2014年06月21日

アニメ『悪魔のリドル』最終回(第12話)にテラ感動

“故に、世界は□□に満ちている”



ウオオオオオオオ!!!!こ、これは・・・これ以上ないぐらい素晴らしいエンディングやったわあああああ!!
これまでの展開が結構シビアというか、陰惨な雰囲気だった分、この晴れ晴れとした爽やかな締めくくりが心に染み渡りました。前回の私の予想も6割ぐらい合ってた(気がする!)。

晴の行動、兎角さんの選択、鳰の暗躍、カイバ先生のなぞなぞ、理事長の素早い救急車の手配・・・などなど、やや強引ですけどどれか一つでも欠けてたらこの終わり方にはならなかったんだろうなああ〜と思うと感慨もひとしおです。

とりあえず兎角さんの振り切り具合がぶっ飛び過ぎてて・・・ええんか、それで・・

・・・と、ちょっと思いましたけど、兎角さんが晴を殺そうと仕掛けたのは、結局“自分が晴を大切に想ってきた気持ちは、晴の能力に影響されたものではない”ということを証明して見せたかったってことですよね。



“自分は晴をぶっ刺すことだって出来る→なぜなら自分は晴に洗脳なんてされてないから→だから晴を好きな気持ちは過去も今も本物です→ファイナルアンサー”という公式のために襲い掛かってくる兎角さんの思考もなかなかキてる。。でも、これもすべて晴への一途な“愛”があればこそですよね。

だって、それが証明できれば、晴はもう二度と自分の能力が無意識に発動したせいで、自分を守ろうとしてくれた人(家族とか)がみんな死んでしまった・・・と、おそれたり、苦しむ必要が永遠になくなるんですから。能力とは関係なく、晴は愛されていた(いる)ということを、兎角さんは教えたかったんじゃないかと思いました。妄想ですけど。

しかし、12話の後半は凄かったね。あんな濃密な15分知らんわ・・・ってぐらい凄かった。もう、後半は30秒ごとぐらいに(↓)みたいな感じになったもん。私。



やー、でも、黒組のみんなの“卒業後”の描写はすんごく良かったと思います。過去の自分を乗り越えていこうとしたり、未来に向かって努力しようとしたり・・・それぞれのエピローグに幸せな妄想ができる余地を残してくれてるのも、またニクい演出でしたわよ。

特に純恋子さんの憑き物が落ちたような清々しい表情とかGOOOODでした・・・この調子で番場さんに手料理を振る舞ってあげて下さい。あと涼さんは昔の男を吹っ切ったようなので、同じく昔の女(先輩)を吹っ切って(?)暗殺業から抜け出したい香子ちゃんを迎えに行ってあげて下さい。



最後に、晴と落ち合う兎角さんのジャンパーにクソ受けました。



いやこれ、馬路須加女学園のラッパッパ四天王の一人が来てた服じゃね?何故なのか・・・。



まあ、とにかく最後に見つめ合って微笑んで歩く二人にたいへん満たされたものを感じました。

これぞ神無月厨である私が求めるラストよ・・・・・・で、キスは?



はいはい、残りは特典映像だかなんだかのお楽しみってやつですね!!いやー、今からすごく楽しみですわ・・・。しばらくは頭の中がリドル一色になりそうっす!!

悪魔のリドル Vol.1 (初回特典:トーク&ライブイベント昼の部チケット先行購入申込券) [Blu-ray]


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51952794
この記事へのトラックバック
茶番アニメと指差されても反論は難しい。 その通り茶番である。 しかし、血Cと並ぶ茶番アニメの最高峰ではないか。 この”いくらでも深読みできる素材”を前に茶番と切り捨てて思考停止するのは勿体ない。 . . ラストエピソード前に、ついったで呟いたのだが https://twitte
[アニメ]「悪魔のリドル」最終回【懐柔する怪獣】at 2014年06月22日 21:26
この記事へのコメント
どもですろむろむさん…
アイヤー悪魔のリドル、凄まじい最終話でしたね。ちと無理矢理感ありましたが、兎角も晴もお互い呪縛やわだかまりが消えてスッキリした様子は良かったです。この調子で二期なりovaなり突き抜けて欲しいですね☆

最強強靭無敵にこだわっていた英が、清々しい表情になっていたのもGOODでした。番場さんに早い所手料理披露してあげて欲しいです。まだ血生臭い道真っ只中な香子ちゃんは、首藤さんと一緒にほのぼの暮らせば宜しいです。

千足と柩に関しては…「生きとったんかワレ!」と目を疑いました笑
でも仇同士、心中して幸せになれるような感じだったので、生きてることでずっと現実を直視しなければならないのはかなり辛いかもなぁなんて思いました。文化祭でキャッキャウフフしてた頃にはもう戻れないと思うと、この2人は結構重いですね…。

いろいろな感想がありますが悪魔のリドルとても楽しめました。DVD7巻には未放送の13話もあるらしいので、しえなちゃんが何かしらやらかしてくれることを期待しています。
Posted by ナベ at 2014年06月21日 10:31
>ナベ様

どうもどうも!!いやああああああ、凄かったですね。さんざん言ってきましたけど、私たちの予想の遥か斜め上を高らかに飛び越えていった感じがします。。

>兎角も晴もお互い呪縛やわだかまりが消えてスッキリした様子は良かったです。この調子で二期なりovaなり突き抜けて欲しいですね☆

まさに・・・まさにそう!!ほんまこれでどっちかが死んでたら、俺も死んでたわ。。でもこのミラクルエンドのおかげで、その後の幸せな妄想もMAXいけますし、とにかく終わりよければすべて◎って感じかもですNE!!

英×番場っぷる、香子ちゃん×首藤っぷるも、直接的描写はないけど、かなり想像力を刺激される発言しまくりでしたし・・・。特に首藤さんの新たな青春宣言はどう考えても・・・。

そして千足×柩っぷるの『生きとったんかワレ(喜)!!』っぷりも熱かったですよ。ほんとに。でもナベ様の言うとおり、お互い無邪気にすきすきしてた頃には絶対戻れないこの苦味もまたGJGJGJ・・・。

DVD7巻・・・いったい何が起こるのか・・・(ごくり)。しかしいくらなんでも先すぎるだろう・・・。このまま生殺しはひどいよしえなちゃん(何。期待と夢が膨らみます。。

しかし楽しかった。毎週こんな楽しめたアニメは久々だったので、ほんとにとても良かったですわ☆☆☆
Posted by ろむろむ at 2014年06月22日 23:25