2012年09月06日

迷った時にはこのアニソンを手に取れ!!〜おすすめ女性アニソン歌手アルバム編〜

アニソン聞きたいし、借りたい&買いたいけど、どれを選べばいいかわかんねー・・・ってことありませんか?

または、レンタルショップの前まで来て、途方に暮れて、とりあえず適当にアルバム借りて失敗・・・ってことはありませんか?『いいなー』と心から思える曲に出会うことって、ほんとに難しいと思います。

特にアニソンとかは、日常生活で耳にすることがほとんどない分、自分から能動的に聞きに行くぐらいの気合がないと、たとえ良い曲でも狢減漾狠里襦ことすらできませんからね。YOUTUBEとかでもレコード会社によっては完全に消されているのもありますし(売る気あるんか)。

という訳で今回は、アニソンの知識は並よりやや上程度のわたくしが選んだ猯俵福μ抄覆里弔泙辰織▲縫愁鷁亮蠅離▲襯丱燹匹鮠匆陲靴討澆茲Δなーと思います。

☆石川智晶  『僕はまだ何も知らない。』

アニメ“ぼくらの”のOP・ED等が収録されたアルバム。1曲目の“Vermillion”で完全に心奪われます。
シムーンの主題歌“美しければそれでいい”のフルリミックスバージョンも収録されており、曲の壮大さが大幅アップしているのも嬉しいです。“涙”で石川さんの透き通る声を堪能した後は、8曲目の“house”で、激しく打ちのめされて欲しい。“house”の切ない雰囲気が好きすぎてヤバいですわ。。





☆ALI PROJECT 『COLLECTION SIMPLE PLUS』

アリプロって気になるけど、どーなのかなーという人は、まずこのアルバムを聞くだけで、完全にアリプロ知ったかファンになれます。

“COLLECTION SIMPLE PLUS”には、アニメ“NOIR”でおなじみの“コッペリアの柩”“赤と黒”や、謎アニメ“AVENGER”の主題歌である“月蝕グランギニョル”“未來のイヴ”などが詰めに詰め込まれており、もうこれだけで悶絶級ですわよ。NOIRの名曲とか今聞いてもたまんないです。12曲目の“地獄の季節”はペールギュントのクラシック曲 を下敷きにしてるんですけど、これもめちゃめちゃカッコ良くて痺れます。“亡國覚醒カタルシス”のオーケストラバージョンも超壮大で聞きごたえありまくりなので是非。




☆飛蘭 『Polaris』

ファーストアルバムにして、既に完成されてしまった感がありますね。
アニメ“CANAAN”のOP主題歌“mind as Judgment”などの有名曲も収録。リズミカルな疾走感と、華やかで派手な声がマッチした曲多数です。アニメ“喰霊”の企画アルバムに収録されていた“Distance point”などの、クールでカッコいい系の曲が多いのも嬉しいですわ。バラードなら“泡沫の小鳥達”が突き抜けてるんで、必聴だと思われまする。ドラマチックな歌声がたまらんです。




☆妖精帝國 『gothic lolita agitator』

07年のアルバム“GOTHIC LOLITA PROPAGANDA”も凄く良かったんで迷ったんですが、このアルバムは更に新しいステージに突き進みまくってる勢いが感じられる、妖精帝国らしいアルバムなので、あえてこちらをお勧めしたいと思います。

持ち味だった甘い雰囲気の声を排除したっぽいアニメ“聖痕のクェイサー”の主題歌“Baptize”が予想外に魂にキまして、わたくし感動しました。同系統の“keep existing”も聞きまくりましたね。まあ一曲目の“Asgard”が物凄い中毒性で危険ですね。謎言語に彩られたコーラス(2:26〜)とか、なんかの魔術が発動してるんかって感じで超最高です。アビスアビスアリルレシスイビルレビル♪(←聞き取り不能。でもハマる!)




☆彩音 『Lyricallya Candles』

彩音さんって、嘆きの森とかLunatic Tears...とか、シングルで凄い力を発揮する人だなって気がしてます。ので、アルバムでどれがおススメか凄い難しいんですけど、バラエティに富んだ楽曲を堪能できるという点からみると、この3rdアルバムがいいかもです。
“Shining gate”のメロディアスな流れとか、それとは真逆のアニメ“11eyes”主題歌“Arrival of Tears”の熱い曲展開とか、各曲ごとに特色が色々あるのが楽しいです。個人的には“Drive on dragoon”とかが好きですね〜。彩音さんの表現力の幅広さを見せ付けられます。




☆美郷あき 『Sincerely』

初めて手に取るならば、間違いなくこのアルバム。アニメタイアップ曲が多数収録で安心感があります。
“明日をとめないで”や“ふたりが忘れない”の完成度の高さは今でも色褪せませんな。ただ、シングルを買ってた人には少々物足りない感はあるかもです。あと、舞HIME信者だったろむろむの個人的神曲であるゲーム“舞―HIME”EDソングの“Silent wing”は、何が何でも聞いてほしい曲でございます。




☆KOTOKO『硝子の靡風』

全力全開のKOTOKOを味わいたいなら、やはりこのアルバムでしょうか。
アニメ“神無月の巫女”の主題歌が入ってることは差し引いても、“Wing My Way”のようなKOTOKOさんらしさを強く感じる曲など、聞きごたえのある曲も収録されていて、なかなか楽しめます。個人的には“Meconopsis”のような退廃的(?)な曲が超好みで、かなりの回数繰り返し聞いたような記憶があります。




★関連★
アニメソング綺譚レビュー総集編(再改定版)【1980年〜2011年】・・・ろむろむが書いてきたよくわからんアニソンレビューのもくじ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51888118