2011年07月05日

絶対少女聖域アムネシアン〜そして怒涛の4巻へ〜

どうもみんなこんばんは!!アムネシアンのレビューをすっかり忘れるようになってから、どれだけの月日が経ったことでしょう。。レビューは忘れても、(たまに読み逃してましたが)アムネのことはずっと心の片隅にありました。

だってやっぱりアムネシアンは、神無月の巫女(*漫画版)の正式後継作品だと思ってましたからね・・・。たとえどんな電波展開であったとしても、いち神無月の巫女信者としては、見過ごすわけにはいかない作品だったのですよ。

ということで、ほぼ粗筋ですが、私が追えた範囲でのアムネレビューをかましていきたいと思います。詳しくは9月発売予定の4巻で確認してくらさい。

関東が荒野になって大崩壊した後、なぜか籠目機関の一員になった千歌音ちゃんは、廃墟に置いてあった箱?の中から、姫子とは別の少女聖域である“せつな”と出会い、その身柄を保護する。



天然で無茶苦茶な“せつな”に庇護欲を掻き立てられつつ、消えてしまった姫子に想いをはせちゃったりして〜とかのんきな百合タイムを謳歌していたら、突然強力な敵に襲われてしまう一同。

だが、よくよく見れば、その敵はなんと現在絶賛行方不明中“姫子”その人であったのだ。混乱する間も与えられず、なんかしらんがダークサイドに堕ちたっぽい姫子の暗黒パワーに、ボロ雑巾のごとくあしらわれる籠目一同。悪い姫子さんも素敵です(何。

まあそんな感じで、大暴れ姫子によって、死にかけ寸前まで追い詰められてしまった千歌音ちゃんとせつな。

もう駄目マジで姫子さん強すぎパネエ死ぬ・・・と涅槃が見えた瞬間、突然アメノムラクモ神様が光臨、その不思議な力で千歌音ちゃんはせつなと融合し、“神殺し”のムラクモとして爆誕したのでございます・・・って、なんぞこの展開!?!!!

(この後から、飛ばし飛ばしで読んでいるので、内容テキトー)

姫子の本当の姉である方の千歌音ちゃんは、その昔籠目機関に所属していたがある時、自分と姫子がアメノムラクモの呪い(=ハードな愛)によって、強固な輪廻転生の輪に閉じ込められているということを知り、輪廻の輪を破り、神の呪縛から抜け出したいと思うようになり造反。

アムネシアンを利用し、神に反旗を翻すことを決意したっぽいどす。そして関東大崩壊の後、再び千歌音ちゃん(姉)と再会した姫子は、その事実を知り、姉とともにVS神様モードに移行したみたいです。ここでようやく神無月の巫女(真)が再☆結☆成された訳であります。相変わらず最高にベタベタした百合姉妹ぶりを見せ付けてくれはりますが・・・長かった。。ここまで来るのが・・・。



こうして、なにがなんだかわからんうちに、戦いは

“姫子・千歌音の神無月の巫女姉妹連合&九曜 VS 愛宮千歌音&せつな&籠目機関の神様連合”

になだれ込むこととなったのでありました。

自分自身が、千歌音(姉)のまがいものじゃないのか・・・とか、神様の器に過ぎないのではないか・・・とか、ここに至るまで苦悩を続けてきた愛宮千歌音ちゃん。そして姫子の本当の気持ちをめぐる旅が、ついにクライマックスを迎えるのであります。

って、さっき少年エースA読んだら本当に最終回だったんですけどアムネシアン!!!

・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・。
どええええええええええええええ!!!!マジで終わっちゃってる〜!!!なんか関東大崩壊〜最終話までの流れが爆速展開なんですけど、俺の気のせいなん!?

超力技感溢れるラストページにたどり着いて以降、なんか呆然としています。
こ、これは・・・いったい・・・

なんか、考えがまとまらないので、詳しいことは、また後日改めて・・・。



>七月二日拍手コメ
>そういえば姫神更新されてますね!!もう続きが気になって眠れません

おお!コメントありがとうございます。って、ええええええ!!!マジすかそれ!!やっとかよ!!ちょっと行ってきます!

【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話
絶対少女聖域アムネシアン 第四話
絶対少女聖域アムネシアン 第五・六話
絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話
絶対少女聖域アムネシアン 第十話
絶対少女聖域アムネシアン 第十一話
外伝 LOVE SONG

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

【更新の来ない公式】姫神の巫女  

Posted by romrom6656 at 22:37Comments(4)TrackBack(0)clip!

2011年01月23日

絶対少女聖域アムネシアン 外伝 LOVE SONG

絶対少女聖域アムネシアン 外伝 LOVE SONG

なんということでしょう。前回大混乱に陥っていた本編とはうって変わって、今回は“なにこれテラ神無月の巫女”な素敵外伝が掲載されておりました。

遠い遠い昔・・・日出づる国・・・神がまだ存在した時代・・・

・・・って、これ前世やん!!ついに前世が来たでえええ!!!

“叢雲の命”と呼ばれる神は、神様をお世話する二人の巫女と共に幸せに暮らしていた模様です。

叢雲の命さまのご尊顔



前世でも相変わらずどんくさい前世姫子を、優しく見守る前世千歌音ちゃん・・・相変わらず中睦まじい様子でございます。前世からラブラブ度は、一切揺らいでいないようですな・・・。神様の社周辺を育てた花でいっぱいにした二人の巫女に、神様は“16歳のお祝い”を受け取ってもらいたいと願います。

“私達がこれからもずっと一緒にいられるように”

その祝詞の素晴らしさに感動し、喜ぶ二人ですが、神様はこの“願い”は、いずれ成就され、いつの日か“呪い”になってしまうだろうという確信を持ちます。

“そのことを恨んだとき そなた達のどちらかが 神(わたし)を殺しに来るのでしょうね”

前世の千歌音ちゃんと姫子の図



神様が、愛する人間とずっと一緒にいたいと思った純粋な願いが、めぐりめぐって呪いとなり、二人の巫女の魂を永遠に輪廻させる・・・こ、これはまさに“神無月の巫女”やないですかあああああ!!!ひゃっほおおお!!

