2013年04月06日

この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その弐〜

よっしゃあああー!!今回もろむろむの個人的殿堂入り百合漫画をキモ熱く紹介してみますわよ!!

『ガールフレンズ』森永みるく(アクションコミックス)

百合漫画の金字塔とも呼ぶべき名作です。百合初心者は、まずこれを読んで百合ポテンシャルを鍛えるべき(何。ちょっとした同級生的仲良しから始まった友情が、未来を見据えるほどの真剣な恋愛にまで昇華されていく様子が、軽快なタッチで鮮やかに描かれていて、軽く読んでるだけでも胸キュン連続大爆発で正気を失いそうになります。
主人公・まりから一途に向けられていた恋愛感情に気づいた親友・あっこが、最初は戸惑いつつも、そこからまりを特別に意識するようになって、どんどん惹かれていくんですけど、そこらへんのスレ違い含めた一連の流れが、もう最高に焦らしまくってくれるんですよね。。そして、焦らされまくった後には、神がかったラブラブ両想いシーンがこれでもかという程に堪能できるというご褒美が待っているのです・・・。

森永先生は、ちょっとした仕草の描写や表情の変化に最高の萌えを叩き込んでくるんですけど、たとえば“ちょっとしたことでヤキモチを焼いて、あっこの背中をソッと抱きしめるマリ”とか、もう萌えすぎて死ぬかと思いました。ただ、むやみに甘いだけではなく、ちょっと苦い部分やもどかしいエピソードも入っていて、最後までまったく飽きずに読めると思います。そして読めば読むほど、まりとあっこの可愛さに精神がジワジワやられていくんですよね。。本当に大好きな作品です。



『ささめきこと』いけだたかし(MFコミックス)

“可愛い女の子が大好きな親友・風間”を好きになってしまった、あんまり可愛くない主人公・村雨純夏の恋と青春と成長の物語。
風間は女の子しか好きになれない人間で、その性別のハードルはクリアしているのに、風間の目には純夏は“親友”にしか映らないというこのジレンマから物語がスタートするのですが、やー、この掴みはほんとに凄かったと思います。1話のラストで純夏が“私の恋は孤島の花、咲いて実りのあるじゃなし”と心の中で呟いて涙するシーンがあって、もうこれを見た瞬間、何としても続きが読みてエエエエエエエエっと、悶絶しました。

基本的には個性的でちょっと変わった友達キャラが色々出てくギャグベース時々シリアス有りな青春漫画で、中盤若干中だるみもするんですが、大テーマである純夏の恋の行方が物語の軸という事が、どの巻でも一切ブレなかったのが良かったですね。
基本的にはゆったり日常系〜って感じなんですけど、たまにすごい迫力のある表現を仕掛けてくるのがあなどれません。純夏の想いに気付かない風間が、自分とギクシャクする純夏を見て、モヤモヤを募らせて“どうして私の傍にいてくれないの!?!”と、自分の部屋で滅茶苦茶に暴れるシーンとか、めっちゃ好きなんですけど・・・私・・。風間にとっての純夏は、もはや親友以上の存在になっていたんだなああ〜と、強く思わされた場面だったと思います。その後も、純夏と風間の前には色んな困難がドカドカ出てくるんですけど、周囲の助けを受けつつ、それをゆっくり乗り越えて成長していく二人がすんごくいい感じに見えてくるんですよね〜。。百合満開な告白シーンや、ラストの熱い〆っぷりも申し分なしで、大満足だったです。



*『青い花』志村貴子(エフコミック)

