2013年10月26日

百合好きならば見るしかねえ!!劇場版『まどか☆マギカ 叛逆の物語』感想(*微バレ)

ヲタ友と、もう行くしかないですよね、これは・・・という話がついたので、初日に突撃しました。

オマケでほむほむ色紙も貰えてルンルン気分です。

(・・・鑑賞・・・)

エエエええええええええええええええええええええええええエエエ!?!?ななななんじゃこりゃああああああスゲエエエええパネエええエエエ!!!

・・・ってか、鑑賞後何が起こったのか分からず、しばらく呆然としちゃいましたね。友人も瞳孔が完全に開いてました(何。予想外です。この映画、とんでもないです。



【以下、百合視点のみで語る、“劇場版まどか☆マギカ 叛逆の物語”の電波感想】

マミさんファンの私としてはホイホイされるような素晴らしいシーンが満載でそれだけで狂喜乱舞状態ですが、それより本編のぶっ飛び具合が超宇宙級でした。特に、鑑賞中のとあるインパクトシーンを見た瞬間、最近見たアニメのこの方の名言が脳内を駆け抜けました(↓)。

『何故そこで愛ッ!?』(byシンフォギアG10話のマムより)


いや、これは・・・
この物語は・・・・
まどか☆マギカの裏テーマは・・・

ものごっつい百合ですよね!!!!知ってたけど!!!!!

そうなんですよ。。。百合なんです。
これは、まどかとほむらの百合物語!!まどほむ!まどほむ!ついでに杏さや杏さや、おおっと右からマミなぎマミなぎ!!!

相手のことを大切に思う一途な感情が、様々な抑圧の中で加速度的に高まっていき、最後には狂気を以て暴走するという・・・。思春期における少女同士の友情は、片方の天秤が重くなりすぎると、大変な結末を引き起こすのですね。わかりますわかります。

ピンとこない方には、相手のことが余りにも好きすぎてダークサイドに逝かれた伝説の(百合)先人たちの例を挙げてみましょう。

藤乃静留さん(舞−HIME)・・・好きな女性の為に、彼女を悲しませるもの全てを消し去ろうとして大暴走。友人とか知り合いを平然と・・・
(病キャラソン歌詞)胸を焦がして追いかけた あやかしみたいに追いかけた いつか一緒に死にたいわ

姫宮千歌音さん(神無月の巫女)・・・好きな女性の為に、敵を皆殺し&好きな人さえ騙す&神様に逆らって宿命を破ろうとし(漫画版)更には・・・
(主題歌歌詞)出逢ったあの時に 胸突いた笑顔 護りたくてずっと 崩れそうな約束を 痛み潰すほどに抱きしめてた

小日向未来さん(シンフォギアG)・・・好きな女性の為に、自らを改造し、彼女を争いのない世界に導く為、友達を容赦なく猛攻撃し、気づいたら好きな人にまで・・・
(病キャラソン歌詞)私は絶対譲らない もう遠くには行かせない こんなに好きだよ ねえ・・・大好きだよ

いかがでしょうか?百合にとって、愛と狂気は紙一重ということがおわかりいただけたでしょうか?

まあ簡単に言いますと、百合が好きだと胸を張って言える人なら、もうこの映画は3度の飯を抜いてでも鑑賞に行かなければならない、とんでもない要注意物件だということです。

さあ行くぞ、未来のヤン百合の為に!!いや、叛逆の為に!!!

とりあえず、ほむほむがまどかの事を好きすぎて宇宙規模でヤバいということだけ覚えておいてください★★

で、管理人爆推しのマミさんですが、ものすごい年下の美少女に数年後ぐらいに(性的に)食われてそうな雰囲気がムンムンの〆っぷりで、妄想が止まりません。誰か助けて・・・。泣き虫巨乳なお姉さん受けと、快活食いしん坊な年下攻めって奴ですか??!てかもう、新キャラマジでかわいい・・・。新キャラの為に、ほむほむを完全に圧倒する、超サイヤ人状態のマミさんのカッコ良さがもう異常なまでに極まってるので、ここもポイントかと思います(何。

帰りにナムコに行って、ポストカードをゲット。

友人はQさんをゲット。いいなあ。私、UFOキャッチャーなんて出来ねえよ・・・。

500円分UFOキャッチャーやればクリアファイル貰えるというのトライしたが、何も取れんかったデス(クリアファイルはもろた)



【これまでに書いた関連記事(*ほとんどマミさんのことばっかじゃねーか)】
★漫画“魔法少女まどか☆マギカ〜The different story〜上巻”レビュー
★漫画“魔法少女まどか☆マギカ〜The different story〜中巻”レビュー
★漫画“魔法少女まどか☆マギカ〜The different story〜下巻”レビュー
★巴のマミSANに萌えてみるメモ
★マミさんのフィギュアにお越し頂きました
☆『コネクト』<ClariS(クラリス)>
☆『and I'm home』<美樹さやか&佐倉杏子>

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51930935
この記事へのコメント

いや、ものすんごいほむまどでしたねヽ(*´Д`*)ノ
ほむらちゃんがあれだけまどか中毒になっていたなんてwww

そうなんですよ、好きな女の子のためなら世界だって変えてみせると、そんなハンパない超宇宙規模の超絶百合でしたね万歳!

てゆーか、「まどか」という円環の理という一部を引きちぎって、自分の手元に置いたほむら。

世界そのものがまどかであり、まどかが世界なこの世の中で、神を引き込んで取り込むなんて悪魔的手法にシビレました。


今回よかったなと思ったのは、百合的にぼっちなマミさん(悪口ではないですよ^^;)が、ようやく百合パートナーを見つけられたこと。

やっとこれで3組の百合カポが成立しましたね万歳!
マミさんもそうだけれど、なぎさたんが救われる世界ってのが、なんだかとっても嬉しいなって


そして最後に一言だけ。

アニメではないですが、ゲームで最強のヤンデレ百合をお忘れではないですか?

そう、それは白恋の「藤沢なぎさ」www
BEルートのヤンデレぶりは今回のほむほむと同等かそれ以上かとwwww


Posted by なのなの at 2013年10月27日 22:33
世界を革命する力をををををを!!!ぐらいの勢いで、ほむらちゃんが実にパネエ感じになってて最高でした。ある意味これが、ほむらにとってのハッピーエンドなんじゃないかと。一応マミさんやさやかちゃんも生存させている世界軸を作ったのは、ほむーの慈悲なのかも知れないですし・・・。

>ハンパない超宇宙規模の超絶百合

ほんとにそうです。もうこれを百合といわずして何?って感じなんですよね・・・この映画。。ループしようが、悪魔になろうが、ほむらの行動はいつも“まどかを救いたい”に帰結するという、その一途さにしびれます。

あと、マミさんが輝きすぎてて凄かったですね。べべ&なぎさたんの存在があるだけで、あんなに強くなれるのですね。。ラストも、マミさんとなぎさたんの出会いシーンが入ってましたし、またしても妄想止まりません。

なぎさ先輩も、ものすごくよぎったんですけど、そうですね。自分だけの世界に監禁という意味では・・・ヤ・・・ヤンデレ・・・。でもなぎさ先輩ってすごくさやかちゃんに被りませんか??自分の恋愛ルートではすごいダメ人間だけど、ほかの人のルートではめっちゃカッコいいという。。まあ、なんにせよ病むぐらい思いつめる百合キャラがわたしは大好きです(爆。
Posted by ろむろむ at 2013年10月28日 23:00