神無月の巫女のラストでは巨大ロボットと化していたムラクモ様ですが、神話の時代にはちゃんと人型(美形)を取って、陽の巫女と月の巫女と共に幸せな生活を謳歌していたようです。。

神無月の巫女の時の叢雲の命さま



漫画『神無月の巫女』の2巻で“どうして あなたは何故こんなにも二人を結びつけるのですか こんなにも惹かれ合わせるのですか 延々と惹かれ合い 出会っては引き裂かれる これは私達に与えられた罰なのですか?”という姫子と千歌音ちゃんのモノローグがありましたが、その理由が『神様が一緒にいたいと望んでしまったから』という哀しい悲劇だったとしたら・・・これは・・・たまらなくグッジョブ百合神様(待。

神無月の巫女2巻*別離時のモノローグ



いやいやいや、確か漫画版神無月の巫女のラストで姫子は神様に“逆らって”転生を拒み、千歌音ちゃんと月の社で永遠にラブラブENDを迎えてませんでしたっけー!?アニメでは、もう一度巡り会えるならどんな悲劇でもドンと来いENDでしたけど(ホントか?)。

まあ、解釈は色々ですが、つまるところこのアムネシアンという作品は、そもそもの元となった“神様”と、二人の巫女達がどういう風にケリをつけて、新しい百合ENDを目指すかっつー話ですな。

自分を慕ってくれるラブラブ百合カップルと夢のような同棲生活が永遠に続けばいいのに〜と願った百合神様の明日はどっちだ(何!?!

【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話
絶対少女聖域アムネシアン 第四話
絶対少女聖域アムネシアン 第五・六話
絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話
絶対少女聖域アムネシアン 第十話
絶対少女聖域アムネシアン 第十一話
外伝 LOVE SONG

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

【更新の来ない公式】姫神の巫女  
Posted by romrom6656 at 17:45Comments(0)TrackBack(0)clip!

絶対少女聖域アムネシアン 第十一話

絶対少女聖域アムネシアン 第十一話



“紛い物の愛宮風情が 紛い物の記憶と技を使って イキがってんじゃねえよ!!”

九曜の攻撃と言動に、心を惑わされて一方的に攻め込まれる千歌音ちゃん。しかし、自分の足を引きちぎりながら駆けつけたヒゲ筋肉に“俺は知ってるぜ あのおちびちゃんへの想いは本物だろうゼ”と励まされなんとか自分を取り戻します。

一方、謎の女の素顔が、あまりにも姉とそっくりだった為、本物の“お姉ちゃん”だと思いこんだ姫子は、その(豊満な)胸に飛び込もうとしますが、咄嗟に現れた大神先輩により阻止されます。

謎の女は姉貴(&千歌音ちゃん)にソックリの図



謎の女は自分を“九曜の金色(オーア)”であると名乗り、その目的は結界を破壊しこの地を滅することだと宣言。どうやら最終目的は『神を殺す』ことらしいと判明します。

さて、引き続き九曜とバトってた千歌音ちゃんですが“愛宮千歌音は 両刀使いだ!!”という電波弩級な掛け声と共に、敵を打ち倒しますが、粘る敵は自分の命をおとりにして、千歌音ちゃんのとどめの一撃を、結界の破壊に利用します。

千歌音ちゃん両刀使い宣言の図



なんだかんだで姫子と合流できた千歌音ちゃんですが、自分ににソックリな九曜の金色を見た瞬間『本・・物!?』と恐怖をあらわにし混乱。なんとか攻撃を仕掛けるものの、圧倒的な力の差で打ち倒されます。そうこうしてるうちに、結界の崩壊によりクトゥルフ級の禍々しい怪物が噴出し、なんかもう紙面もキャラも大混乱。

千歌音ちゃんと逃亡中の姫子の図



傷ついた千歌音ちゃんに肩を貸して逃げ出そうとする姫子ですが、襲い来る怪物から千歌音ちゃんを助けて、自分は怪物の中に取り込まれてしまいます。ウワアアアアアあああああああああああああああああと絶叫する千歌音ちゃんの悲鳴も空しく、えらいこっちゃあああああああな関東平野の一部は闇に飲み込まれ消滅してしまったのでありました。

おいおい、もう何が何だかわからなくなってきたんですけど・・・。とりあえず、これで第一部完って感じになるんですかしら?物語がバイオレンスに傾いてきて、百合セクシーが徐々に減ってきてるような気がしなくもないですが(*重要)、ここは座してつづきを待つべしですな。マジでこれ、どうなるの?

【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話
絶対少女聖域アムネシアン 第四話
絶対少女聖域アムネシアン 第五・六話
絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話
絶対少女聖域アムネシアン 第十話

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

【公式】姫神の巫女  
Posted by romrom6656 at 16:46Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月22日

私の情熱が3割ほど天に届いたらしい・・・

ということで、帰宅すると角川書店から封筒が・・・。

ハッ・・・これはもしやあの時の・・・
ぺラリと封入されていた紙片を開いてみる。

〜『絶対少女聖域アムネシアンフェア B賞』当選のお知らせ〜

はわあああああああああああああああ!!!出たアアアア!!!
B賞、セクシーポーズ千歌音ちゃん図書カードだアアア!!!

千歌音ちゃんゴメン!最近本誌買い逃してて、その活躍を追えてなくてゴメン!!

