2011年08月11日

りぼんコミックスを読んで百合感想

酒井まゆ『MOMO』に、あなどれない擬似姉妹百合を見た!!

ということで、りぼんに連載されていた酒井まゆ先生の『MOMO』が、ちょっと前にめでたく完結していた訳なんですけど、いやー、ほんと面白かったですよ。この漫画・・・。

完全体の大人である私が、すごい勢いでハマッて全巻買っちゃったぐらいですから。



宇宙の惑星を破壊してきた、見た目幼稚園児の大魔王幼女モモちゃんと、地球の破壊を阻止できる可能性を与えられた地球人代表の女子高生・小田切夢の固く結ばれた絆と愛情の物語。

もちろん、りぼんのセオリー通り、クールなイケメンや子犬系少年とのドキドキ展開もあるのですが、このMOMOの中では、それは“モモちゃんと夢の物語”においては、物語を盛り上げるための記号みたいなものなのです(そうか?。

メインはとにかく、夢との交流の中で少しずつ人の温かみを知っていくモモちゃんと、そんなモモちゃんと一緒に笑ったり泣いたりする中で、人間として大きくなっていく夢の成長物語と考えてよいでしょう。

りぼんはほんとあなどれないな!!!

・・・百合的にも!!

もうね、これは百合ですよ。擬似姉妹百合。
私の本能がそう告げています(待。

保護者のようでいて、姉のようでいて、それでいて宇宙規模の大魔王と一般女子高生という立場の違いが、本当の姉妹以上に姉妹らしい二人を、くっつけたり、引き離したりするという・・・・なんかもー・・・最高ですな。

また、この夢ちゃんのお姉さんぶりが最高にいい感じで・・・。。

私の先輩OLに無理やり貸して読ませたら『今時こんな純粋な女子高生いねえよ』というありがたい言葉をいただいたぐらい、いい子なんですよ。

モモちゃんも、外見・中身ともに激爆かわいい上に、いっつもゴスロリな服着てて、しかも二重人格な部分もあったりして大変ナイスなキャラで、この二人がキャハキャハしたり、シリアスしたり、よしよしし合ってる(?)図を見るだけで、もう萌え死にそうになりましたね。



最終回の展開は、ホントすごかったですよ。

私たちは、また恋に落ち・・・じゃなくて、 “私たちは、必ずまた巡り合う”という離別を前提にした選択を、それでも希望を信じて二人で選び取ったシーンは、マジで感動しました。

ラストシーンも、ここではないいつか何処かの世界で、運命が繋がったんだなあ〜と匂わせる憎い演出がされていて、さらに大 満 足 。ほんま、この二人は最高の姉妹やでえ〜。

私を信じて、全巻読破していただきたい漫画です!

LINK
  

Posted by romrom6656 at 23:47Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月26日

百合雑記〜他

最近、全然アニソンレビューやってないように見えますけど、確かにやってません。すいません。アニソン鑑賞も大好きですが、百合はまた比較できないぐらい大好きなものですから(何。

さて今更ながら、失楽園6巻の発売記念おまけポストカードがとんでもない件について。

本編のラスト近くで、ツキは胸元が大きく開いた、たいへん危険なワンピースを着ているわけですが・・・(↓)



おまけのポストカードではこんな状態に(↓)・・・




ソラさんったら、押し倒すついでに完全に上下脱がしにかかっとるやないですか!!ソラの左腕の下とか、完 全 に 脱 げ て る 。まったく、とんでもないサプライズ絵ですね。

尚村先生、最☆高です。


こんなアホな話の後にするのはあれなのですが、声優の川上とも子さんについて。今更ながら、ご逝去されたことに大きなショックを感じております。

幅広いキャリアをお持ちの声優さんだったので、有名作は溢れるほどありますが、特に百合な感じのアニメですと、大運動会のクリス役や、少女革命ウテナのウテナ役や、あとはBLEACHの砕蜂役などで、忘れ得ぬ名演技を見せてくださっていたと思います。特に私は90年代後半〜00年代中盤までのアニメをよく見ていたので、なんかもう喪失感がはんぱないです。。素晴らしい演技を本当にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。


☆大運動会(クリス・クリストファ)


(左)自称・主人公あかりの恋人。天然でかなり本気な百合キャラながら、真っ直ぐで裏表の無いところが魅力。あかりを前にデレデレする時の声と、凛々しく困難を越えようとする時の声が印象的でした。
*大運動会OPレビュー*

