2010年05月19日

絶対少女聖域アムネシアン 第八話

(第八話)

姫子が千歌音ちゃんを押し倒している大ゴマが巻頭カラーってDONDAKE(何!?!

(*強制誘い受けを発動させる千歌音ちゃんの例)



まあ、相変わらず脳のネジが10本ぐらいブッ飛んでいる千歌音ちゃんが、無理やり誘い受けポーズで姫子に絡んでいるだけなんですけど・・・まあ、いつも通りです。今回の千歌音ちゃんは割りとギャグテイスト強めなのがポイントかもです。

さて、姫子の友達であるマユリちゃんは、どうやら恋の悩み(主にエロス系)を抱えているらしく、姫子と“アメリカンスタイルで経験豊富そうな”千歌音ちゃんに、その相談を持ちかけます。

『いいわね・・・少女が大人になる為に隠微な行為を教わろうとしている・・・』

姫子の友達は私の友達だと、タモリ理論を振りかざした千歌音ちゃんは、マユリちゃんの為にひと肌もふた肌も脱ぐ決意をします。

(*ひと肌ぬぐどころではない千歌音ちゃんの例)



千歌音ちゃんの無駄に過激なサービスショットの数々を見て、流石にそれは真似できそうにない・・・とガックリ来るマユリちゃんですが、『恋愛はエターナルなのだから!!』と、激しく言い切る千歌音ちゃんに説得(洗脳)されて、元気を取り戻します。その後色々あり、(主に千歌音ちゃんのせいで)マユリちゃんと彼氏の中は更にこじれてしまいます。気まずそうにモジモジする彼氏ですが、『少年・・・恋愛はエターナルよ』と、自信満々で言い切る千歌音ちゃんに説得(洗脳)されて、情熱を取り戻します。単純だなオイ!!

(*恋愛はエターナルな千歌音ちゃんの例)



結局、なんだかんだと仲直りすることができたマユリちゃんは、次の日、千歌音ちゃんと姫子にお礼を言いに来ます。

『友達の為に何かしてあげるのって・・・何だかイイわね・・・』と、嬉しそうに漏らした千歌音ちゃんを見て、姫子は千歌音ちゃんが良い方向に少しずつ変わっていることを実感するのでありました。

(*友情にちょっと目覚めた千歌音ちゃんの例)



このシーンの千歌音ちゃんの笑顔が可愛らしくて、お気に入りです。最近は、千歌音ちゃんのアフォさにばかり目がいきがちでしたが、姫子以外の人間にも、友達として関わっていこうとする千歌音ちゃんとか・・・なんかいいですよね。

しかしながら、前回同様“九曜”の不審な動きがプンプン匂うところで次回に続く模様。。今回登場のマユリちゃんと彼氏もなんかものすごく巻き込まれてしまいそうな予感。次回、彼氏化け物化とか、あっさり殺害とか、普通にありまくりそうですな〜。

【関連レビュー】
絶対少女聖域アムネシアン 第一話
絶対少女聖域アムネシアン 第ニ話
絶対少女聖域アムネシアン 第三話

絶対少女聖域アムネシアン 第四話


絶対少女聖域アムネシアン 第五話・第六話


絶対少女聖域アムネシアン 第七話

神無月の巫女の続編かスピンオフのような何か
今までにろむろむが書いてきた神無月の巫女に関する病気記事一覧

<拍手お返事>
>5月1日 dede様
どうもどうもです!!
>某所で神無月の予告を聴いて〜
とのことで、長いことひとりで盛り上がってたのが、多くの人がまた『神無月の巫女』を思い出してくれつつあるようで、喜ばしい限りです!!dedeさまも神無月電波をしかと受信されたようで何よりであります!!
>やっぱり2004年は百合にとってエポックメーキングな年と再確認
私もそう思います。舞HIME・アカイイト・神無月の巫女がそろい踏みした、あの奇跡は今後もう二度とないのではないでしょうか・・・。
それでは、応援有難う御座いました!!更新の遅さがハンパなくなってきましたが、またよろしくです!!

>5月1日 拍手×10
ありがとうございます!!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51617106