2015年07月25日

結城友奈は勇者である6巻封入初回特典ゲーム『結城友奈は勇者であるS』の神の如き完成度について

結城友奈は勇者であるのBD6巻には、初回特典ゲーム『結城友奈は勇者であるS』がついていました。勇者部のその後の様子が、全10エピソードのノベルでつづられています。めっちゃ完成度が高くて、ギャグはもちろん、シリアスな話も混ぜ込まれており、正直PSVITAのゲームよりこっちのほうが私は好きです。。

BD/DVDは割と高い買い物で、手が出しにくいので、実際にプレイして知ってる人が限られる・・・というのがネックですよね。結城友奈は面白いコンテンツですし、物語も深みがあって楽しいんですけど、色んなメディアミックスの中にちょこちょこ新規情報が落ちてたりするので、世界観とかキャラクターを横断的に網羅するのが大変だな〜と思います。

例えばこの特典ゲームとかは、いっそダウンロード販売とかして、もっと多くの人に知ってもらいたいと思いますね。なんたって、本編終了後のエピローグ的な世界での勇者部のあれやこれやを掘り下げているんですから。知らないのはもったいない・・・ああ、もったいない。。

ま、それはともかく、今回はこの『結城友奈は勇者であるS』の百合百合萌えシーンを中心に紹介しようではないですか!!相変わらず、風&樹の百合姉妹ぶりは無双ッスよ!!

☆声が回復した樹ちゃんは、正式に歌のレッスンを事務所で行うことになります。相変わらず樹を庇護することに命を懸けてる姉貴は真っ先にマネージャーを名乗り出てたりするし・・・。この姉貴、愛する妹の為ならなんだってやってのけるお人やで・・・(知ってた)。

『いや、樹もレッスンに行くなら、アタシもついていかないと心配だし』



☆学園祭で占いをやることになった樹ちゃんの練習を覗いてみて、そのあまりの人気っぷりに自慢が止まらない風先輩。

『どうよ!?我が妹の人望、人気、カリスマ!』



→しかし、占い用の異様に露出の高い服を見て、途端に心配になった風先輩は『誰かが樹を変な目で見てたら・・・斬る!』と荒ぶる

☆なんとなく『恋のおまじない』をかけてほしいとかお願いする姉貴に『・・・お姉ちゃんには、恋のおまじないだけはかけてあげません』と言って、その後の姉貴の文句を全部無視する樹さん怖ぇ!!嫉妬・・・嫉妬の炎が見えるッ!!



☆自分の精霊(犬神)が消えたことを寂しく思う風先輩に、犬神ほどモフモフしてないけど、寒いときには暖めるぐらいなら出来るとギュッと抱き着く樹ちゃん・・・可愛過ぎだろ・・。これは姉に押し倒されても文句言えないレベル。

『お姉ちゃん、私そんなにモフモフしてないけど、寒いときにあっためるぐらいなら、できるよ!』



☆結婚式場のお手伝いで、何故か紋付&白無垢で和風同性結婚式(仮)を執り行う友奈×東郷さん。こ、ここまでやっちゃうの?なにこれ、神なの??『東郷さん、お国の為に、わたしについてきて!!』のプロポーズ発言に、完全に落とされる東郷さんキッタアアアア!!!!!



☆大赦と色々やって、友奈たちの学校に転校してきた園子が勇者部に入部!!しかし、彼女は友奈たちのキャッキャを見ては妄想小説の創作意欲を高める百合SS厨だったのだ・・・園子様・・・GJ・・。

『なんだか小説の創作意欲が湧いてきた〜』



☆全ルートクリアすると『神樹様の恵み』コマンドが解放されます。全キャラの立絵が水着メイドに変更されるという謎の恵み・・・。神樹様・・・あんた・・。とりま東郷さんのパイ乙が凶悪すぎます。



(その他重要な出来事etc)
☆東郷さんと夏凛ちゃんの歴史的和解。結界ぶっ壊したことにやはり負い目をもっていた東郷さんの気持ちを改めて聞き、そのすべてを許したうえで背中を押す夏凛ちゃんが眩しい。
☆園子の気になる発言。東郷だけに、いずれ時期が来たら話すことになるこれからの事・・・を伝えている(内容は不明)
☆乃木は大社内部でも最高の格を持つ家柄
☆散華の影響で、まだ自在に体を動かせない夏凛ちゃんだが、今でもトレーニングに猛進している
☆友奈と東郷さんがポッキーゲーム。友奈ちゃんの顔が近すぎて正気を失う東郷さん。
☆園子は、最初から勇者に選ばれた意味を理解していたので、銀の死も理不尽とは思っていなかった。だからこそ、勇者部に重要なことを黙って利用していた大赦に反発した。

今後の展開をなんとなく匂わせているような気もしますけど、どうなんでしょ?楽しみに続報を待ちたいと思います!!

結城友奈は勇者である 6 [Blu-ray]


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51988803