でも久々に神無月グッズを手に入れられて、もうろむろむ感激の嵐ですよ!
ありがとう角川書店&介錯先生&アムネシアン&千歌音ちゃん!
神無月ヲタ的に最高のクリスマスプレゼントをもらいましたよっふぉー。

神無月の巫女のED絵下敷きと原画集を祀っている、我が部屋のヲタ神棚にさっそく追加いたします★★★
  
Posted by romrom6656 at 23:01Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年09月19日

絶対少女聖域アムネシアン 第十話

ヤケクソ攻撃で、秋葉原を壊滅状態にさせていたアイドル九曜のクロエでしたが、自分の右手が真っ黒になっているのを見て愕然とします。大神先輩によると、『人ならざる力』を使えば使うほど身体と魂が滅んでしまうとのこと。

ですが、クロエは戦いをやめようとはしません。どうやらクロエは、過去に最愛の妹が病気になってから(*直接的なファンのせいじゃなかったデス)少々バグってしまったようで、ファンが一人足りなかったせいでライブを満員にできなかった=欠員のせいで祈りが届かず妹が治らなかった=みんな死ねばいい・・・という超逆恨み思考に支配されていたようですね。なんじゃそりゃああ!!

身体がドンドン黒くなるクロエの例



結局、身体中に黒色化が進んだクロエは、籠目機関の最後の一撃でと化します。

その光景を見ていた姫子は、同じような力を使う千歌音ちゃんもあんな風になって死んでしまうのではないかと思い、“お姉ちゃんみたいに失いたくないよ!”と、千歌音ちゃんを探して駆け出します。千歌音ちゃんのことを考えて走り出す姫子の真剣な顔がいいですなああ〜。これは、いつの間にか千歌音ちゃんが(自分でも気づかないうちに)大好きなお姉ちゃん級に大切な人に格上げされたってことですよね!?

千歌音ちゃんを心配して駆け出す姫子の例



一方、焔と戦闘中の伊達は、フンドシをはためかせながら焔を脅して九曜の秘密を聞き出そうと変態的行動を取っていましたが、あっさり両手を吹き飛ばされて大ピンチ。そこに千歌音ちゃんが颯爽と登場。“友人の殺人―そして姫子を泣かせた罪!!万死に値する!!”と叫んでバトル開始。しかし、焔は千歌音ちゃんの必殺技である七星剣を破り“愛宮風情が生意気なんだよォ・・・紛い物のくせによォ”と、とんでもない爆弾発言をかましていきます。

紛い物!?こ、これは一体どうゆう・・・。

時を同じくして、学校に戻ってきた姫子は、千歌音ちゃんに良く似た人影を見つけ駆け寄っていきますが、それは千歌音ちゃんではなく、死んだはずのちかお姉ちゃんにソックリな九曜のボスなのでした・・・。姫子と九曜ボスが邂逅したのはでっかい木の下で、この木は、アニメの神無月の巫女で千歌音ちゃんと姫子が語り合ったりお茶をしていた木によく似ていました。。

謎の九曜ボスと邂逅する姫子の例(神無月デジャブ)



なんかものすごい不穏な空気をはらみつつ、次回に続くッ!!
つーか、既にレビュー2周遅れで役立ってない!!しかもこれって2巻に収録されてんじゃねえか!!

【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話
絶対少女聖域アムネシアン 第四話
絶対少女聖域アムネシアン 第五・六話
絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

【公式】だいぶ前から更新とまってんぞオオオオイ!!!姫神の巫女  
Posted by romrom6656 at 23:18Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年06月20日

絶対少女聖域アムネシアン 第九話

今回は、姫子と千歌音ちゃんの絡みがほとんど無かったですので、簡単に紹介すると致しましょう。

前回の予想通り、千歌音ちゃんに『恋愛はエターナルよ!!』と諭されていた姫子の親友のマユリちゃんの彼氏のトオル君は、超あっけなく死んでしまいました。

一コマ目からこんな状態のトオル君の例



前回のラブコメすったもんだは一体なんだったのでしょう。。

それはともかく、もしかしたら自分のせいでトオル君は死んでしまったのかもしれない・・・と思いつめた姫子はマユリちゃんに泣きながら謝り続けるのでした。姫子を悲しませて、友達のマユリを苦しめるものの正体が九曜だと見当をつけた千歌音ちゃんは、怒りに身を任せつつ、その場を後にします。

怒った表情も凛々しい千歌音ちゃんの例



所変わって秋葉原では、突然のゲリラライブが開催されていました。と、思った瞬間人ごみの中で連続爆発が起こります。爆発の中、それでも歌を聴くのをやめようとしない人たち。そう、彼らは皆、歌を聴く事によって催眠状態に陥らされていたのでした。中略。これらは全て、九曜の一人クロエの仕業だったのです。過去、ファンに裏切られて大切な人・マシロを失ったクロエは、マシロを救うために、暴虐行為に走っているようです。

多分百合キャラ(狂)のクロエさん



クロエを陽動として、別行動を取っていたもう一人の九曜は、工作活動中に伊達先生に見つかり、超バトルの予感!!で、次回に続きます。
・・・・ほんとに、姫子と千歌音ちゃんの活躍がNEEEEEEって感じの9話でしたが、これはもう後半戦突入と考えていいのでしょうか?今後どのような展開になるのかが楽しみです。



【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話
絶対少女聖域アムネシアン 第四話
絶対少女聖域アムネシアン 第五・六話
絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

【公式】何気に話は進んでるよ!!姫子の天然誘い受けに千歌音ちゃんの理性もそろそろプッツン寸前の予感!!
姫神の巫女  
Posted by romrom6656 at 12:06Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年05月19日

絶対少女聖域アムネシアン 第八話

(第八話)

姫子が千歌音ちゃんを押し倒している大ゴマが巻頭カラーってDONDAKE(何!?!

