2012年10月02日

白衣性恋愛症候群のファンブック『ホワイトマテリアル』を激しくレビュー

ホワイトマテリアルウウゥゥ!!ほ、ほーっ、ホアアーッ!! ホアーッ!!

ということで、ようやくアマゾンさんから白衣性恋愛症候群のファンブック『ホワイトマテリアル』が届きました。ああ、長かった・・・この時をどれほど待ったことでしょう・・・。

表紙からして、すんごくええですよねええ。かおりんを蕩けた表情で見つめる主任さんのイラストが最強に萌えます。優しく包み込むような手とか・・・もう・・・ね・・。



それでは早速、いただきますううう!!

・・・・・・。

・・・・・・・こ、これはッ。

一ページずつ噛みしめるように読みましたが、なんかもう紙面から爆発する百合ん百合んな世界に、わたくし早々にヘブン状態入りましたわ。読んでる間、謎の幸福感に包まれ、大変フワフワした気持ちになりました。

だってねえ“おおおお、このイラストをじっくり見たかったんやあああ!!”というイラストがたっくさん掲載されているんですよ〜!

私、白恋にハマったのがリセラピーをやってから・・・という完全ヒヨっこファンなので、初期のイラストとかを見ることが出来て更に嬉しいんでございます。なぎさ先輩とかおりんが水着やセーラー服着てイチャイチャしてる絵とか、まったく見たこともないものもあって超テンション上がりました。



ゲームのイベントCGも完全網羅ですので、ページの至る所でかおりんが抱きしめられたりキスされまくっております。

さて、ホワマテを読んでいて、

『白恋世界の日本における、同性同士の結婚は、蛇口ひねったら水が出たぐらいのレベルのごく普通の出来事』

ということが確定したわけですが、はい。本当に素晴らしい百合トピアJAPANでございますね。ホワマテ収録の描き下ろしSSで、数年後のクラリスちゃんとこはくちゃんが、家族公認の百合カップルとして堂々としているのも大いに納得できます。

というか、そういう神設定のもと、各ルートに百合ウエディングシーンが入る構想もあったのだとか。。うはー、それはほんとに見たかったなあ〜。もしあったら、主任さんのエロスを隠しきれない清楚なドレスとか、山之内さんのタキシードとかが拝めたかもしれないっすよね(妄想・・・)。



あと、かおりんの妹のことも言及されてましたね。

予想通りお姉ちゃん大好きっ子ということが判明した妹氏は、将来ウッカリ者の姉が医療事故で裁判沙汰になる可能性(爆)を見越して、法律家の道を選んで勉強中という・・・ええええええええ!!!すげえええ!!姉への愛はんぱなさすぎやろ!

いやー、かおりんは、実の妹でも構わずホイホイ吸い寄せてしまう魔性の女だったんですねえ。しかし、妹が姉の為に猛勉強してる間にも、姉は魅力的な女性たちに次々と誘い受けパワーを発動させてはウハウハしてるということですよね。妹ちゃんマジカワイソス。

そして山之内さんのページの小ネタでは、なんと私も一瞬妄想した、かおりんと山之内さんでコミケを目指す展開がマジで構想されていたという事実が判明いたしました。うわあああああ!!これ見たかったなあ〜!美人同人作家でモテモテの山之内さんに、嫉妬かおりんとか美味しいです。白恋コミックパーティって感じで、一本ゲームが作れるんじゃないでしょうか(それ違うゲーム・・・)。



あと、病みまくり屋上ダイブ先輩についての記述が異様にたくさんあったのんですが、何故・・・。

確かになぎさルートに入ると、絶対病みルートを通らないとハッピーエンドに到達しないという鬼仕様は気になってましたが、どうやらこれは制作者の病みなぎさ監禁先輩への強い思い入れがあってこその展開だったみたいですね。

確かに病みがあったからこそ、それを乗り越えた後のラブラブカタルシスが光ってきますけど・・・。沢井への一途な愛ゆえとはいえ、なぎさ先輩と病み展開は切っても切れないものなんですかねえ。

とか思ってたら、巻末の描き下ろしSSで、なぎさ先輩の視線で進んでいくなぎさ先輩ルートのお話が入ってました!!

歪んだ愛とストレスでぶっ壊れたなぎさ先輩の異常な愛情がよくわかるスリリングなSSになってましたわ。
あの名シーン(?)『廊下で沢井を罵倒中に、沢井に押し倒されてキスされる→ビンタ』なぎさ視点が読めたのが凄く嬉しかったです(ええー。

*なぎさ先輩がキレてたので、とりあえず口を塞いでみたらビンタされましたの図



“ずっと夢に見ていた沢井とのキス。本当は、好きよ、と言いながら、甘い雰囲気の中、優しいくちづけを交わしたかった。だからこそ許せなかった。(中略)こんなキスがしたかったわけじゃない!甘くて、愛おしいキスがしたかったのに!こんなキスなんて、キスじゃない!!”

なぎさ先輩が、沢井とのキスにそこまでの夢とこだわりをもっていたとは・・・。頭がバグってても、キスに関しては一点の妥協も許さないなぎさ先輩はさすがだなと思いました。

という感じで、どうでしたでしょうか?ホワイトマテリアルの魅力をお伝えすることがちゃんと出来たのかすごく不安なんですが、とにかく、ものすごく丁寧な作られたファンブックって感じでしたので、白恋ファンとしてはマジ大満足なマストアイテムになりました。イラスト、情報、裏話、SSまで付いてきて、もうホント言うことないですね。

是非とも、手に入れてもらってウハウハしてほしいとおもいます!!




<『白衣性恋愛症候群RE:Therapy(リセラピー)』各ルート妄想感想ほか>
白衣性恋愛症候群RE:Therapy(リセラピー)が凄すぎる件〜はつみさんルート〜
白衣性恋愛症候群RE:Therapy(リセラピー)が凄すぎる件〜なぎさ先輩ルート〜
白衣性恋愛症候群RE:Therapy(リセラピー)が凄すぎる件〜堺さゆりルート〜
『白衣性恋愛症候群 Summary(サマリー)小説短編集』を熟読す
白衣性恋愛症候群情報を得て、妄想燃料色々

白衣性恋愛症候群RE:Therapy(リセラピー)が凄すぎる件〜山之内さんルート〜
白衣性恋愛症候群のファンブック『ホワイトマテリアル』を激しくレビュー

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51891504