2013年10月14日

戦姫絶唱シンフォギア(一期)の未来さんの百合力を振り返る

シンフォギアGにて、響を一心に想うがゆえの闇堕ちという超進化を魅せてくれた小日向未来さんですが、未来さんと響のイチャラブ夫婦ぶりは、1期も負けず劣らずだった気がする・・・と思って、見返したらやっぱりそうでしたわ。

なにげない一シーンでも、未来さんの響を見る目が熱っぽいのは仕様です。



中学生ぐらいの頃からこんな調子で、高校生にして同棲生活開始です。しかもこの高校を選んだのは、未来さんが行くからという理由・・・。
事故の後に風評被害の犠牲となった響の一家は離散(母と祖母は健在だが)してしまい、もはや響にとっての心の支えは未来だけになっているようです。また、未来さんが何かにつけて響の心配をしまくるのは、過去に響が重傷を負ったせいなのかもしれません。

とはいえ、393と響の百合な毎日は常に平常運転!

,風呂で密着してじゃれあい開始


二段ベットの上で密着してじゃれあい開始


からの、殺し文句付スキンシップ“小日向未来は私にとっての陽だまりなの”


い修靴董響の寝顔を見つめる慈愛に満ちた表情


いやー、すごいですね。これで親友って言い張るのは無理があると思うね、すごく。
まあ、こんなラヴラヴ夫婦ーズにも物語の展開上、破局の危機もあった訳で・・・。

響がこっそり黙ってヒーロー活動していたことを知った393は、自分に正直に言ってくれなかったことよりも、自分の知らないところで響が戦って傷ついていたことを悲しんで怒ります。自分が響に対して無力だと感じることが辛かったみたいな。

未来さんは怒ったら、態度に出るのが怖いです。

,布団に入れてくれません


△修辰韻覆ぐ靴い鬚気譴泙


響の不安そうな表情が実にそそりま・・・じゃなくて、可愛そうです。この“私、どうしたらいいのかな?”感がたまりません。普段から未来さんに依存している分、突っぱねられた時の精神的ダメージが半端ないようです。

ノイズの出現のせいで、未来さんとの“一緒に流れ星を見に行く”という約束がダメになってしまった時の響の様子を思い出してみましょう。響はその時“見たかった!!見たかった!!未来と一緒に流れ星見たかったゥアアアアアアア!!”と叫びながら大暴走してノイズをデストロィしてました。

ノイズの出現・人類危機<<<(越えられない壁)<<<未来さんとの夜デート。
・・・はい、響もかなり393を愛しまくっているようです。。

その後、自分の想いをさらけだした二人は、色々あって遂に和解。ガッチリと熱い抱擁を交わします。


その後、改めて二人で星を見に行き、満ち足りた、幸せそうな笑顔を浮かべるのでありました・・・。


え?そのあと??そのあとは、まあこんなこともありましたけど・・・。


こんなのはシンフォギアならよくあること!!まあ、こんな風に未来さんを心配させたつけが、2期の響に降り注いでくる訳で・・・。そうして、ひびみくはさらなる試練を乗り越え、百合夫婦指数の爆上げを図るのでありますよ!!

という訳で、興味を持たれた方は是非ともご視聴してみたら如何でしょうか!?

戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray]


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51929750
この記事へのコメント
二人で星を見に行ったのは墓参りの後だったはずですよ。
普通に作品を見てたら間違えないはずです。
うる覚えの知識で記事を書いた上、
よくあることだと言って作品に責任を押し付けないでください。
Posted by 774 at 2014年04月14日 16:51
ご指摘どうもありがとうございました。
Posted by ろむろむ at 2014年04月14日 17:49