(*強制誘い受けを発動させる千歌音ちゃんの例)



まあ、相変わらず脳のネジが10本ぐらいブッ飛んでいる千歌音ちゃんが、無理やり誘い受けポーズで姫子に絡んでいるだけなんですけど・・・まあ、いつも通りです。今回の千歌音ちゃんは割りとギャグテイスト強めなのがポイントかもです。

さて、姫子の友達であるマユリちゃんは、どうやら恋の悩み(主にエロス系)を抱えているらしく、姫子と“アメリカンスタイルで経験豊富そうな”千歌音ちゃんに、その相談を持ちかけます。

『いいわね・・・少女が大人になる為に隠微な行為を教わろうとしている・・・』

姫子の友達は私の友達だと、タモリ理論を振りかざした千歌音ちゃんは、マユリちゃんの為にひと肌もふた肌も脱ぐ決意をします。

(*ひと肌ぬぐどころではない千歌音ちゃんの例)



千歌音ちゃんの無駄に過激なサービスショットの数々を見て、流石にそれは真似できそうにない・・・とガックリ来るマユリちゃんですが、『恋愛はエターナルなのだから!!』と、激しく言い切る千歌音ちゃんに説得(洗脳)されて、元気を取り戻します。その後色々あり、(主に千歌音ちゃんのせいで)マユリちゃんと彼氏の中は更にこじれてしまいます。気まずそうにモジモジする彼氏ですが、『少年・・・恋愛はエターナルよ』と、自信満々で言い切る千歌音ちゃんに説得(洗脳)されて、情熱を取り戻します。単純だなオイ!!

(*恋愛はエターナルな千歌音ちゃんの例)



結局、なんだかんだと仲直りすることができたマユリちゃんは、次の日、千歌音ちゃんと姫子にお礼を言いに来ます。

『友達の為に何かしてあげるのって・・・何だかイイわね・・・』と、嬉しそうに漏らした千歌音ちゃんを見て、姫子は千歌音ちゃんが良い方向に少しずつ変わっていることを実感するのでありました。

(*友情にちょっと目覚めた千歌音ちゃんの例)



このシーンの千歌音ちゃんの笑顔が可愛らしくて、お気に入りです。最近は、千歌音ちゃんのアフォさにばかり目がいきがちでしたが、姫子以外の人間にも、友達として関わっていこうとする千歌音ちゃんとか・・・なんかいいですよね。

しかしながら、前回同様“九曜”の不審な動きがプンプン匂うところで次回に続く模様。。今回登場のマユリちゃんと彼氏もなんかものすごく巻き込まれてしまいそうな予感。次回、彼氏化け物化とか、あっさり殺害とか、普通にありまくりそうですな〜。

【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話


絶対少女聖域アムネシアン 第七話

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か
今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

<拍手お返事>
>5月1日 dede様
どうもどうもです!!
>某所で神無月の予告を聴いて〜
とのことで、長いことひとりで盛り上がってたのが、多くの人がまた『神無月の巫女』を思い出してくれつつあるようで、喜ばしい限りです!!dedeさまも神無月電波をしかと受信されたようで何よりであります!!
>やっぱり2004年は百合にとってエポックメーキングな年と再確認
私もそう思います。舞HIME・アカイイト・神無月の巫女がそろい踏みした、あの奇跡は今後もう二度とないのではないでしょうか・・・。
それでは、応援有難う御座いました!!更新の遅さがハンパなくなってきましたが、またよろしくです!!

>5月1日 拍手×10
ありがとうございます!!
  
Posted by romrom6656 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)clip!

2010年04月18日

絶対少女聖域アムネシアン 第七話

(第七話)

神父様の計らいで、姫子と同じ学校に通うことになった千歌音ちゃん。その美貌とミステリアス(?)さで、学校中の注目の的となり、常にモテモテフィーバー中となっております。更に、休み時間のたびに、姫子に会いに来る千歌音ちゃんに、姫子もタジタジです。

姫子は目立つのを嫌がって、学校で話しかけるのは7回まで&2M以内に近づくのも禁止という厳しい約束を千歌音ちゃんに取り付けますが『わかった。ルールで縛って、姫子好みの私に躾けたい・・・って事よね』と、超好意的解釈により“悦”に入っている千歌音ちゃんには大して意味がなかったようです。

(*姫子の言葉を超好意的に受け止める千歌音ちゃんの例)



しかし、この千歌音ちゃんは本当に姫子にゾッッコンLOVEですよね〜!!まぁ、どの世界の千歌音ちゃんも“姫子世界一”な価値観でしたけど、アムネシアンの千歌音ちゃんは、それに輪をかけて凄まじいです。

学校でも、その約束をきちんと守る千歌音ちゃんに、ちょっと安心しつつも、まだまだ謎の多すぎる千歌音ちゃんに対して『千歌音ちゃんの「本当」がわからなくて不安が募るよ・・・』と心の中で思ってしまう姫子。おおっ!アニメ“神無月の巫女”ラスト一個前の予告『千歌音ちゃん、私の「本当」受け取って』の台詞を連想させるような言葉が来ましたね!!この『本当』の行方が、今後の展開を左右しそうな予感が致します。

さて、そうはいってもどうしても周囲の目をひきつけてしまう千歌音ちゃんは、その人気を妬んだ人たちに中傷のビラをまかれたり、やっかいな学生に絡まれたりとめんどくさいですが、すべて冷徹にスルーします。変態学生の顔を踏みつけ靴を舐めさせつつ『靴・・・後で捨てよう』と考えているところ(ええー!?)を、更に変態な伊達先生に見られますが、千歌音ちゃんに動揺はありません。

