2014年11月23日

かんたん百合雑記、六合塚弥生主人公スピンオフ小説『PSYCHO-PASS ASYLUM 2』発売!!他

毎日寒いですな。。大阪寒すぎて、管理人の行動力が大いに減退しているんですけど・・・。このままでは足で百合を探す活動(?)に支障がでるぜ・・・。

☆アニメ『サイコパス』の登場人物、六合塚弥生を主人公に据えたスピンオフ百合小説が来たぞオオオオオオオ!!

『PSYCHO-PASS ASYLUM 2』 (ハヤカワ文庫 )著:吉上亮

アニメ一期でほんのちょっと語られていた、潜在犯落ち前後の弥生に何があったのかを補完しつつ、その過去と複雑に絡み合う現在進行形の事件、そして恋人、唐之杜志恩との強い絆と深い愛情が存分に楽しめる作品になっておりましたわ。以下、妄想織り交ぜつつ感想!!



過去の恋人リナを止められなかった後悔をきっかけに執行官になった弥生が、理想が砕け、壊れつつあるリナに再び出逢った時、ボロボロになりながらも、彼女と向き合い続けようとした姿がめちゃめちゃカッコよかったです。

世界を変えたいと願いながらも、傷つけられ歪んでしまったリナ。しかし、そうして互いに向き合う中で、リナの心の奥には弥生の存在が今もまだ残っていて、同じように弥生も、自分がリナを愛していた過去を、捨て去ることなくずっと心の中に大切にしまっていたことがわかった一瞬が、すごく良かった。だからこそ、あの結末が引き立つのだと思いますし、今を共に生きる志恩さんとの愛情が素晴らしいものに思えてくるんですよ。

ってか、 志 恩 さ ん 、 弥 生 の こ と 好 き 過 ぎ 。



志恩さんは、弥生の為なら火の中水の中銃撃の中ってかあああああ!!!!!もう、この弥生さんの最高にクールなタンカの切りっぷりとか、心の中で弥生をどんなに激しく想ってるかとか、なかなか弥生に会えなくてムッとしたりとか、弥生の過去の恋人登場でモヤモヤしたりとか、どさくさにまぎれて朱を(性的に)からかったりとか、この小説の志恩さん輝きすぎててヤバい。目がくらむわ。



あと朱ちゃんは、相変わらず有能&カッコカワイイし、霜月監視官も何気にチームの為にカッコいいとこ見せてるし、宜野座さんも以下略だしで、重大な犯罪に力を合わせて立ち向かう公安局刑事課一係の皆さんの活躍を見れて嬉しくなりました。

アニメでは結構事後の表現が多くて、この二人って、実は体の関係だけだったりして・・・とか思う人も多いかもしれませんが、それはNOOOOOです。



わかってましたけど、ほんとそうなの!!疑うならこの小説を読め、な!!そしてラストのエピローグにジーンとしろ!!な!!

ついでに宜野座さんのスピンオフ話も収録されてます。宜野座さんが腐った世界で正義を執行してましたです。
PSYCHO-PASS ASYLUM 2 (ハヤカワ文庫 JA ヨ 4-5)


☆漫画『となりのロボット』作:西UKO 百合GETする

プラハシステムという、自立型プログラムを搭載した女子高生型ロボット・ヒロちゃんと、子供の頃にヒロちゃんに出会ってから仲良しになった親友の人間・チカちゃん“恋”“愛”狎長”の物語。

チカちゃんは、ヒロちゃんがロボットということを嫌というほど理解しつつも、恋心を抱いて彼女に接し、ヒロちゃんもそれに応えます。しかし経験をもとに進化し、より人間らしい振る舞いを身につけるとはいえ、プログラムと電気信号によってしか思考できない機械のヒロちゃんと、人間であるチカちゃんは根本的に違うものであることを、彼女に恋し続けるチカちゃんは何度も突きつけられ苦悩していくのです。

ですがチカちゃんは、ヒロちゃんを研究対象として、そしてある意味愛を持ちながら見守る科学者達に、どんな理詰めの正論をぶつけられても、自分の気持ちを曲げません。そして、その想いはヒロちゃんに、ヒロちゃんが出来る最大限の“愛情表現”を発現させるのです。終盤はSF系百合として至上の展開キタコレのオンパレードですわ。

つまり“同性愛”という設定を入れたことにより、人間とロボットの物語にありがちな絶対的主従関係等のきまりごとが吹き飛び、対等な関係にある人間とロボットが“恋愛”することは果たして本当に可能なのかという命題に一心不乱に突き進むことができる訳なのですなー。

ぬっちゃけ、私の稚拙な言葉ではこのマンガの良さを伝えきれないので、是非とも手に取って読んでいただきたいです。
となりのロボット


☆拡散性ミリオンアーサーの何気ない百合
何気ないッつーか、少女主人公の技巧のアーサーが、超武闘派で、ちょいワルでSっぽく、美形なら男でも女でも等しく愛せるという両性愛者という設定が改めてステキだなって・・・。もう、こいつでいいよブリテンの王は・・・。ふさわしいよ。マジで。(ちなみに管理人はスマホゲームに飽きやすいタイプなのでストーリー最後までいけませんでした)。

気の強いお嬢様のグネヴィアがやむにやまれず技巧のアーサーと結婚(婚約?)したときのセリフも、ほんとに身の危険を感じまくってましたし・・・。

誰彼かまわずこんな感じのアーサーですが、熱い闘志と彼女なりの信念を持って行動してるのがまたカッコ良くて憎めないんですよね。


まあ今、テレビでこのゲームを元にした『実在性ミリオンアーサー』っていう実写ドラマがやってるんですけど、登場人物を演じているのが全員女性で破天荒ギャグ&シリアスを真面目にやるという、とんでもない作品になってるんでまだ見てない方はなんとかして見た方がいいと思います。なんかしらんけど、むっっちゃ面白いです。全員女性が演じてるってのも倒錯的で・・・イイ・・・。

☆エヴァンゲリオン最終巻発売

ヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああアアアアアアアアア!!!!えくすとらすてーじ!!EXTRASTAGE!!!マリ・・・おま・・・マリ・・・ィエエエエエエエエええええええええエエエ!?!!!
いやー、これは衝撃的です衝撃的ですここにきてここにきて想定外の私得展開きましたきました。後日落ち着いてから改めてお伝えしたいですます。
新世紀エヴァンゲリオン 第14巻(プレミアム限定版) (カドカワコミックスA)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51968115