2014年01月26日

<次回のセールに>kindleで読める、角川書店の百合物件紹介!<期待しよう>

うおおおお、アマゾンのキンドルで角川関係の本が大セールですよ!!とにかく安い!驚異的に安い!!**セール期間は終わりましたが、角川関係で百合っぽい電子書籍の情報として残しておきます**

正直、あんまり百合物件は多くないんですけど、それでも目についたやつを急いで紹介してみます〜。。いやあああ、驚いたにょろろおお。この機会に試しに読んでみてはいかがでしょうか??急いで書いてるので、文章とかめちゃくちゃかもしれませんが、よろーーー。

(以下、漫画)

☆戦姫絶唱シンフォギア1巻〜3巻完結 
絵が綺麗で、すごい気合の入ったコミカライズです。未来さんと響の安定のラブラブっぷりがしかと拝めます。ひびみくの喧嘩美味しいよハアハア!!アニメ一期開始前の、奏さんと翼さんの異様な仲の良さも必見!受け受けしい翼さんが読めるのはコミック版1巻だけ!!
戦姫絶唱シンフォギア(1) (角川コミックス・エース)


☆神無月の巫女1〜2巻完結 
管理人が心から愛し、崇拝するアニメ“神無月の巫女”の原作。正直言って、雰囲気はクセがあるし、展開は唐突です。しかし姫子と千歌音ちゃんの絆、輪廻を超える百合と愛がここには詰まっている。私はアニメ信者ですが、原作ももちろん死ぬほど読みました。是非に!
神無月の巫女(1) (角川コミックス・エース)


☆絶対少女聖域アムネシアン 1巻〜4巻完結 
神無月の巫女より、クセが強くなってんじゃねえか!!変なキャラが山盛り出てくるし、変態描写も多いけど、やはりこれは神無月の巫女の正当な続編だと思います。人を選ぶ漫画ですが、姫子と千歌音ちゃんと千歌音ちゃんモドキの活躍が見られる貴重な作品です。
絶対少女聖域アムネシアン (1) (角川コミックス・エース 35-14)


☆ちょっとかわいいアイアンメイデン1巻〜2巻 
SMというより拷問。そしてなんか百合な雰囲気。私は苦手ですが、好きな人にはいいかもね!!四コマ!!
ちょっとかわいいアイアンメイデン(1) (角川コミックス・エース・エクストラ)


☆悪魔のリドル 
ものすごい勢いで命を狙われまくっている少女。少女と友達になり、少女側に寝返った殺し屋の主人公が、ほかの殺し屋たちと激しいバトルを繰り広げそうな予感がする作品(?)。次巻が気になる。
悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)


☆不思議の国の美幸ちゃん 
クランプのやつ。懐かしい!!女子高生美幸ちゃんが、変な異世界に飛ばされまくっては、妖艶なお姉さまたちに迫られまくるというギャグ漫画。テンション高すぎておもろい。
不思議の国の美幸ちゃん (角川コミックス・エース)


☆聖伝-RG VEDA- 1〜5巻完結 
リグヴェーダ!!久しぶりに思い出したわ!!この漫画に最終巻まで出てくるメインキャラの蘇摩と、大道寺知世ちゃんみたいな雰囲気のめっちゃ強い楽師(?)乾闥婆王がマジで百合。百合という名前が浸透していなかった時代に、クランプ先生がぶち込んできた本気百合がここにあるッ!!
聖伝-RG VEDA-[愛蔵版](1) (カドカワデジタルコミックス)


☆紅殻のパンドラ 
この、そこはかとない百合な雰囲気は何なんだぜ??SF+百合要素+戦闘美少女!!
【電子版】紅殻のパンドラ(1) (角川コミックス・エース)


☆ささめきこと
マジ本気の学園青春百合漫画。長編になることで群像劇としても楽しめた。“女の子が好きな女の子”・・・という設定を、通常とは違う視点から切り込んでいっている稀有な作品です。
ささめきこと: 1 (コミックアライブ)


☆コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー 1巻〜5巻 
コードギアス反逆のルルーシュの、IF世界もの??5巻で百合大爆発しました。ナナリーだけの騎士・アリスちゃん爆誕。ただの親友を超えた絆ができました。
コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー(1) (角川コミックス・エース)


☆クイーンズブレイド -Hide&Seek- 1巻〜5巻 
主人公エリナが、出奔して行方不明の(愛する)姉を捕縛するため、旅したり、戦ったりする話。エリナを溺愛する別の姉とかもいる。細かい部分忘れたけど、とにかくシスコンパワーがすごい。続編の漫画は打ち切りらしいです。
クイーンズブレイド -Hide&Seek-(1) (角川コミックス・エース)


(以下、小説)

☆砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 
読んだ後めっっっちゃ落ち込みます。この前ひさびさに読んで、また死ぬほど落ち込みました。でも、なにもかもが鮮烈すぎて忘れられない、そんな痛烈な物語。百合と言い切るには語弊がありますが、主人公と藻屑の危うい絆は、それと非常に近いものがあると思います。管理人は、これを読んだあとは“幽霊列車とこんぺい糖”という似た雰囲気の、ド直球百合小説を読んで心の安定を保つことにしています(何)。
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない (角川文庫)


☆BLOOD‐CThe Last Dark 
小夜×真奈!!さやまな!!が、ちょびっとだけ楽しめる。もっと描写欲しかったなああああ。文人?誰?
BLOOD‐CThe Last Dark (角川ホラー文庫)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51940349
この記事へのコメント
5
桜庭一樹さんの小説は本当に面白いです
シリアスに少女同士の危うい関係を描いた物が多くて、僕はこの人の作品から百合にはまりましたー
Posted by ちゃむ at 2014年04月08日 07:26
>ちゃむ様
こんばんは!!ちゃむ様は、桜庭先生から百合ワールドなんですね〜。よくわかります!!
桜庭先生は、マジパネエものをお書きになりますよね。ラストが全く想像できないものも多いですし。。
“少女には向かない職業”なんかも、百合テイスト感じたんですけど、ラストがまたショックというか、辛かったですわ。“学園都市ヴァラノワール”とかも、小説としてはアレですけど、いい百合キャラがいて、わりと楽しめた気がしますね〜。
Posted by ろむろむ at 2014年04月09日 23:31