ここに姫子がいないから、別にどうだっていい。姫子に嫌われるのが嫌なだけだ。・・・と、冷たい目で伊達を見つめる千歌音ちゃん。その言葉に、更にしつこく絡んでこようする伊達ですが『人間だけが神を持つの・・・そして、私の神は姫子』と、まるで大切な宝物のように姫子の名前を繰り返す千歌音ちゃんを見て、その動きが止まります。

(*姫子の名前を大切そうに繰り返す千歌音ちゃんの例)



姫子意外興味も関心も持っていない千歌音ちゃん。その、姫子への絶対的な想いを見せ付けられた伊達は、意外なことに『わかる・・・わかっちまう』と、彼女への理解を示します。伊達は、何かを喪失した者が、これ以上失わないように必死になっているのと同じだ・・・と感じます。伊達自身が喪失者(アムネシアン)であることから、シンパシーのようなものを得たのかもですね。

その後、色々ありつつも、学校になじんできた千歌音ちゃん。姫子も普通の日々が徐々に戻ってきたことを喜んでいますが、やはり九曜が妖しげな動きを見せてきて・・・次号に続く。

(*無邪気な千歌音ちゃんに笑いかける姫子の例)



いやー、今回は千歌音ちゃんがいかに姫子一筋な気概を持っているかがわかる回でしたね〜。姫子が学園の平穏を望むなら、必ずそれを守ろうとする。姫子が願うなら、どんなことでも叶えようとする。その狂気に近い純粋さが、今後どう転んでいくのかに期待したいところですね!!



〜私信〜
>元ユリミテ様
メール送らせていただきましたが、上手く届いたか謎なので一応ここで改めて。ありがとうございました!神無月の巫女を応援するブレイブハートを持って頑張っていきたいです(何。

【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話
絶対少女聖域アムネシアン 第四話
絶対少女聖域アムネシアン 第五・六話
絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話
絶対少女聖域アムネシアン 第十話
絶対少女聖域アムネシアン 第十一話
外伝 LOVE SONG

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

【公式】更に続きが来てたよ!!
姫神の巫女  
Posted by romrom6656 at 22:29Comments(2)TrackBack(0)clip!

2010年03月28日

絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話

(第五話)

前回、千歌音ちゃんに向かって『お前の師であり兄妹であり恋人だ!!』と謎の自己紹介をぶちかましていった静空と名乗る人物とのバトルシーンよりお話はスタートします。

『本当に忘れてしまったのか?私のことを』と、千歌音ちゃんに潤んだ視線を送りつつ、次の瞬間にはオヤジ級のエロ台詞を吐きながら、攻撃を仕掛けてくる奇怪な静空に、千歌音ちゃんはペースを乱されます。千歌音ちゃんが、自分の姉を殺した人物かもしれないという疑惑を立ち聞きしてしまった姫子はその場から逃げ出しますが、どうやら姫子自身も、自分の記憶にあやふやな所があるようで、混乱してしまいます。

結局、静空は風のように嘘をつく能力者だったようなのです(何それ)が、千歌音ちゃんはそれでも力が出し切れない模様。静空のセクハラ乱舞に手も足も出せません。弱りきって、あわやという時に姫子が再び登場。

姫子に縋りつき『私、分からない。あいつの言っている事、何も分からないの』ボロボロ涙をこぼす、弱りきった千歌音ちゃんを見た姫子は自分の中の戸惑いを振り払います。千歌音ちゃん(と、学校の人達)を守るため『来栖川姫子が命令します。絶対負けないで!!』と、力強く命令を与えます。

辛くも静空を撃退した二人でしたが『愛宮とのその関係、いつまで続くか楽しみだよ』という静空の捨て台詞になにやら不穏な運命を感じつつ・・・次回へ続くッ・・・。

(*姫子にすがりつく弱弱しい千歌音ちゃんの例)



えーーーっと、とりあえず静空が何をしたかったのかよくわからないのですが・・・。千歌音ちゃんの陽動でしょうかね?なんかエロオヤジかつセクハラな言動しか印象に残りませんでしたが・・・。とりあえず今回は、姫子の命令がないと力を振るうこともままならない、姫子至上主義な千歌音ちゃんに萌えるのがポインツなのかもしれませんね。

(第六話)
最近ちょっとあやしい感じがしてたんですが、ここに来て(いつもの)介錯節が炸裂。私、もうこのお話の方向性が・・・わからなくなっちゃったよ・・・千歌音ちゃん・・・。

冒頭3ページは美麗なカラー絵です。刀を振りかざし、剣を交えて対峙する姫子と千歌音ちゃん。おおお、これこそ“神無月の巫女”ってな感じの素晴らしいイラストでございますねえ!!不敵な笑みを浮かべる千歌音ちゃんと、どこまでも真剣な姫子の表情の対比にゾクゾクします。この状況は、二人の“前世”なのか“未来”なのか“過去”なのか、妄想が膨らみますなあ〜!!

(*これぞ“神無月の巫女”な二人の例)



大神先輩(神父)が、死んだお姉ちゃんが好きだったオムライスを作ったことから、まさか大神先輩がお姉ちゃんにソックリな千歌音ちゃんに惹かれているのではないかと、姫子は気が気ではない様子。

さて、場所は変わって破壊集団“九曜”を追う、政府の長官は、部下である“籠目機関”の女性幹部・安倍と九曜に関する謎を討論している模様。何かを喪失したかわりに、力に覚醒した超能力者達を『喪失者(アムネシアン)』と呼ぶこと。その集団である九曜が、国の聖域である8つの柱(龍哭)を破壊し、日本を滅ぼそうとしていること・・・などが明らかになります。

