2012年10月13日

2012年神無月の巫女独り祭り

・・・ちょっと待て!!

芸術の秋も結構やが・・・・よう考えたら、今月は神無月やないか!!

神無月と言えば、神無月の巫女やろFA!!

ということで、当ブログ開設当初から、しつこいぐらい神無月の巫女についての話を繰り返してきたろむろむですが、テレビ放映から8年経っても一向に熱が冷める気配がございません。

最近DVDまた見返したんですけど、最終話の神っぷりにまたズドーンとやられました。もう何十回目にかなる目が釘づけ状態ですよ。神無月の巫女(特にアニメ版)は私にとって、永久不滅の神百合作品であることをまた確認してしまいました。姫千歌さいこう!!

今回は、2012年神無月の巫女祭りといこうやないですか。(注)星光陽月さんのところの『神無月の巫女感謝祭2012』に完全に影響されてます。星光陽月さんのところの神無月レビューはマジ深くて凄いですぞ〜。日本神話にまで食らいつく管理人さんのガッツに私の夢も無限大です(何。

・・・ってか、8年って・・・。

『百合は好きだけど、神無月の巫女という作品の存在はまったく知らないよ』という人が、着実に増えてくるだけの年数は経ってる気がしますね。。ヒーン。。

では、そういう人たちの為に神無月の巫女という作品のポイントを簡潔にお教えいたしましょう!!

.疋好肇薀ぅな純粋百合作品です


⊆膺邑の姫子と千歌音ちゃんが健気&可憐&高潔&一途で、キャラ的に激しく萌えます


F常の繊細な百合エピソードが積み重なって伏線となり、最終的に激しく燃え上がるような百合展開に繋がっていきます


ず能話ラストのエピローグで、全私が泣きながらガッツポーズしました


テ本神話をベースにした興味深い世界観(ただし超解釈SF入り)です


Φ霏腑蹈椒奪箸伴膺邑に想いを寄せる美少年が出てきますが、カレーにおけるラッキョ的な存在です
(例)『姫子は渡さない!』とロボ&ソウマが叫んでる横で、堂々と行われるファーストキス(しかも第一話)


Д▲縫瓩糧麗なキャラデザがたまりません。遠目で作画が怪しくても、アップになると美しく持ち直します。


・・・まあ大体こんな感じでしょうかね。多分間違ってないはず・・・。でもこんな紹介じゃ全然神無月の巫女の魅力は伝えられねっすよ!!

みんなTUTAYAでもゲオでもamazonでもなんでもいいから、どうにかして見てください。12話ぐらい軽い軽い!!あと、1話で見切らないで下さい!

1話は『宮様・・・宮様ですわ!』→『ごきげんよう皆さん』→唐突にロボット復活→阿鼻叫喚→百合キスという、文字にすると更に収拾がつかない流れの話なんですが、まあ落ち着いて2話まで行って下さい。2話までいけば、12話まで、まばたき程度の体感時間で行けますんで(何。

とにかく毎回毎回『ちょっ・・・じ、次回はどうなっちゃうのこれえええ!??』という驚異的な幕引きでEDのagonyになだれこんでいく・・・ってのが特徴で、次回が死ぬほど気になるアニメでしたねえ。

多分この時代にニコニコとかがあったら、実況が大盛り上がりしてたんじゃないかなあ。

とまあ、そんなエンターテイメント性を備えたストーリーでありつつ、一本筋の通った“少女同士の恋愛”というテーマを、最終回までブレることなく貫き通したその姿勢に、私は今でも惹かれ続けているのかも
しれませんねえ。。ほんま百合アニメの金字塔を打ち立ててくれた作品だと思います。

しかしこのアニメ、あまりに美しく終わってしまったせいか、正当な続編アニメは作られて無いです。違う作品にスピンオフっぽく姫子と千歌音ちゃんが出ている例はあるんですけどね〜。うーん、残念なような・・・それはそれで嬉しいような。。

┘好團鵐フの千歌音ちゃんは美形度が更に上がってる気が・・・


ちなみに漫画版神無月の巫女の続編は、少し前まで連載されていた狎簑仂女聖域アムネシアン”という漫画が(少し違う並行世界で)引き継いでいました。

アムネシアンという作品は、姫子と千歌音ちゃんの魂を苦しめ続けた“神様のルール”をいかにしてひっくり返していくかをみせた漫画ですので、ややクセの強い漫画ですが、気になる方はチェックしてみて欲しいですね。アムネシアンに関するあらすじや突っ込み等は、当ブログが渾身のレビューを書き倒しているのでそちらもよろしくお願いします。

ってな感じで、神無月の巫女に少しは興味を持っていただいたでしょうか???

10月、この神無月の季節にぜひ鑑賞していただきたいアニメでございます☆




☆神無月の巫女に関するレビュー一覧⇒此処

☆絶対少女聖域アムネシアンに関するレビュー一覧⇒此処

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51893077
この記事へのコメント
こんばんはー。おひさしぶりです!

もう、10月は神無月に限りますね。
にしても、めちゃくちゃうまく端的にまとめあげた
レビューですね!ものすごく感心しました。

つか、充分神無月の巫女のよさが伝わってきます。


スピンオフの千歌音ちゃんにくだり、笑っちゃいましたw
うん、確かにそうです。
ま、でもカオンちゃんは、このお話では本当に剣の化身
なので、このくらいの鋭さは表現として必要だったのかなと。

今後も素晴らしいレビュー期待しております^^

あ、実はまだわたしREセラピーの方は開封もしてないので、
そのうちプレイしたいとこちらさまのサイトをみさせて
もらって思いました。

さて、今日のマミさんはいかがでしたでしょうか?w
私は個人的にダントツシャルロッテちゃんが好きなのですが。

次点で杏子かなぁ。中の人野中藍ちゃんだしw
とにかく、新作となる完結編は見に行くつもりです。では。
Posted by なのなの at 2012年10月13日 21:44
どもども!!おひさです!

新規視聴者に勧めるための神無月レビューに挑戦してみようと思い立って、今回の記事を書いてみました。なのなのさんに、うまくまとまってるように感じてもらえたなら、一安心でございますわ〜!!

今回の為に、またDVDをハアハア言いながら鑑賞してみた甲斐があったってもんです。

京四郎はほんと、カオンちゃんの為だけにあるアニメだったんだなと再確認しました(爆。いや、ほんと剣の化身・・・強いわ美形だわ一途だわで、マジカッコよすぎだと思いました。

白衣性恋愛症候群は、久々にドはまりした作品でしたね。。

ブログを読んでいただいたらわかると思うんですが、完全に正気を失ってしまうくらいハマりました。前作はPSPを持ってなかったので見逃してたんですが、リセラピーはパソコン版が出たので勢い込んで買ったのですが、大正解でしたね。

またお暇なときにでも、ぜひプレイしていただきたいです。

マミサンは劇場でも輝ける良き先輩っぷりでした。散りっぷりも・・・。前半と後半を連続で見たせいか、劇場鑑賞後に38度を出して寝込んでしまいました(今も・・・。

シャルロッテちゃんはマミファンにとっては永遠の怨敵ですが、確かに可愛いですよね。魔法少女だったときはいったいどんなんだったのか、気になる・・・すごく気になる・・。

杏子は、自爆シーンの新規カットがモリモリ追加されてましたよ!新作マジ楽しみですな〜。

ではでは!
Posted by ろむろむ at 2012年10月14日 16:46