☆少女革命ウテナ(天上ウテナ)


(左)世界を革命した少女。迷い、傷つきながらも、大切な友達を救うために全力で戦い続けたキャラ。姫宮の名前を何度も必死に叫ぶ、あのシーンの声が今でも記憶に焼きついています。
*少女革命ウテナOPレビュー*

☆BLEACH(砕蜂)


(右)隠密機動の隊長にして、元上官の夜一様に100年ぐらいLOVE光線を送り続けていた怖い人。初々しく夜一様に憧れるシーンと、憎しみのままに戦いを挑むシーンの声の変わりっぷりがナイスでした。


<メルフォレス>

>>愛読者様

おお!!こんばんはです♪マリ見てOPレビューを見てくださいましたか!そうなんですよ。あれ、実はアリプロが歌ったたのですよ〜。にわかには信じがたいですが・・・。確かにわたくし、年季だけは異様に入ってるファンかもですが、未だになんでこの作品がこんな爆発的に流行したのかよくわかってません。

>百合じゃないと言われれば確かにそうかも。

愛読者さんもそう思われますか?!なんか巻数が進めば進むほど、百合から離れていっているような気がします。レイニーブルー前後がMAXだったのかもしれませんなあ。。花寺とか・・もう・・・お腹いっぱいだから・・・。

>私も「白き花びら」でハマった派です。ディープな関係ではないですが、魅力的な女子がたくさん出るという点ではおもしろかったかもしれませんね。

聖さまマジカッケーですよね。。なんか報われない感じがまた・・・。私は聖×志摩子とか、聖×蓉子とかに密かにハマッてました。白き花びらの蓉子は、聖を愛しすぎているとおもう。最近は、もうマリア様とか信仰とか、あんまし関係なくなってきましたもんね。。超シスター栞さんが渇を入れに学園に舞い戻ってきて、偶然に聖と再会しちゃうような展開が来れば、まだ夢も広がるのですが(無理。

コメントありがとうございました!
  
Posted by romrom6656 at 23:27Comments(2)TrackBack(0)clip!

2011年07月17日

幻想水滸伝ティアクライスで百合



左、姉のクロデキルドさん。右、妹のフレデグンドさん。

いやー、なんとなくDSでRPGがやりたくなって、なんとなく廉価版で買ったゲーム『幻想水滸伝ティアクライス』をクリアしてた訳ですけど・・・

こ、こ、こんなとんでもねえシスコン百合姉妹キャラが紛れていたなんて・・・・・・私もまだまだだったわ!!

しかもかなりメインのキャラだし、個別エピソードの上にアニメーションシーンもあるという爆推しぶり。ゲームもすごく正統派って感じで、面白くて・・・その上に姉妹百合というおまけつきですか!!最高やあああ!

とにかく、フレデグンドさんのお姉さまに対する愛と妄執がすごい。

クロデキルドは、色々あって国を追われる流浪の騎士になってしまい、いつかは国に帰ろうと頑張ってた訳ですが、その事情をまったく知らない妹のフレデグンドは

【姉失踪→国を捨てた→自分を一人ぼっちにした→自分は見捨てられた→あんなにお姉さまを慕っていたのに→ウヴォオオー(ヤンデレ化)】

という思考を展開させ、お姉さまに刃を向けるのであります。姉に捨てられたと思い込んだだけで、あっさりダークサイドに堕ちる妹とか・・・めっちゃ美味しいやん・・・。アニメもなんか超気合入ってたし、見ごたえありました。

その後、何回か戦って、また色々あって和解するんですけど、和解後のラブラブっぷりもまた凄い。

相性のよいキャラを選んで、戦闘に挑むというコマンドもあるんですけど、クロデとフレデをパーティに入れとくだけでふたりだけの超必殺技“ディバインエッジ”が発動できちゃったり、クロデの横に配置するたびに『ああ・・お姉さま・・・』みたいな謎の悦台詞がフレデから飛び出してきたり、フレデが敵の攻撃を受けそうになったら、クロデが庇って身代わりになってくれたり、他にも『お前の自慢の姉でありたかった』とか『もう私から離れないでください』とか『光栄です、お姉さま!』とか、ウハホイな発言がポンポン飛び出しますし、なんかもう色々ひどいです(褒)。

