内気な真昼が必死にお礼を言おうとするシーンがありましたね。純恋子も、真昼に話しかける時は何故かポっと頬を染めたりしていて、かなり真昼を気に入っている様子。ビジュアル的になんか映える二人ですな〜。


Ψ持しえな×武智乙哉
真面目に暗殺に取り組もうとする(?)ボクっ子しえなと、快楽殺人鬼乙哉。
漫画ではあんまり仲良くなさそうでしたが、シリアルキラーと同室でも、しえなちゃんは眼鏡を壊されただけで切り刻まれてないので、まだマシな関係だったのかなと妄想できます。


Яり鳰
なんか一人だけあぶれてますけど・・・。こいつの底の知れなさ、なんかおそろしいです。飄々とした性格とか、見た目とかすごく可愛いですけど・・・。


・・・・いやー、改めて見るに、みんな魅力的でいいキャラばっかじゃないですか!!百合的にも申し分ありませんし、あとはもっとファンアイテム的なものをもっと投入してほしいですね〜。日常系ドラマCDとか、パラレル学園モノ漫画とか。。取りあえず今は、残りのアニメを全力で楽しみに待ちたいとおもいます。

<以下おまけ>
ところで、謎の音読劇(リーディングライブ)とやらが、非常に気になるんですけどなんなんですか、これは・・・。全員性転換で男になってるし・・・。いや、イラストはカッコいいけど・・・。

左上のイケメンは、いすけさんですか!?右下はどう見ても番場真夜さんですが・・・。

晴の受け受けしいオーラは健在。。鳰は・・・うん、鳰。

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)
  
Posted by romrom6656 at 23:40Comments(2)TrackBack(0)clip!

2014年04月27日

かんたん百合雑記、悪魔のリドルとか他

☆アニメ『悪魔のリドル』が百合熱い



高河ゆん原作、南方純コミカライズということで、放映前から百合期待値はMAXでした。そんな予感はしてましたけど、やっぱこのアニメ面白い!!とりあえず先週までで4話まで放映されてて、漫画の1〜2巻にそこそこ忠実な感じでアニメ化されてましたね。

(あらすじ)
暗殺者の東兎角(あずまとかく)は、一ノ瀬晴(いちのせはる)という少女を殺すために、とある学園に送り込まれた。しかし、暗殺者は兎角だけではなく、11人も送り込まれていたのだ。晴と出会い、彼女に陽だまりの匂いを感じた晴は、彼女を守ることを決意し、他の11人と敵対することを選ぶ。それぞれに賭けるものを持った少女たちの無慈悲な戦いがはじまる・・・。



ここからはたぶん漫画を追い越しちゃうんで、オリジナルな展開になるのかもしれないですね。天然かわいくて超前向きな晴と、そんな晴に振り回され、呆れながらも心惹かれていく兎角さんの関係がいいぞ、すごくいいぞ!!それぞれの暗殺者少女も可愛くてちょっと狂ってたりさっそく百合っぽいペア作ってたりと、気になる子が満載でした。

アニメは暗殺少女同士の交流シーンが結構省かれてるんですけど、漫画の方はそこらへんを丁寧に描いているので見比べてみるのも良いかと思います。爆弾魔の神長香子が、暗殺に失敗して消える前に、首藤涼に手紙を渡すシーンとか、机に残された彼岸花を見てつぶやく涼のシーンが省かれちゃったのがちょっと残念でした。



高河ゆん先生と言えばBLであり、BLなんですけど、たまに脇役とかに百合キャラぶっこんできたりしますよね。LOVELESSの中野倭と坂上江夜とかは超ガチでめちゃ熱かったですし、あとはアーシアンのルシフェルとガブリエルとかもなかなか良かったですね。



コミカライズの南方純先生は、昔はマリみての大人気お絵かき掲示板を主催していたり、百合姫で『南波と海鈴』という漫画を連載されていました。ニュータイプのインタビューでも『百合』について熱く語っておられたので、未だに熱い百合ソウルをお持ちのようで感動しました(何。

とにかく、今後もしっかり視聴していきたいと思います!

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)


あと、OP主題歌の『創傷イノセンス(歌:内田真礼)』がめちゃカッコよかったので、久々にアニソン買っちゃいました(久々かよ。特にサビがしびれますわ。石川智晶さんが作詞されてるってのにちょっと驚き。こんなワイルドな詞も書かれるんですね〜!!