その籠目機関に属する、前々回登場の変態筋肉オヤジが再登場。姫子と千歌音ちゃんがキャッキャとお風呂を楽しんでいるところを、ニヤニヤと覗き見。

その後、二人のイチャイチャに我慢できなくて突入→姫子悲鳴→千歌音ブチ切れ→悲鳴を聞きつけた大神先輩の肘鉄で気絶(このシーンだけで15ページ使うって・・・)します。千歌音ちゃんをお姫様だっこしている大神先輩を見て『やっぱり・・・ちかお姉ちゃんを好きだったみたいに、大神先輩は千歌音ちゃんを・・・』と、愕然としてしまう姫子なのでした。

(*オッサンの覗きetcが無ければ素晴らしかったお風呂シーンの例)



再び政府機関。なんと前々回死んだはずの九曜の女装少年が甦って大暴れ。女性幹部・安倍が彼の股間の小熊薔薇を咲かせて対処しようとしますが(*意味不明)、龍哭がないなら用は無いと言いつつ突然爆死。仲間の死体さえ利用する九曜の残酷さがあらわになります。。

しかし、この女装少年が微妙に私のお気に入りの某同人キャラっぽい顔してるんですけど・・・。ええ、あの人形を使う・・・。最期はトンデモない形相してましたし、あまり深く考えないようにしたいと思います。。

(*某同人キャラになんか似てる女装少年の例)



なんかもー、変態シーンのオンパレードで疲れました。この先もこのノリが続いたらどうしようと、一抹の不安を残しつつ次回に続く・・・のか?

5話掲載



6話掲載



【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話

絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話
絶対少女聖域アムネシアン 第十話
絶対少女聖域アムネシアン 第十一話
外伝 LOVE SONG


神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧  
Posted by romrom6656 at 22:52Comments(2)TrackBack(0)clip!

2010年01月11日

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


妖艶な千歌音ちゃんが巻頭カラーでお出迎えの、絶対少女聖域アムネシアンもやっと4話目。

姫子のしつけ(?)のおかげで勝手にベッドにもぐりこむ事もなくなった千歌音ちゃんは、教会での生活にも慣れ、楽しい日常を謳歌しているようです。とはいえ、相変わらず姫子をターゲットとした奇行はおさまることなく、姫子のほっぺたに付いたパンくずを食べては悦に浸るなど、ますます元気です。

(*パンくずを食べてうっとりする千歌音ちゃんの例)



・・・そういえば、神無月の巫女1巻でも同じようなことやってましたけど、あっちの千歌音先生はあくまで自然で優雅であったと伝えておきます。

(*ケーキを自然に食べる神無月版千歌音ちゃんの例)



さて、姫子はシスターであると同時に女子高生なので学校に行かねばなりません。疑うことなく付いていこうとする千歌音ちゃんを“生徒じゃないし、制服も違うし、ついてきちゃダメ”といなす姫子ですが、しょげ返る千歌音ちゃんを見て、これは“お願い”だと告げて強引に納得させます。さすが姫子・・・、僅かの間に、千歌音ちゃんの扱い方をぱーぺきにマスターしているようです。。

(*千歌音ちゃんをしつける姫子の例)



制服が違うというなら、体操服をGETすればいいじゃないということで、女子更衣室から鮮やかに体操着をパクッた千歌音ちゃんは、スゲー危険な姿で姫子の教室に登場。出て行けと命令する教師に『私は私の規律に従って動く 私に命令していいのは姫子だけだ』と、三段階のポーズを決めつつ宣言します(*ここまですべて真顔)。怯む教師に『届けたいから来た ただ 愛を』と告げ、姫子にお弁当を差し出す千歌音ちゃん。もうアホすぎです。神無月の巫女の千歌音ちゃんとは、魂は同じかもしれませんけど、まったく違う生き物と化しています。

その後も教室にとどまり、勝手に授業を受けようとする千歌音ちゃんに遂にキレた姫子は 『もー大っ嫌いっ!!出てってー!!』と命令して、千歌音ちゃんを追い出します。

顔面蒼白&身体をガタガタ震わせ、もうやめて千歌音ちゃんのHPはとっくにゼロよ状態にまで陥ってしまった千歌音ちゃんですが、校舎をふらつくうちに、学校という場所に何故だか懐かしさを感じ、『やっぱり記憶を失う前は、私・・・姫子のお姉さんだったのかな・・・?』とアッサリ機嫌を直します。姫子からの嫌い発言なんて、神無月版千歌音ちゃんだったら、最終話まで引きずりそうなものですが、アムネシアン版千歌音ちゃんにとっては、愛の言葉のひとつに過ぎないのかもしれないですな・・・。

(*嬉しそうに妄想する千歌音ちゃんの例)



さきほどの騒動で、クラスメイトに千歌音ちゃんを“姉です”と、とっさに説明してしまった姫子は、やはり自分は千歌音ちゃんに死んだ姉の面影を感じていることを自覚し、一緒にお弁当を食べようと探しに行きます。

一方千歌音ちゃんは、屋上で不審な人物と遭遇。静空(しずく)と名乗るその女は、『お前の師であり、姉妹であり、そして愛宮 お前の恋人でもある・・・と言ったら?』とたいへんな爆弾発言をかましていきます。

更に『それにしても見れば見るほどそっくりだ おまえの処刑した千歌音に 本当にそっくりだよ』とかのたまってえええええええええええええ!!!なんですってえええええ!!!ってか、屋上の影で姫子が立ち聞きしてるうううう!!おいおいこれってどーゆーアレですかあああ!?!

すげえ引きで次回に続くッ!!



