2014年03月14日

本日の百合雑記♪

★『鹿乃江さんの左手』(作:青谷真未)にすっっごい百合小説収録されてた!!

とある女子高を舞台にした青春系ミステリ小説。第二回ポプラ社小説新人賞・特別賞受賞作。

“この学校には魔女が棲んでいて、どんな願いごとも一つだけ叶えてくれる”という噂を巡る、3つの不思議な物語によって成る連作短編集です。

って、ウオオオオオオオオ!!!久々に読んでて百合魂が熱く震えましたわ!!特に三作目の『薄墨桜』がマジでガチ百合小説です。一作目、二作目は友情というか、女の子同士の心の繋がりとか、不器用な関係を楽しむ感じなんですけど、この三作目は超直球でしたね。

淡々と日々を過ごしていた女性保険医が、眼鏡クールな女子学生・冴木さんに告白されて激しく戸惑い、そこに例の“魔女”の噂も絡んできたりして、みるみる不思議な世界に巻き込まれていきます。

もうこのお話はあまりにも先が読めなくて、でも張られた伏線は綺麗に回収されていくし、冴木さんは真っ直ぐでカッコいいし、先生はなんかちょっと駄目なとこが可愛いし、色んな意味で読んでてすごいドキドキしました。ラストの冴木さんの台詞とかあまりに素敵すぎて、先生じゃなくてもときめきますわ。ついでに、先生の受け受けしい未来もたやすく幻視できました(何。

冴木さんもいいけど、この先生の告白されてからの悩みぬきっぷりも凄い良かったです。冴木さんに惹かれている自分を、必死に否定しようと右往左往するところがまた美味しくてカワイイ。。これでしばらくは生きていけそうです(オイ。

鹿乃江さんの左手 (ポプラ文庫 日本文学)

<関連>★この百合小説がすごい!〜百合小説読書マラソン〜
おすすめ百合小説がどんどん増えていくYO!!しあわせ〜

★百合アンソロ雑誌『メバエ』四月末に新創刊!!

コミックナタリーでこんな記事を発見しました。なんと、久しぶりに百合雑誌創刊キタワァアア!!!

百合アンソロって、ひどいときは一冊だけ出て音沙汰がなくなったりすることもけっこーあるんですけど、今回はどうでしょうね!!現在百合姫以外では、ひらりが百合雑誌として頑張ってくれてますけど、ひらりは三〜四か月に一冊?ぐらいしか出ないので、過去にひらりと双璧を成していたつぼみ(休刊)に代わる良き百合アンソロ本の到来を待ちわびておりました。

とりあえず、総合タワーリシチのあらた伊里先生が参加しているみたいなので、それが一番楽しみかも。。しかし、キャッチフレーズの『もよおす、百合まんが』とはいったいなんなのか。もよおす・・・もよおす・・。

★『進撃の巨人』のソシャゲが平然とユミクリしてるらしい・・・

私はソシャゲをまったくやらないので、詳しいことは不明なんですけど、クリスタの誕生日を祝うために、ユミルがサシャに芋を集めに行かせたりするシナリオとかがあるらしいですね(何それ。

そして自分はちゃっかりクリスタといい雰囲気ってやつですかーーーー!!ってかクリスタ美しい&ユミルまじカッケエエエエ!!!タキシードですか!?はいい??いったい、ソシャゲで何が・・・。



★今更ですが漫画『篠崎さん気をオタしかに!』が結構面白い!!)

ハードなオタ兄貴のせいか、オタク嫌いの気がある主人公篠崎秋奈が、オタクな少女・佐々村さんと友達になるため(そして彼女を脱・オタクさせて真人間にするため)、話を合わせるためにオタクな知識を仕入れていくが、空まわり続けた挙げ句、彼女はディープなオタクの泥沼に徐々に引き込まれてゆくのであった・・・。

という感じのお話なんですけど、主人公の佐々村さんを見る目が、尋常じゃなく恋する目をしてるっつーのが超重要なポイントですNE!!

下の名前で呼びあっただけで顔を真っ赤にして照れたり、佐々村さんの喜ぶ顔を見たいが為に、モンハンっぽいゲームで頑張ってレベルを上げたり、突然もっと仲良しになってるような妄想を始めたり・・・。とにかく佐々村さんの為に、なにかと一生懸命な篠崎さんが見もので可愛らしいです。ハイテンションなギャグ&オタ&百合という、色々詰まった作品ですけど、今後の展開がすごく気になりますです。ああ、二巻買わなきゃ。

篠崎さん気をオタしかに! (1) (メテオCOMICS)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51944797