2013年10月22日

この百合マンガがすごい!〜ギャグ百合ストーリー漫画編〜

百合とギャグ(コメディ)って、相性いいようで案外難しい素材かなーって気がします。。

4コマ漫画なら結構よく見かける感じですけど、百合+ギャグでストーリー漫画というとグッと減ってきますからね〜。今回はそんな中から、作者の気迫充分なギャグ百合漫画を紹介してみたいと思いまする。

『ストロベリーシェイクSweet』作:林家志弦

主人公でアイドルの樹里亜は、事務所の社長に頼まれ、しぶしぶ新人のアイドル候補の少女を付き人にすることにするが、初めてその少女・蘭を見た瞬間から、彼女のことが気になって気になって仕方なくなってしまい・・・。蘭が好きすぎて空まわってしまう樹里亜と、振り回される突込み役のマネージャーと、そんな樹里亜を頑張り屋の素敵な先輩と憧れる蘭のハイテンションなドタバタっぷりが実に楽しいです。

2巻からは、お互いに好きになってるのに、そうと気づかずまた空まわってしまうという、相互片思いモードにも突入し、百合度も更に上昇します。へたれで一途で猪突猛進ながら、蘭の為にどこまでも行動力を見せる樹理亜が可愛いのです。初期百合姫(百合姉妹)を支えた歴史的(?)作品だと思います。
ストロベリーシェイクSweet 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)


『まんがの作り方』作:平尾アウリ

自分の漫画のネタの為に、自分を好きだと言う後輩の少女で人気漫画家の森下と付き合うことにした、再デビュー中の漫画家・川口さん。不純な動機で付き合いだした川口さんだが、一心に自分を好いてくれる森下にどんどん気持ちが揺れていく・・・。そんな二人を中心とするまったり日常系漫画家グラフィティ。

美形キャラ達が繰り広げる、独特の会話、謎展開、まったりした時間、そして百合。読んでると不思議な世界にドンドン引きずりこまれていきます。なんつーかもう、こんな雰囲気のギャグ百合漫画、見たことなくって、個人的にすんごく好きです。森下に一目ぼれした編集者や、森下と川口の間で色々悶々とするアシスタントの女子高生なども乱入してきて、最近ますます混乱の極みで面白いです。未だデコチューレベルの交際しかしてない二人ですが、なんか雰囲気がいちいち濃厚なので、今後もすごく楽しみです。
まんがの作り方 (1) (リュウコミックス)


『ゆるゆり』作:なもり

常識系主人公・あかりと、明朗快活かつ破天荒な京子、その行動を常に見守り突っ込みまくるクールな由衣、由衣が大好きな後輩・ちなつによって構成されている謎のクラブ“ごらく部”を中心とした、個性的な少女達による日常系ドタバタ百合漫画。ボケ&ノリ&ツッコミの連打に、ほのかな百合テイストを盛り込んだゆるい雰囲気になんか癒されます。

基本的に百合度は薄めですが、京子に明らかに恋しながらも素直になれないツンデレ生徒会副会長の綾乃と、過剰な百合妄想を常に展開しているその親友の千歳が全体の百合度の底上げに貢献しているので問題ナッシングです(何。巻を追うごとに、キャラの百合的関係が進展する・・・訳でも特にないのですが、様々な角度からの微百合なイベントがギャグを挟みつつちょいちょい入ってくるので、なかなかに妄想力を刺激されます。
ゆるゆり 1 (IDコミックス 百合姫コミックス)


『総合タワーリシチ』作:あらた 伊里

超努力家で突込み役の主人公・神奈が、成績優秀だけど超マイペースな悠にリズムを崩されつつ、クセありすぎるメンツ勢揃いの高校で奮闘(?)する物語。8割ギャグですが、真剣な百合シーンの描写は超一級でマジ素晴らしかったです。特に第三巻後半は、シリアスも混ぜ込みつつ直球大ホームランな百合を決めており、見どころ満載です。

神奈が全方位にツンツンしながらも、悠だけには構ってしまうというのも美味しいのですが、その周りのキャラたちもすべからく百合百合していて、一大群像劇みたいな感じになっています。
それぞれに色々葛藤とかも抱きつつ、前向きに明るく進んでいくってのが爽快でいいのですよ。でもやっぱり個人的には神奈と悠の二人が一番好きかもーです。押されると照れて気弱になる神奈と、それを見て一瞬ムラッとなる悠とかオイオイ最高やないか。掲載紙“つぼみ”が休刊となり連載も終わってしまったのが、本当に残念でなりません。
総合タワーリシチ (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)


『カオス・ウィザードと悪魔のしもべ』作:山本アリフレッド

落ちこぼれ魔法使い・神無と、そのセクシー使い魔・エルによるカオスな学園生活。ギャグは若干低年齢向けっぽい雰囲気で、好き嫌いが別れそうですが百合に関してはエロ系ギャグが多く、なかなか楽しめます。

神無限定でセクハラにいそしむエルと、色々されまくりつつも満更でもない感じの神無の謎の信頼関係が物語の軸にあり、百合をただの要素にまで落としてはいないので、安心して読めました。
特に2巻終盤の、エルを取り戻すために死ぬほど努力する神無と、そんな神無を見て苦しむエルの、想いのぶつけ合い(というか痴話喧嘩)がスゲー良かったですわ。途方もなく強いけど、駄目主人公が好きすぎて仕方がないというエルの性格も美味しかったです。
カオス・ウィザードと悪魔のしもべ(1) (少年マガジンコミックス)


【関連】
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その壱〜
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その弐〜
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その参〜
★この百合マンガがすごい!〜個性派百合漫画編〜
★この百合マンガがすごい! 〜4コマ百合漫画編〜〜
★この百合マンガがすごい! 〜2012年管理人悶絶ベストオブおすすめ百合漫画〜
★この百合マンガがすごい! 〜2013年管理人悶絶ベストオブおすすめ百合漫画〜★この百合小説がすごい!〜百合小説読書マラソン〜
★この百合マンガがすごい!〜ギャグ百合ストーリー漫画編〜
★驚異の百合妄想シリーズ

トップページに戻る

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51930514