子供の頃に引っ越した幼馴染との偶然の再開から始まる少女たちの青春物語。
主人公・あーちゃんと、その幼馴染・ふみちゃんのラブの話がここから始まるんだな・・・という安易な予想は物凄い勢いで裏切られます。
1巻時点のふみちゃんにとってのあーちゃんは“大切な友達”を超えるものではなく、それよりもボーイッシュな先輩に本気の恋をして、あーちゃんに相談するような始末だったりします。あーちゃんは、ふみちゃんがそういう指向を持っていることを知った上で受け入れ、ごく自然にふみちゃんを励ましたり、元気づけたりする友達であり続けます。その先輩との恋が終わってから、やっと二人がお互いを少しずつ意識するようになり、二人の恋がようやくゆっくりと幕を開けていく訳で・・・(*ここまで連載1年以上)
まったく、爽やかな作風に似合わず、焦らしプレイは超一流ですよ(待。アニメは、ふみちゃんと先輩の恋の終わりで〆られてたんですけど、ちょっと待て大事なのはここからやろ!!ここからァアア!!・・・と、一人で悶絶してました。

まあ、そんな感じで、登場人物や周りのキャラの心情描写はめっちゃ丁寧ですし、鎌倉というステキな舞台で繰り広げられる青春のあれやこれやは、眺めているだけでも楽しいです。現時点(2013.4)でも、絶賛連載中であり、最新刊ではふみちゃんにトキメくけど、まだ自分の気持ちを把握し切れてないあーちゃんが、ふみちゃんと距離を置こうとして、ふみちゃんマジ落涙な状況になってて、オイオイこの先どうなっちゃうんよおおお!!という感じなんですけど、百合的にまったく心配はしておりません。先の読めない二人の恋愛を私たちもゆったり堪能しようではないですか!!



*『オクターブ』秋山はる(アフタヌーンKC)

元・売れないアイドルで、鬱屈した日々を送る主人公・雪乃と、駆け出し作曲家・節子の、胸にザクザク来る感じの恋愛物語。
不器用な二人の不器用な恋愛・・・というか、むしろ“擦れ違い→ぶつかり合い→歩み寄り→ラブ→擦れ違い・・・”という展開の波状攻撃を楽しめる、百合中級者向けの作品かと思います。
たとえ好きな人でも、お互いの心をわかりあうことは簡単な事ではない。相手のことを想うがゆえに行ったことが、予期せぬ形で相手を傷つけることになってしまう・・・という、そういう人間誰しもが抱えるような“痛み”を、いかにしてやり過ごしたり、乗り越えていくかが物語の焦点になっているような気がします。息するような自然さで、身体を交わしている描写がちょいちょい入ってくるのですが、あんまやらしい感じはないですね。というか、これもまた二人のありふれた日常って感じでイイんですよね。

序盤で、節子が雪乃を思いやって言った言葉を“節子さんにとっては自分なんてどーでもいいんだ!”と解釈して傷ついた雪乃が、ヤケクソになって顔見知り程度の男に抱かれてしまい、それを知った節子“そんなつもりで言ったんじゃないよ!!”大号泣している様子を見て、ようやく自分が節子にとって特別な存在であると理解するシーンがあるんですが、このエピソードとか、ほんとに忘れられないぐらいパンチが効いてますよ・・・。最初はクールな雰囲気で、雪乃をリードして翻弄する側だった節子が、どんどん雪乃を好きになって心の支えにしていくのも熱いです。
読んでて心削られる部分も多いですが、ちょっと心弱くてウジウジタイプだった雪乃が、節子と対等に向き合って、二人で前に進んでいけるようになる、成長物語の要素も入っていたりして、そういうところも楽しんで読めるんじゃないかなーと思います。



【関連】
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その壱〜
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その弐〜
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その参〜
★この百合マンガがすごい!〜個性派百合漫画編〜
★この百合マンガがすごい! 〜4コマ百合漫画編〜〜
★この百合マンガがすごい! 〜2012年管理人悶絶ベストオブおすすめ百合漫画〜
★この百合マンガがすごい! 〜2013年管理人悶絶ベストオブおすすめ百合漫画〜★この百合小説がすごい!〜百合小説読書マラソン〜
★この百合マンガがすごい!〜ギャグ百合ストーリー漫画編〜
★驚異の百合妄想シリーズ

トップページに戻る

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51911798