2013年02月26日

この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その壱〜

百合マンガもまだまだ発展途上とはいえ、一昔前に比べて信じられないぐらい刊行されるようになってきましたね。すんばらしい・・・・実にすんばらしい事です・・・。

私も一昔前は“お布施や、これはお布施や!!ワイが買わんかったら誰が買うんやこの本は!!ワイが買うて次に繋げんとあかんのや!!”ってな感じで、謎の使命感を持ちながら、微百合だろうが何だろうが、あらゆる百合漫画を躍起になって買い集めてました。。しかし、最近は数が増えてきたこともあって、そこそこ気に入った本や気になる本を“選んで買う”というステージに上がることができました。“選ぶ”なんて、なんて贅沢なことなんだろう!ありがとう百合文化!百合雑誌!百合編集者!百合漫画家さん!百合作家さん!百合に寛容なJAPAN(何)!!

・・・まあ、そんなこんなで最近百合に目覚めた人・目覚めつつある人も徐々に増えてきたと思いますので、今回は、百合を養分にして生きてる管理人こと、ろむろむが、猛烈な回数読み倒してきた百合漫画を紹介してみたいと思いまする。

かつて、どこかの百合伝道師は私に言いました。



まー、あくまで私がドッカンドッカンきた作品って感じなので、適当に参考にしてみてくらはい。

*『かわいいあなた』作:乙ひより(百合姫コミックス)
日常のさりげない場面から生まれた、そよ風のような小さな“きっかけ”が、ふと気づけばハリケーン級の“百合”に変化していた件。これですよ・・・これなんですよ!!

おっ、ここで気持ちがゆらめいたんだな・・・と、ごく自然に読者に悟らせるような恋愛描写の上手さといったら、乙先生は群を抜いてますことよ。短編6編が収録されてますが、特に押せ押せな美少女にアタックされまくって戸惑っていたら、いつの間にか恋に落とされてしまう女子大生のお話“maple love”が、私は一等好きですね〜。田舎の自転車通学高校生のじれったいけどスゲー純情なお話“星空サイクリング”とかもチョーかわいくて、なんか心が洗われましたわ。



*『エビスさんとホテイさん』 作:きづきあきら サトウナンキ(つぼみシリーズ)
リアリティの伴うOL百合物語。なんか常に必死感が漂う主人公のホテイさんと、クールなのに不器用なキャリアウーマン・エビスさんのキャラ設定が良いんですよね。
とりあえず、常に流されがちだった主人公が、震える拳をにぎりしめて、ドカンと一発決めた告白シーンのインパクトが凄過ぎます(てゆーか、もはやプロポーズ)。お話の作りがかなりしっかりしてるせいか、主人公たちの言葉や行動がすごく真に迫ってて、なんかすごい説得力のある百合を至る所で垣間見れます。

本編に派手な百合描写はあんまりないんですけど、描き下ろし漫画の小さな一コマに、二人のラブラブっぷりは明白なものになっている証拠があるのでご安心ください(?)。ええ、あのソファーの上で、エビスさんがホテイさんの髪を触って二人でクスクス笑い合ってるシーンですよ。あれは、なんかほんとにグッときました。



*『少女薄命 猫目堂ココロ譚 』 東雲 水生(百合姫コミックス)
猫目堂シリーズは3冊とも全部すんごおおおおく好きで、3冊に優劣をつけられないほど、どれも素晴らしいです。真っ直ぐな恋愛物語はもちろんのこと、SFチックなものや、ややダークな後味のものもあったりして、とにかく飽きません。登場人物が総じて可愛いのも熱いですわー。

少女少女薄命に収録の第六話“縛る赤”は、年上のお姉さんに子供の頃から焦がれていた少女が、葛藤の末、遂にお姉さんの心を優しく狡猾に縛り付けることに成功する・・・という、お話なんですが、これがものすんごくツボに入りました。お姉さんを見つめる少女の酷薄なのに熱っぽい瞳がたまらん!!描き下ろしページでその後の二人が書かれていて、更に大☆興☆奮させていただきました。第七話の“ステラ・マリス”の、主人公の絶望描写もかなり痺れましたです。



*『いばらの泪』作:リカチ(百合姫コミックス)
“空色ガールフレンド”という作品のスピンオフで、空色〜の主人公に木端微塵にフラれた少女・真希のその後の生き方が綴られています。空色〜において、わずか5ページでフラれてその後1ページも出てこなかった真希が、超不憫だったんですけど、その後の大学生活でやっと・・・やっと幸せになれましたぞよおおおお!!

このいばらの泪においても、真希の突き落とされっぷりは相変わらずなかなかのモンでしたが、そんな真希を心から大切に想って常に見守り続けてくれた親友・りりあが、彼女を丸ごと救い上げて下さいました。主人公がりりあの大切さに気付いた瞬間、各シーンの心情描写で象徴的に描かれていた“鋭い茨のツタ”に、一斉に薔薇が咲くという場面が現れるんですけど、この表現とか何気に凄くて、なんか謎の感動がありました。。“空色〜”も、この本と同じぐらい好きなんですけど、主人公たちはこっちのほうが好感が持てるような人が多いかもです。私は、空色〜の小悪魔ヒロイン・樹里も、かなーり好きですけどね。



*『純水アドレッセンス』作:かずまこを(百合姫コミックス)
保健医と女子高生の純愛。ド直球の百合純愛がピュア眩しすぎて、3回ぐらい浄化されました。素直に自分の想いをはばからず伝える主人公・ななおを、大人の余裕を見せて対応していた保険医の松本だったが、気づけば松本の方がイッパイイッパイになって弱さを見せたりしてしまうという、この逆転現象が実にイイんですわー。

ラスト近くの告白シーンの直球ぶりもマジで勢い有りすぎて、読んでて軽く吹き飛びました。ななおに密かに恋をしていた友人の告白する前に終わってしまった失恋のお話も良かった。描き下ろしは、最初暗い話にするつもりだったらしいですが、編集者さんの推しでイチャラブになったみたいです。編集者さんGJGJ!!これでラストに暗い話に叩き込まれたら、なんか三日ぐらい寝込みそうになります。清涼飲料水のように渇きを潤してくれる、そんな百合マンガれす。



【関連】
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その壱〜
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その弐〜
★この百合マンガがすごい! 〜私的殿堂入り級おすすめ百合漫画その参〜
★この百合マンガがすごい!〜個性派百合漫画編〜
★この百合マンガがすごい! 〜4コマ百合漫画編〜〜
★この百合マンガがすごい! 〜2012年管理人悶絶ベストオブおすすめ百合漫画〜
★この百合マンガがすごい! 〜2013年管理人悶絶ベストオブおすすめ百合漫画〜★この百合小説がすごい!〜百合小説読書マラソン〜
★この百合マンガがすごい!〜ギャグ百合ストーリー漫画編〜
★驚異の百合妄想シリーズ

トップページに戻る

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51908067