2013年11月28日

百合ネタとか雑記

☆水樹奈々さんが、紅白出場!!

ってことは・・・もしかしたら、戦姫絶唱シンフォギアGのOP『Vitalization』を歌うかもしれないってことですよねー!?!この曲売り上げも凄く良かったみたいですし、ありえるよね!?とらんすふぉおおおおおおおむだよね!?!

私の中では、この曲も響×未来(ひびみく)テーマソングなので、楽しみ度も120%増しです。

え?どの辺がって??
歌詞の中に“響”とか“未来”とか自然に出てくるし、『何も恐くない 君と二人なら』『寂しさは優しさへ 傷痕は強い絆結ぶ証になる』とか、ものすごく“ひびみく”なエピソードを連想させる表現が、所狭しと並べられてるところですかねー!!これが年末に聞けたらほんと最高だろうなあ。まあ、これでヤマトのEDだったら、軽くイスカンダル逝きなんですけど。。

*注*奈々様の声の高さは変えられてます(↓)


☆きらら系百合アンソロジー『SAKURA』が創刊!!

久々の百合アンソロ創刊・・・って、これ創刊するなら、多数の作品を無理やり打ち切って“つぼみ”休刊させる必要が何処にあったんですのオオオ。。多少モヤモヤしますが、“百合姫”と“ひらり”のみのローテーション に新規百合雑誌が加わるというのは実に楽しみなことです。期待!総合タワーリシチ復活してくれないかなあ。。無理かなあ。。

☆まどマギ映画のフィルムは、杏子の健康的なお尻でした。ぬーん。。



☆最近読んだ『ちろり』という漫画がめちゃ素晴らしくて、わたくし、毎日夢見心地・・・。

『ちろり』作:小山愛子*1〜4巻発売、以下続刊
大正くらいの“横浜”っぽい場所を舞台に、コーヒー喫茶店を営むマダムと、マダムと一緒に一生懸命働く女給の“ちろり”ちゃんの、四季と共に輝く日々の記録を見守る感じのお話です。ゆったりとした雰囲気の中に、仄かに香る“百合”テイストが、たまらなく素敵で、もう作品の世界にドップリはまり込んでしまいましたよ。。日常の小さな出来事から“素敵なこと”を上手に拾い出す少女の感性に、萌えるわ思い出すわ共感するわで、正直私、このマンガ読んで、久しぶりに胸がキュンキュンときめきました(爆)。最近この本ばっかり読み返してます。

もー、私の高感度百合センサーも壊れんばかりの反応を示していますしね!!!まあ百合力が無い人が読んだら、『ああ、主人公の二人はとっても仲良しさんなのね』で終わるかもしれませんけど、んなわけねええだろおおおおお!!!私には、もう完全に出来上がった百合夫婦にしか見えませんけどォ!



上品な色気を持つ、おっとりしたマダムが、ちろりを優しく慈しむ様子にほっとさせられ、マダムを心の底から慕い、もう愛してるとしか思えないような熱い眼差しを送るちろりの姿には萌え転がされます。優雅な大人の女性・・・って感じのマダムが、ちろりと過ごすときだけは、少女のように無邪気に振る舞うのも、もうめちゃ可愛くてヤバいですし。。マダムとちろりのいる喫茶店に、俺も・・・俺も行きたい!!温かいコーヒーを飲みながら、二人が目と目で会話する様子を覗き見て悦に入りたいヨオオ(キモい!!



マダムが、まど☆マギにおけるマミさんっぽい雰囲気なのも、私的にはたまらないポイントですわ。マダム可愛いよマダム。マダムが留守でいなくなっただけで、生きる活力を8割ほど失ってしまうような、ちろりたんも狂気かわいいよ狂気。

近年のハードな百合に疲れた方(?)は、この漫画を読んで浄化されることをおススメしますです。

ちろり 4 (ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル)


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51934120