百合百合言ってますけど、RPGとしてもすごく面白くて私は大満足なゲームだったので、みなさんにも純粋な気持ちで(?)おすすめしたいゲームです。  
Posted by romrom6656 at 00:42Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年07月10日

最近の百合情報もろもろ

☆尚村透『失楽園』が、大幅加筆修正を加えて、5巻6巻同時刊行。

いやー、これ密かに楽しみにしてた漫画だったんで、きれいに完結したことは素直に嬉しかったです。

正直、本誌に連載されれた最終話を見たときは『・・・・・・は?』みたいな感じで、割と絶望的な気持ちになってたんですけど、加筆修正が丸々1話分ぐらいあって、それが今迄で一番まっとうな百合展開の末、堂々の百合グランドフィナーレ迎えていて、もう心から万々歳になりました。

それはもう、今まで読んできた中でこまごまと感じていた物語の突っ込みどころとか、微妙な違和感とかを、完全に吹き飛ばすだけの圧巻の力技展開で、一瞬『どええええええ!?!』とは思いましたけど、最後に残ったのは、感無量の満☆足☆感のみでしたね。

物語の基盤である“男尊女卑”の表現が直球でエグい事は、最後までどうしても好きになれなかったんですけど、おまけページの面白さと、この最終巻の展開と、最終巻カバーしたのおまけイラストを見てたら、なんか全部良かった良かったって気になれましたよ。絵もどんどん美麗になっていった気がしますし。



私、ツキのポジションって、主人公を影で支えるクールな親友キャラだとずーっと思ってたんですけど、もうほんとそこはイイ意味で裏切られたと思っています。最終巻にしてようやく、クールで聡明だけど、本当はかなり病んでて、でも一途にソラだけを想い続けてたことだけはずっと変わらなかった・・・とゆー、真打ちのヒロイン要素を完備していたことがわかった訳ですからね。

ちょっと最終巻の顔芸が化けモン級で、何度も吹きそうになりましたけど、書き下ろし漫画の最後で『おばか』と小さく呟きながら、恥ずかしそうに嬉し泣きするシーンの顔が可愛すぎて、なんかそれだけでもー最高でした。一気読み推奨です。



☆平尾アウリ『まんがの作り方』5巻発売。

待ちに待ってたぜ。フウー!!とか思ってたら、掲載誌のコミックリュウが休刊に入るとか、イヤアアアアなんじゃそりゃあああああ!!!!

それはともかく、ささいな気持ちのすれ違いから川口先輩のいる場所を離れて、東京でアシスタントの武田さんと二人暮らしをはじめていた森下のところに、突然先輩がたずねてくるという所からお話が始まります。相変わらず淡々とした話の中に絶妙に笑いを入れてくるのが面白いですねえ。とはいえ5巻は、登場人物の気持ちが今まで以上にザワついた感じになっていて、なんかドキワクしてしまいました。



ガチ編集者の猛攻を軽くかわしつつ、川口の気持ちに不安を感じる森下。煮え切らない態度の川口を責め立てつつ、憧れの漫画家と今一緒に暮らしているという事実に掻き乱される武田さん。森下と別れてくれと詰め寄るガチ編集者を『森下は私じゃないと幸せに出来ません』と一蹴する川口・・・と、なんなんだこの四角関係!!!もっとやってください!!あと川口かっこいいよ。

☆百合姫アニメ化作品第一弾『ゆるゆり』第一話スタート

視聴しました。9割以上のページがギャグで埋め尽くされてる漫画を、どうやってアニメ化するんだろおおお。と、思っていたんですけど、意外にもちゃんとしたストーリーのあるお話に仕上がってて、驚きました。

ほんとに、すごく、すごくゆるい日常系の百合アニメでしたけど。百合っつっても、百合姫の漫画の中でも一番行間とかを読んで“百合”を意識する必要があるような作品ですけど。でも、百合姫の作品がアニメ化されてるってだけで、なんかもーパヤアアアアって感じになりますよね(何。あと、あかりが、ちゃんと主人公やってるのが新鮮でした!結衣の頭飛び具合もなかなかグッドでした。