【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話

絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話
絶対少女聖域アムネシアン 第十話
絶対少女聖域アムネシアン 第十一話
外伝 LOVE SONG

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

【公式】続きが来てたよ!!
姫神の巫女  
Posted by romrom6656 at 18:57Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年12月05日

絶対少女聖域アムネシアン 第三話

ますます無意味に露出度がアップしているアムネシアン。今回もぶっちゃけ紙面から浮いてます。

九曜の攻撃で、池袋と品川の龍哭(*結界)が破壊され、壊滅的なダメージを負ったことで、流石に日本政府も焦りを禁じえない様子。防衛大臣はこの事態を“籠目機関”という謎の組織に何とかさせようと目論んでいるみたいです。

さて、僕らの千歌音ちゃんは、何事も無かったかのように教会に居候し、シスターである姫子の手伝いをしながら幸せを満喫している雰囲気です。。

相変わらずのスキンシップ過剰に困った姫子は、所構わず抱擁してくる千歌音ちゃんの手の甲をつねり“こういうの 本当に誤解されちゃうから”とねめつけますが“わかったわ これは・・・おあずけってことね”と、頬を赤らめて、つねられた箇所に口づけたりと、千歌音ちゃんにはまっっったく通じていません。むしろ喜んでます。千歌音ちゃんにとっては、牽制すらもおあずけプレイに昇華されてしまう訳なのであります。

(*おあずけタイムを満喫する千歌音ちゃんの例)



姫子は姫子で、困ったなあ・・・とは思いつつも、千歌音ちゃんの何気ない笑顔に見惚れてしまったりと、淡い感情を抱いている模様ですね。この世界の姫子も火がつくまで結構時間が掛かりそうな感じですなあ〜。でも、こういうちょっとしたコマを見てると、多少の脈はあるみたいで安心できます(何。

(*千歌音ちゃんの笑顔にちょっとトキメク姫子の例)



ここで突然現れたヒゲむさいヲッサンと、姫子の間にのひと悶着が起こる訳ですが、千歌音ちゃんはまったく気にせず、バニーガール+手錠で鮮やかに登場。 “どうかしら姫子?あなたの趣味に合う服、手に入れておいたの”と相変わらずのキメ顔で突っ込んできます。前回、拘束具で縛り上げられていた姫子を見て勘違いしてましたけど、何をどうしたらこういう思考に行き着くのでしょうか・・・。

(*姫子の趣味をキャッチしすぎた千歌音ちゃんの例)



自称・正義の特務機関らしいヒゲですが、色々とゲスい奴で、あれよあれよと千歌音ちゃんが半裸にされてしまいますが、隙を見て激しくやり返し“脱がされたら脱がし返す!それが私、千歌音の正義だ!”と、ヒゲ野郎をふんどし一枚まで切り裂きます。千歌音ちゃんの正義マジパネエっす。なおもやり合おうとする二人の間に、ショーットカットの少女が乱入し、バトルは一旦お預けとなります。

ゲスいシーンが少々多くてゲンナリしましたが、まあこれも物語終盤に来る(であろう)脅威の姫千歌展開の為と思えば我慢も出来ます。新キャラは登場しましたが、話はまだよくわからないアムネシアン。次回に期待です。

あ、そうそう!!植竹×柳沢×介錯の神無月トリオ神が、神無月の巫女に関する妄想を具現化することに成功したというサイト“姫神の巫女”で、新しいSS+挿絵がアップされていましたよ。ここでは、媛子×千華音ちゃんのペアが活躍しております。押せ押せ媛子に、冷酷非情な千華音ちゃんがみるみる落とされていくのがたまりませんな!!もう!!期限付きの幸せが導く二人の運命に乞うご期待です→姫神の巫女



【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話

絶対少女聖域アムネシアン 第七話
絶対少女聖域アムネシアン 第八話
絶対少女聖域アムネシアン 第九話
絶対少女聖域アムネシアン 第十話
絶対少女聖域アムネシアン 第十一話
外伝 LOVE SONG

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧  
Posted by romrom6656 at 22:02Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年11月28日

絶対少女聖域アムネシアン 第二話

今回も全開に電波ゆんゆんなアムネシアン。突然現れた謎の美少女・千歌音ちゃんと一緒に住むことになった姫子だったが、全裸で布団に入ってきたり、どさくさで抱きついたりと異様に積極的な千歌音ちゃんに振り回されっぱなしなのであった。

“姫子ったら私を自分色に染めたいのね 次は姫子にどうされちゃうのかしら”

ゾクゾクしながら呟く千歌音ちゃん。・・・こ、この千歌音ちゃんは、これまで見たどの千歌音ちゃんよりもぶっ飛んでいます!!神無月の巫女では、オロチと同化してから、自分の欲望を見せ付けるようになってましたけど、アムネシアンの千歌音ちゃんは、出会って早々にオロチモードのスイッチが入っているようですNE!!

(*ハイパーゾクゾクタイムの千歌音ちゃんの例)



とはいえ“どんな関係があったとしても姫子の為なら戦える”と真剣に宣言できるカッコよさや、“だって今日は姫子と初めてのお出掛け デートだから♪”と、無邪気な笑顔を見せるかわいさなども、千歌音ちゃんの中には備わっているようで、なかなか侮れません。アムネシアンの千歌音ちゃんは笑顔がすごいかわいいのが印象的です。

(*無邪気な笑顔の千歌音ちゃんの例)



さて、姫子は自分の中に“絶対(少女)聖域=龍哭”という結界を持っているようで、悪者達はその結界を壊すことで、とんでもないことを引き起こしてやろうと思っているみたいです。今回も悪者の刺客に命を狙われる姫子。しかも悪者はメイド服を着た相当重度の変質者です。刺客に猿轡と手錠を掛けられ、あわや・・・という時に颯爽と千歌音ちゃんが登場。

(*受け入れ態勢万全の千歌音ちゃんの例)



・・・相変わらず突き抜けてますが。

姫子の“私の聖域を守って!”という願いに答え、

“これは姫子の分”“これが姫子の分”“これこそ姫子の分”“これも姫子の分”“こいつも姫子の分”“こっちも姫子の分”“そしてこれは姫子の分だああああ!!”

