2011年11月27日

ちょこっとだけゲームソングレビュー

ゲームソングとかって、時々すごいカッコいい曲とかが混じってるから、なかなかあなどれないものですよね。たとえそれが、少々アレなゲームのものだとしても、知らずにいるのは、ちょっとばかし損だと思います。。まあ、ゲーソンとかほんとに量は多いわマイナーだわで、まったくついていけてないんですけど、それでもこいつぁマジでキタアアアア〜と、私の第六感が痺れたものを選んでみました。

『ココロノカタチ』歌・Rita 作詞・Rita 作・編曲 新井健史

和テイスト漂うメロディと、Ritaさんの力強くも切なげな歌声が、もう蝶サイコーなんですけど。。なんか1フレーズごとに、胸にズシッと響いてくる感じがします。何回聞いてもまったく飽きることがありません。なんか聞くたびに新しいイメージが湧いてくるような・・・。Ritaさんの和ロックはマジはんぱないですなあああ。


『深蒼』歌・今井麻美 作詞・赤尾でこ 作曲・石渡太輔

この圧倒的な歌唱力とハイテンションなコード進行の前では、歌詞の意味不明さなどは、些細な事象に過ぎないのであります。曲の展開っぷりの鮮やかさと、ドラマチックさに、もー完全骨抜きになりました。今井さんのエネルギー溢れまくり&パワフルな歌声がたまらんです。繰り返して聞くと、段々とこの謎歌詞がめちゃカッコよく聞こえてくるのも不思議です。



『深紅の呂旗-The ONE-』歌 kirina 作詞 ASUKA 作編曲 たくまる 

恋姫無双は、異様にいい曲が混じってるから困る。。まあ、ゲーム作品のキャラソンなので、今回無理やり入れてみました。ということで、これは呂布さんのキャラソンらしいんですが、正直言ってかなりの名曲すぎて惚れます。冷酷なまでに淡々と敵をなぎ倒せる自分自身の苦しみを歌ってるっぽい歌詞も、真に迫ってて聞き応えがあります。後半になるにつれて、音がドンドン増えていって激しさを増すのが、また違う印象を与えてくれてGJGJ。


『get the regret over』歌:片霧烈火 作詞:ふみゃ 作曲/編曲:Shade

有名曲だと思います。“幾千も幾万も ただ斬り結んできた 打ちつける白刃の海を越え”という歌詞のくだりに、いつも興奮します(何。いやー、でもこの曲の歌詞・・・どのフレーズもむちゃくちゃかっこよすぎて死ねるんですけど・・・。片霧さんの印象的で独特な声が、この歌詞の世界観を更に深めているような気がします。メロディも一度聞いたら頭に焼きつくというかなんというか・・・もう中毒性の高い作品ですね。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51837768