☆そのほか

杉田圭『うた恋い』(一巻)のショートストーリーになんや百合がありました。百人一首の歌を独自解釈で漫画に仕上げてる本ですが、紫式部の『めぐりあひて 見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな』という歌を超解釈しており、式部とその友達の、友情を超えた百合愛が描かれていて驚いたです。

いいよね、平安百合って・・・(?)。なんかもー昔過ぎてなんでもありな感じに思えてくるというか。。

同じ平安百合なら、ド直球百合ギャグ漫画である、くずしろ『姫のためなら死ねる』もおすすめですな。こっちは清少納言と中宮定子で百合というワンダフルな設定です。清少納言の姫様萌えパワーが尋常じゃないです。

WEBで連載されてるので是非とも→ここ

まあ、本物の『枕草子』を読むと、確かに清少納言の『中宮定子様はなんでも出来るし、冗談もハイブロウだし、機転はきくし、高貴だし、非の打ち所がまるで無い姫の中の姫だとおもうよマジで』みたいな描写がザクザク出てきますからね〜。定子も夜中に清少納言と二人で絵でも見ようと誘ったりしてますし。それをここまで百合ギャグに昇華してくれたのは、限りなくGJなことだと思いますな〜。


<メルフォお返事>

>>愛読者様

おひさです☆おおおお!!!、『REBIRTH〜女神転生〜』の記事を読んでくださりましたか!!ありがとうございます。田村ゆかりさんが、今のライブとかのイメージとは完全にかけ離れた、クール感バリバリで歌ってたあれですね〜。

>しかし、本人の性格には合った曲調のような。

私もそう思います!カッコいいハードな歌も、似合うんじゃないかと思います。

>ヒロインに執着する研究所の金髪の女(ジュンって呼び方にすごく色気と只ならぬ愛情を感じる)がそのケのある人だって思ってたんですが、もろに百合友だち(恋人?)がいたんですね。

ドドドのドピンポンです。和美ちゃんは、もうかなりの初期からジュンちゃんジュンちゃんと、懐きまくってましたからね。物語後半で、世界でただ一人のジュンちゃんの理解者となったのも超うなずけるってもんです。対して、ヒロインに執着する女=飛鳥蘭は、自分の目的のためジュンちゃんにドS調教を繰り返し、最終的に巨大化け物となって、ひとつになりましょうと迫ってくる、まあある意味執着的な愛はあったかもしれないヤバキャラで、和美ちゃんとは対をなす存在になってたように思います。

まあ、とりあえずジュンちゃんは女性を虜にするフェロモンでも発してるのかとゆー位、作中で同性にもてまくってたのは間違いないです。DVD化されてるのかまったく謎ですが、機会があったら愛読者さんにも是非見てもらいたいなあ〜と思います。終盤だけでも(爆。
  
Posted by romrom6656 at 17:23Comments(0)TrackBack(0)clip!

アイドルで百合妄想〜その試練と希望と地獄〜

《前置き》
今回は、ろむろむの半分忘れてた過去が噴出してるので、無意味に長くなります。読む飛ばすほうが吉かも。


テレビの向こうで歌って踊って笑っているアイドル(少女)たち・・・。



女子高ノリで過剰なスキンシップを披露する彼女たちを見ていると・・・こう・・・脳内百合スイッチがばちーんと入っちゃいますよね!ね!

いやー、でも二次元のアイドルで百合妄想するということは、エルサレムを目指して、奴隷商人に売り飛ばされまくってた少年十字軍に、自ら進んで参加するようなものですので、素人にはおすすめ出来ませんね(何。

夢と希望と妄想の果てには、生々しい現実が容赦なく降り注いで来るということをお忘れなく。

大人しくアイドルマスターでもプレイしときゃ良かった・・・と、後悔する時は、すでに相当な労力を使い果たした後なのでございます。。



現実と妄想が入り乱れた世界から抜け出した後には、CDとDVDと録画したハロモ二とうたばんとモーたいへんでした他番組多数と、ライブ遠征の記憶と写真集と関連本と雑誌の切抜きとトレカとマグネットと缶バッジと生写真といいなと思ってやっちゃったエッセイと飲茶楼とモーニングコップと永遠に地上波は来ないピンチランナーだけが残っているわけですよ。ええ、何か問題でも!?



ところでアイドルマスターって、バッドエンドとかはあるんですかねえ?