と叫びながら、七本の幻影剣で敵を鮮やかに打ちのめします。・・・うん、この千歌音ちゃん・・・かなりアホですね!!てか、ここまできたら惚れますわ。

敵は倒したものの、敵の狙いはわからないまま。。つづく。

いやー、今回も千歌音ちゃんは元気なようで安心しました(何。神無月とか京四郎の時の千歌音ちゃんは、いろんな枷に縛られていたから、あんなにも切なく苦しむ、耐え続ける恋を選んでいたのでしょうが、こちらの千歌音ちゃんはめちゃめちゃ強い上に、ご丁寧に記憶も全部吹き飛んでいるので、自由奔放に姫子へ恋しまくっているので、ある意味すがすがしいです。

おめでとう!!生まれ変わった(?)甲斐があったね!!てゆーか、姫子を大切にしつつ死んでしまった千歌音ちゃんソックリのお姉さんって、千歌音ちゃんとどーゆう関係が有るんだろ!?気になること盛りだくさんです・・・。



【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話


神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧  
Posted by romrom6656 at 15:32Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年10月03日

神無月の巫女続編情報〜絶対少女聖域アムネシアン〜

10月3日発売のヤングエースVOL4にて、神無月の巫女ヲタ達狂喜乱舞確定の漫画“絶対少女聖域アムネシアン”なるものが掲載されておりました。

そのカラー扉絵がコレ↓



どわあああああ!!!何回見ても千歌音ちゃんと姫子やああああああ!!!!夢じゃなかった!夢じゃなかった!!

ストーリー?ストーリーはいつもの介錯先生らしくなんと説明してよいのやら・・・なんですけど、一言で云うなら近未来バトル百合神話って感じですかねえええ〜。

主人公は天涯孤独ながら敬虔なシスターである来栖守姫子。同じ教会で働く大神先輩に淡い憧れを抱く、若干天然な女の子である。ある日姫子は、剣で胸を貫かれ、教会の壁にはりつけられた瀕死の少女を助ける(*ここまで開始4ページの展開)。姫子の死んでしまった姉にそっくりなその少女は“千歌音”と名乗るが、名前以外の記憶を一切失ってしまっていた。気絶から目覚めて早々、熱烈な好意表現と、驚異的な攻めの百合(*2)で姫子を翻弄する千歌音だったが、二人の出逢いは、大いなる波乱の幕開けに過ぎなかったっぽいのである・・・。

(*2 驚異的な攻めの百合の例)



こ・・・これはッ・・・。

なんかもう、超速スピードの百合展開に私の興奮が抑えきれないところまで来ております。

二人の出逢い方は、小説版“京四郎と永遠の空”のかおんちゃんとひみこのやり取りを彷彿とさせますね。あっちの場合は、ひみこと一緒にいたいが為に、かおんちゃんは記憶喪失のふりをしていた訳ですけど、今回はマジで飛んでるんですかね??

いやー・・・、なんかもう神無月の巫女っぽい(っていうかそれ)作品の続きを新しく読めるなんてマジ感動ですよ。もう細かいこととか気にしない!!続きをひたすら座して待つです!!!



【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話


神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧  
Posted by romrom6656 at 23:37Comments(0)TrackBack(0)clip!

2009年09月09日

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

『姫神の巫女〜千の華万華鏡〜』
ちょ・・・ちょちょちょちょっと何ですかこれは!?!ま、ままままさか遂にあの神無月の巫女の続編が来ちゃうんですか!?来ちゃうんですかアアアア!!!??また千歌音ちゃんと姫子に会えるんですかねええええ!??


とか何とか云ってる間に、ヤングエースの次回予告にこんな漫画が!!『少女聖域アムネシア 介錯』ってええええええ!!!どう見ても千歌音ちゃんと姫子に見えるんですけどおおおおお!!!ここにきて遂に神無月の巫女復活の予感!!!

<今まで書いた神無月の巫女に関する危ないレビュー>

☆以下、いやあああー、マジで神無月の巫女のOP&ED曲は凄まじく良かったね。特にagonyはハンパ無いよね。と云い続けているだけのレビュー。

『Re-sublimity/agony』歌:KOTOKO
『Re-sublimity/agony【初回版】』歌:KOTOKO

☆以下、いやあああー、神無月の巫女のサントラは凄まじく良かったね。窪田ミナ先生ありがとう。あと笛の人も。と云い続けているだけの全収録曲病気レビュー。

『神無月の巫女 オリジナルサウンドトラック』その一

『神無月の巫女 オリジナルサウンドトラック』その二

『神無月の巫女 オリジナルサウンドトラック』その三


☆以下、いやあああー、神無月の巫女のふたりの主人公は凄まじく良かったね。というか、百合アニメのエポックメイキングだよね。なんか二人は色んなアニメや漫画の中に転生しているみたいだからちょっと探してみましたな病気レビュー。

『神無月の巫女を探せ!コレクション〜姫子と千歌音ちゃん総出演〜』


【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話


神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か

今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

<拍手お返事>
>8月30日 dede様  オオッ!!やはりdede様もエヴァの『綾波イイイイィィ!!』シーンにピンと来られましたか!!いや、私もめっちゃ『(ウテナ・・・フフッ)』とか思ってニヤニヤしてたんですけど、一緒に見ていた人にはまるで意味不明な顔で見られてッ(何。幾原さんが、アニメ『青い花』のOPやってるということを、結構長い間知らなかったんですけど、なんかもー妄想を死ぬほど刺激してくれはるOP映像ですよね。手が触れるか触れないかのシーンもいいですけど、お花畑の中でクルクルとか、生まれたままの姿でラスト〆るとか・・・dede様のおっしゃる通り、まさに劇場版ウテナって感じで素晴らしいですね!!コメントありがとうございました☆☆☆
  
Posted by romrom6656 at 23:14Comments(0)TrackBack(0)clip!