創傷イノセンス (初回限定盤)


☆児童向け小説『聖クロス女学院物語〜ようこそ神秘倶楽部へ〜』(作:南部くまこ)読了

ついこの間やった百合ゲーム『FLOWERS』があまりにも素晴らしくて、ここ数日夢うつつだったんですけど、あの世界みたいな雰囲気をもっっと楽しみたいよオオオオという百合ヲタにおすすめな小説が発売されておりました。

書店に並んでいたのを買ったので、この(未来の百合少女養成)本がよい子の手に渡る可能性を、私のような汚れた百合狂いが買ってしまうなんて・・・・とちょっぴり後悔してしまいました(死)。

小学生向けの児童小説ですが、『シスターがいる古風なキリスト教系学校』『魅力的な“お姉さま”あります』『不思議な学園のしきたり』『少女同士の絆』『友愛』などという、重要な要素を兼ね備えた物語で、とっても楽しく読めました。



(あらすじ)
聖クロス学園には、入学してしばらくすると秘密のポストを通じて、学園のお姉さまと文通をすることができるというステキな習わしがあります。ただし、お姉さまが誰かは教えてもらえないルールなのです。主人公の元気いっぱい松本陽菜は、この学校に入学し、お姉さまからの手紙に舞い上がったり、親友とキャッキャしたり、素敵な生徒会長のお姉さまにドキドキしたりと、新しい学園生活をめいいっぱい楽しんでいたのですが、変わり者の眼帯美少女『神秘倶楽部』なるオカルトなクラブへの参加を誘われてから、なんだか不思議な出来事に巻き込まれてしまって・・・。

児童向けだけあって、登場人物もいい感じの性格の子が多く、全体的に素直ですがすがしい雰囲気の物語で好感が持てます。

百合というより、少女同士の強い友情という感じですが(当たり前だ)、百合ポテンシャルを持っている人が読めば、異常にテンションが上がることうけあいでございますわ。

特に、眼帯少女の青柳花音と、その幼馴染兼相棒の宮下葵の関係がイイ!!宮下は幼い頃に青柳が目の前で車にはねられて、右目の視力を失った瞬間を見ていたせいもあるのか、いつも青柳の傍で彼女を見守ったり手助けしようとしてくれるのです。ロマンチストで個性的で、周りから若干浮きがちな青柳と、明るくサバサバしてるボーイッシュな宮下という正反対のふたりがいつも仲良く連れ立って行動しているというだけで・・・もう・・・私の頭の中でスイッチが・・・。

(例 P.210)
『わたくしはすばやく動けませんから、万が一のときは、おいて逃げてくださいましね』
『んなわけいくか』
すぐさま、宮下さんが言った。
『あたしにのれ。おぶって逃げてやる』
きゃーっ、意外とかっこいいとこあるじゃん!
青柳さんが照れたように「重いですわよ?」と言った。


あかん・・・萌え死ぬ・・・。続き物みたいなので、次巻も超期待です!!

聖クロス女学院物語(1)ようこそ、神秘倶楽部へ!  (角川つばさ文庫)


<関連>
★この百合小説がすごい!〜百合小説読書マラソン〜

☆南海電車のラピートがガンダム仕様になってた



電車に乗ってたら、普段は鉄人28号イメージの濃紺ラピートが、真紅に染め上げられたボディになってた!!でええええ!?と思って終点なんばで、ラピートのホームに立ち寄ったら、猛烈な人だかりが出来ていたよ!!
どうやらガンダムユニコーンとラピートが、驚異のコラボレーションしちゃったらしいね。ネオジオン(?)の紋章もばっちり入ってたわ。なにより車体が激カッコいい。ガンダムあんまり知らないけど、目を引くカッコよさでしたYO。



☆大丸心斎橋店で開催中の『黒執事』原画展に立ち寄る

買い物のついでに立ち寄っちゃいました。前は、夏目友人帳展もやってたし、大丸はなかなかヲタ世界に理解があるよね。漫画1巻しか読んでなかったけど、とりあえず綺麗なイラストがたくさん観れて、なかなか楽しかったれすよ。生原稿、カラーイラストのほか、先生の私物、ミュージカルの(?)衣装展示、球体関節展示、物販など色々盛りだくさんでした。映画版のあれは結局どうだったんでしょうか・・・?



☆今日のアニソン

アニメ・キルミーベイベーED『ふたりのきもちのほんとのひみつ』
歌詞は若干意味不明ですが、妄想力を最大に高めて聞けば、百合っぽく聞こえてきます。“このままふたりでいるのかな”“おとなになるまでいいのかな”“ほんとのきもちはひみつだよ”などなど、歌詞がなんか思わせぶりですよね。やすなとソーニャの関係をなんとなく揶揄してるような感じでいい雰囲気です。
キルミーベイベーは、ちょっとギャグが暴力的すぎて、百合スイッチが入る前にややひいてしまうんですけど、なんかDVD−BOXの売上で伝説的な快挙を成し遂げたらしいんで、今後もほんのり応援したいと思います(何。

TVアニメ「キルミーベイベー」オープニング/エンディングテーマ キルミーのベイベー!/ふたりのきもちのほんとのひみつ 【起】盤
  
Posted by romrom6656 at 18:56Comments(2)TrackBack(0)clip!