お泊り愛がフライデーされて放逐ENDとか、喫煙で無期限活動停止ENDとか、ドラマーとかギタリストとか俳優とかと授かり婚ENDとか、給料問題で事務所と対立脱退ENDとか、さようならユウキENDとか、とうとうつんくがAKBのほうがええわ〜とか言い出すENDとか、飯田圭織の日帰りバスツアーENDとか、そーゆーのはあるんですかね?そのほうがリアルで面白いと思いますけどね。

現実はフィクションより奇なりですから、あはははは・・・はは・・・はあはあ・・・すいません、ちょっと昔の自分を思い出していたら変なテンションに。。


・・・って、百合妄想の話ぜんぜんしてねえじゃねえか!


まあ、こんな感じでアイドルで妄想するってのはハイリスクで微妙リターンなことなんですけど、何が起こるのかわからない、どんな発言が飛び出すかわからないって点では、この上ないワクワク感があるんですよね〜。

『男だったら彼女にしたい』とか『大好き〜可愛い〜』とかゆーどーでもいい発言を聞くだけで、楽しくなってしまうとゆー。この病状が悪化すると、最終的に横に並んで立ってる姿を見るだけでヘブン状態になります(爆。

某モーニング娘。の時は、結構そういう百合同志がワサワサいたように思うんですけど、今をときめくAKB48には、あんまりそーゆーの無いみたいですねえ?まあ私は、マガジンで連載中の超設定漫画AKB49以上のAKB知識を持ち合わせてませんので、何ともいえませんが。

とりあえず大島優子×小嶋陽菜(おおはる)とか、結構美味しいそうですよね。
大島の過剰な求愛パワーに押し負けて、いいようにキスされまくってるこじはるとか、なかなか熱いじゃないですか。まあ、動画とかを色々見てると、ご主人様大好きハァハァなゴールデンレトリバーと、それにじゃれつかれまくってヒーヒー言ってる飼い主に見えてくるような気もしますが・・・。



ちなみにモーニング娘。では石川梨華×吉澤ひとみ(いしよし)を全力全開で推してました。
王道だったのよ・・・この二人は・・・。



モーニング娘。の萌え最盛期は確か2001年頃で、その頃は百合な漫画もアニメもゲームも雑誌も特にコレといったものが無く、私はかなりの百合飢餓状態に陥っていました。そこに、ドラマのようなスポ根ストーリー&個性的なキャラ&独特のかわいさをすべて兼ね備えていたモー娘。が現れ、私はあっさり百合ホイホイされてしまったんだろうなあ〜・・・と、今振り返るとそう思います。

そしてアングラで活動していた、ハロプロ系百合二次SS作家さんたちが大量に存在したことも大きかったですねえ。

そういう人たちは、モーニング娘。のキャラが、色んな設定のアナザーワールドの中で自由に恋愛したり戦ったりする小説を書きまくり、普通のヲタ活動に満足できなくなっていたマニアックなハロオタを喜ばせてくださっていました。(*基本的に、特定メンバーの間に特別な感情が芽生えているのがポイントでした)。

私が覚えてるだけでも、モーニング娘。のメンバーたちが、超能力集団だったり、ロボットだったり、人を殺して逃避行してたり、暗殺組織だったり、家庭教師になってたり、吸血鬼だったり、独裁者だったり、普通に百合恋愛してたり、朝起きたら男になってたり、朝起きたら家電製品になってたり、サッカーで世界を目指したり、バトルロワイヤルしてたり・・・まあ、とにかくすごかったです。誰か覚えてる人いませんか?あれ、いない??

今は、百合文化もかなりの広がりを見せていて、本もザクザク買えちゃいますし、今更AKBで百合妄想なんてしなくても、充分補完できてしまいますからねえ。だからあんまり流行ってないのかな。

まあ、今回何が言いたかったかというと、三次元で妄想するのは楽しいけど、ほどほどにしとかないと、後の傷が深くなるぞッ☆ってことです。

お姫様たちはみーんな、砂の上に立つお城に住んでるんですから。
  
Posted by romrom6656 at 00:44Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月21日

神無月の巫女の廉価版DVDだと!?

コメント欄で応援をいただいたので、ちょっと更新してみました。

百合な日々様の情報より・・・

神無月の巫女のDVDが8月に、さらにお手ごろプライスで発売されるとのこと。

神無月の巫女 〈期間限定生産〉 [DVD]

LINK


なんだこれは!?全話収録・映像特典込みでアマゾン予約価格5439円だと!!安い!!安すぎるぞ!!

