2013年10月13日

ユミルとクリスタの百合っぷりに妄想が追いつかない件

人気漫画“進撃の巨人”の登場キャラである少女二人、ユミルクリスタが、ここ最近の本誌連載分において、ものすごい信頼とか絆(とかフラグ)を積み上げまくっていて、もう毎月大興奮状態なんですけど・・・だれか助けて・・。

ほんまユミクリさんは、キマシタワー一級建築士やでえ(何。

こないだやってたローソンのキャンペーンのやつもほいほい釣られましたよ。買うつもりはなかったんですが、このファイルの右下に・・・。



こんなユミクリがいたので、まあ致し方なく・・・。



で、まあ最近の本誌展開中のユミクリなんですけど。

【*注意*以下、百合妄想分多し】

相変わらず、クリスタ至上主義なユミルは、自分の命含む他のあらゆるものを天秤にかけて、クリスタが幸せに生きられる方法だけを考えて行動しています。その為だったら、悲壮な顔でクリスタに嘘を吹き込むことだって厭いません。

ユミルを助けるために戦いに赴いたクリスタは、そんなユミルの謎の行動に戸惑いますが、その上で、“言ったでしょ、ユミル。何があっても、私はあなたの味方だって!”というユミルを丸ごと受け入れる、なんせ俺の嫁ですから宣言を発動。


この時のユミルの縋り付くような表情最高でしたですよ。

そんなユミクリいちゃいちゃはさておき、現状余裕ゼロのミカサは、ユミルを潰そうと襲い掛かりますが、クリスタがユミルを庇おうとし、イラッときたミカサがクリスタに刃を向けて脅したところ、ユミルさんは瞬間ブチ切れます。

しかし、戦闘民族ミカサと戦ったらマジヤバなことを認識しているクリスタが、ユミルの頭を抱え込んで(?)ユミルを必死でなだめ、ユミルはピタッと動きを止めます。見事な忠犬っぷりです。


まあこのあたりの、ユミクリの庇い合いもたまりませんでしたね。。お互いの命が最優先!っていう、必死感がパネエ。戦闘民族もそんな二人に呆れて、途中から放置してましたし・・・。

さて、ユミルの嘘を真に受けて、混乱していたクリスタですが、コニーの助言によってユミルが嘘をついていたことに気づきます。


二人のすれ違う気持ちを繋げたコニーは、この功績によって百合男子に昇格です(待。ってか、ユミルの行動原理を完全に見抜いているのがスゴイすわー。

それから色々あって、相変わらずユミルは、刻々と移り変わる現状を分析しながら、クリスタの幸せのための計算を張り巡らすわけなのですが、対してクリスタ自身は、ユミルとなんか想いが通じ合ってるし私一人ぼっちじゃないしもう何も怖くないイイイイって感じで、百合バーサク状態になっていました。


ユミルのおかげで成長しまくり、百合的にも伸びまくりのクリスタさんカッケ―!!この調子で巨人も殺しまくりです。

ユミルが傍にいれば、もうなにも怖くない・・・ということに気づき、“人の為に生きるのはやめて、これからは自分達の為に生きていこうよ!”と、ユミルに提案するクリスタですが、真の最善手に気付いたユミルは、やっぱり“これからも自分はクリスタの為に生きる”ことを決めてしまいます。


クリスタの頭を優しくなで、最後にひとこと謝罪の言葉を告げて、ユミルはクリスタの前から、今度は自分の意志で去っていくのでありました・・・。

な・・・なんやてえええええ!!!!
おいおいおい、またユミクリ別離しちまったよおおおお!!しかし今月号ほんとすごいユミクリやったわああああ!!!いやいやいや、これでしばらくこの二人の絡み見られなくなりそうおおおお。そしてユミルが死にそうおおおおわああああ!!!

怒涛の百合展開に言葉も出ないのですが、今後もこのふたりの百合から目が離せないですNE!!

別冊 少年マガジン 2013年 11月号 [雑誌]


<関連記事>
★進撃の巨人で百合妄想爆発⇒此処

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51929686