いやいや、待て待て・・・確かこの作品は、私の中で永遠の神作品とはいえど、オンエアは2004年だったはず。ならば廉価版の発売も(2回目だが)、なんらおかしな話ではない・・・って・・、え・・・ええええええ!?2004年んんん!?!

舞HIME、神無月の巫女、アカイイト、マリ見て(アニメ)・・・あと、なのはさん爆裂天使とかも居た、あの世紀のフル百合スロットル記念年☆2004年って、もう今から6〜7年前のお話なんですかあああああ!!!いやあああああああ信じたくないいいいいいいいいいいい(略。

色々言いたいことはありますが、最近百合にはまったひとの中で、神無月の巫女を知らない方などがおられましたら、是非ともこの機会に手にとってみていただきたいと・・・思います。

神無月の巫女への熱い想いゆえに、絶対少女聖域アムネシアンを応援しているろむろむですが、正直最近アムネシアンはよくわからんなってきたよ!!まあいいや。とりあえず、千歌音ちゃんと姫子はさいこう!!神無月の巫女は百合アニメの金字塔!!みんなお願いだから見てね!!  
Posted by romrom6656 at 00:33Comments(2)TrackBack(0)clip!

2011年04月03日

百合ッと雑記

どうもどうもお久しぶりです。
ちょっと心休まるまで置いとこうと思ったら、いつの間にか放置してました。

今日は奈良飛鳥くんだりまで行って、いちご狩りに興じて来ました。いやー、いちごってあんな綺麗な色をしていたんですねえ〜。なんつーか、きらめき過ぎてラメってました。すごい美味しかったですし。あの赤い色を見つめていると、杏子のソウルジェムを思い出しましたよ・・・・え・・・・?



おいおいおい、まったくとんでもねえ杏さや公式ピンナップ絵をかましてくれはるやないですか!!二人とも、ものすごくなんか通じ合ってるとゆーか、お互い以外アウトオブ眼中とゆーか・・・えらいラブラブしとるやないですかああああ!!!本編はツンツン喧嘩してると思ったら、百合心中してましたからね・・・。とりあえずこの絵で、ありえたかもしれないデレ分を補給できそうです。

杏子とさやかのおかげで、(なんかわからんけど衝動的に)百合に目覚めた人がモリモリいるようで、これはすばらしいことと思います。しかし、この絵欲しさに、娘TYPE(ニャンタイプ)とかゆー、箸にも棒にもかからんようなヲタ雑誌を買ってしまいましたよ・・・。どうしよ、これ。。

あと最近の驚きといえば、なもり先生の『ゆるゆり』アニメ化の情報ですよね!!

遂に・・・遂に・・・百合姫系の漫画からアニメ化作品が誕生するんですね・・・!!この日を、この日を待っていました!編集長が昔『アニメ化するならゆるゆりでしょうね〜』とか吹かしてた言葉が、まさか現実のもになるとは。。楽しみなような、ちょっと怖いような・・・、いやここは、どうかアニメ化が頓挫だけはしないように念を送り続けてコミックを買い、アンケートを書きまくるのみですな(何。  
Posted by romrom6656 at 22:01Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月14日

雑記

今回の大震災、被災に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。テレビや新聞を見る度に、胸が痛みます。

阪神大震災の時は子供のようなものでしたが、今はすっかり社会人ですので、自分に出来る支援を出来る限りやっていきたいです。会社でも義援金を募って送金することに決まったので、それにも協力したいと思います。

被災地の方は、大変なことがまだまだ続いていくと思われますが、もう一度、安心して暮らせる日がくるまで、くじけずに乗り越えていかれることをお祈りしています。  
Posted by romrom6656 at 21:32Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月10日

ゆりっと雑記

乗るしかないだろ・・・この百合ビッグファイアーに・・・。

まどか☆マギカの9話のさやかと杏子にハートをぶち抜かれた被害者達が日を追うごとに増加しているようで、大変素晴らしいことだと思います。ろむろむ的には、さや杏百合心中ウウゥボワアアアアア!!!って感じで盛り上がってたんですが、さやかを救い出したいという杏子の真摯な想いとそれに伴う一連の行動が、多くの視聴者の心にも響いていたということなんでしょうね。シンプルにして最強の言葉『一緒にいてやるよ』。この凄まじい破壊力の余韻に、しばし酔いしれていたいと思いまする。

それはともかく、コミック版CANAAN(漫画:石田あきら先生)の3巻完結編の百合度の高さがハンパなくて、ろむろむ超驚愕。。アニメ版ラストのちょっとモヤモヤした感じが吹き飛ぶような、爽快な最終話に仕上がっておりました。アニメ版だと、カナンもマリアも遠い場所からお互いのことを想いつつ、自分の世界で生きていく・・・という、別離ENDって感じで、ちょっぴり不満だったんですが、漫画版ではアルファルドとの戦いが終わってからも、カナンとマリアの交流は密接に続きながら楽しくやってる・・・という感じの爽やか百合ENDになっていました。

しかも、オマケの番外編三作品には、それぞれカナン&マリアの何気ないラブラブ日常エピソード(+ギャグ込)がぶっこまれていて、大大大大大満足でしたよ。これだよ、これ・・・これが見たかったんよおおおおお!!!雨の中で二人してキャッキャウフフとか、サンタの襲撃(?)からマリアを守ろうと奮闘するカナンとか、お正月も仲良くやってるカナマリとか・・・いい、すごく・・・。

別漫画“CANAANスフィル”もカナマリ度が凄まじいという噂なんですが、よく考えたら買い忘れてました。急いでゲットせねばです。。

*関連記事*
☆『mind as Judgment』<飛蘭>

拍手感謝
>2月27日×2
>3月2日×1
>3月5日×1
>3月6日×1
ありがとうございます!はげみにしています☆
  
Posted by romrom6656 at 22:19Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年03月05日

マギカで百合心中の巻&マクロスF映画でランシェリ妄想爆発の巻

魔法少女まどか☆マギカ第九話にて、佐倉杏子ちゃんが遂にやってくれはりました。百合心中の歴史に、久々に新たな1ページが刻まれましたのです。

厳密に百合とは断言できない二人ですが、さやかに対するひたむきな想い貫いた杏子と、魔女化する寸前、杏子に涙を見せてその胸の内を独白したさやかは、ただの友情レベルを完全に超えていたので、ろむろむの脳内では完全に百合になりました(ヲイ。



魔女化したさやかが憎しみに任せて、他の人間を殺してしまう前に・・・。そして、彼女がこれ以上ひとりぼっちで苦しむことがないように・・・。杏子ちゃんは、誰かを救うために戦う“本当の魔法少女”になったのです。。散り際まで、まったく隙のないカッコよさでしたし、さやかを救う為、祈るように戦い続けた彼女こそ、ほんまもんの殉教者だと思いましたね。かみじょー君とかポポポポイですよ。比較にもなりませんよ(何。



戦いの最中に、さやかと杏子のイメージカラーである、青色と赤色が絵の具のように絡まったりするシーンなんかも凄く良かったですなあ〜。その後の『心配すんなよ、さやか。ひとりぼっちはさびしいもんな。いいよ、一緒にいてやるよ。さやか』という杏子ちゃん最後の名台詞がヤバ過ぎて萌え死ねました。なんつー殺し文句だよ。さやかも(来世では)確実に落ちてるはずだと思います。

今、改めて見返してみると、杏子突撃寸前時の魔女さやかは左手の剣をリボンのすぐ下(胸の辺り)に構えてるんですが、突撃中の時には剣を完全に降ろしているよーに見えるんですよね。杏子との心中を魔女さやかが受け入れた・・・という意味なんじゃないかと勝手に妄想しました。

*そんな百合病人こと私が昔に書いた関連記事もついでにどーぞ*
☆華麗なる“百合心中”の世界 
☆アニソンレビュー『コネクト』<ClariS(クラリス)>

そして、遂に行きましたよ。劇場版マクロスフロンティア〜サヨナラノツバサ〜。*以下、特にネタバレなし*

一人で行く勇気がちょっと持てなかったので、前作も付いて来てくれた友人を巻き込んで難波パークスまで突撃しました。

・・・・・こ、これはッ!!なんかすごい超展開を見た気がするけど、脳のキャパを完全に超えてええええええああああああ!?!って感じ。畳み掛けるような超時空ストーリーと、3Dだったら確実に酔ってるライブシーンと、ええと、あと何があったっけ?

とりあえず、ヲタが妄想していた“こんなシーンが見たかった”が次々と視覚化されていた・・・とでも申しましょうか。友人は『いくらなんでも媚びすぎでは・・・?』と言ってましたけど(確かに)、まあそれほどサービス精神旺盛だったとゆーことでもありまする。

そして肝心の、シェリランの百合はどうだったかということですが・・・。

エピローグ部分を宇宙的観点から見ることにより、シェリラン百合END達成という結論に至りました。簡単に言うと、“ランカちゃんの〜ホゲエエエ〜を、シェリルの〜ホゲエエエ〜にホゲエエエしとる”というシーンで、ガッツポーズを取れたということです(爆。いやー、この締めくくり方は、視聴者に妄想の余地を残してくれたってことだと思います。ここから無限の妄想がはじまるのです。。



あと、グレイスさんが予想外に凄まじかったのもポイントです。正直“グレイスさああああん!!!”ってなります。私も心の中で叫びました。。

テレビ版とは全く地平に辿りついてしまった劇場版ですが、見て損はないと思います。というか、劇場で見ておいたほうが絶対いいと思います!そして、一緒に行った人と、劇場版の突っ込みどころについて語り合うのも一興かと思いますよ☆

*そんな百合病人こと私が最近書いた妄想記事もどーぞ*
☆マクロスF(フロンティア)で百合妄想  
Posted by romrom6656 at 00:18Comments(0)TrackBack(0)clip!

2011年02月03日

アカイイトグッズがなんか出てるー!!

気の長いファンサービスに(私の中で)定評のあるサクセスさんが、またやらかしてくれましたよ・・・。

アカイイト(羽藤桂)オリジナル抱き枕カバー

どわあああああ!!!!アアアアカイイトの羽藤桂抱きマクラカバアアアアアアアアアアアア!!!うわああああああああああああああ!!!なんじゃこの危険なマクラはああああ!!!桂ちゃん可愛いよ桂ちゃん・・・って、いくらなんでも透けすぎだろこれえええ!!!

はあはあ・・・まったく・・・こんなエロ抱きマクラ如きで大喜び失血死するのは、ユメイさんと鳥月さんとサクヤさんと葛ちゃんとノゾミちゃんと、私含む生粋のアカイイトヲタぐらいのもんですよ。しかし、何なんですか?この総受けポーズは。誘い受けってレベルじゃないですよ!

まあ、サクケイ派の私的には、“そうだ、これはきっとサクヤさん視点(ビジョン)なんだ・・・サクヤさんはもう我慢の限界でとっくに鬼化してるんだけど、肝心なところでへタレだから、桂ちゃんがいいよと言うまで一歩も動けずにプルプルして震えてるんだ・・・”という妄想が0.05秒で出てきましたけど、うん、まあ百合ヲタとして間違ってないな!!

そろそろG☆E☆N☆K☆A☆Iなサクヤさん(の予想図)



ただ冷静に考えて、私には買えないグッズだな・・・。
だめだろう・・・これは。


せっかくですし、久しぶりなのでこちらもどーぞ(↓)

☆アカイイトを愛するが故に書き連ねた色んなレビューまとめ☆
  
Posted by romrom6656 at 21:45Comments(2)TrackBack(0)clip!

2010年12月22日

私の情熱が3割ほど天に届いたらしい・・・

ということで、帰宅すると角川書店から封筒が・・・。

ハッ・・・これはもしやあの時の・・・
ぺラリと封入されていた紙片を開いてみる。

〜『絶対少女聖域アムネシアンフェア B賞』当選のお知らせ〜

はわあああああああああああああああ!!!出たアアアア!!!
B賞、セクシーポーズ千歌音ちゃん図書カードだアアア!!!

千歌音ちゃんゴメン!最近本誌買い逃してて、その活躍を追えてなくてゴメン!!

でも久々に神無月グッズを手に入れられて、もうろむろむ感激の嵐ですよ!
ありがとう角川書店&介錯先生&アムネシアン&千歌音ちゃん!
神無月ヲタ的に最高のクリスマスプレゼントをもらいましたよっふぉー。

神無月の巫女のED絵下敷きと原画集を祀っている、我が部屋のヲタ神棚にさっそく追加いたします★★★
  
Posted by romrom6656 at 23:01Comments(0)TrackBack(0)clip!