2009年11月23日

Bayonetta(ベヨネッタ)は百合ゲー

どうもどうも。

最近はPS3とか用ゲームソフト“Bayonetta(ベヨネッタ)”のプレイに勤しんでいました。

この作品は、簡単に言うと、記憶を失った超セクシー魔女ベヨネッタが、襲い来る天の御使いを銃・剣・鞭・炎・髪の毛から飛び出す化け物・拷問用具・三角の木馬などでハードに責めて昇天させながら、自身と世界の謎に迫っていくバイオレンスアクションゲームです(違。

主人公のベヨネッタこと以下ベヨ姉さんは、着ている衣服のセクシーさもさることながら、立ち絵の色っぽさ、仕草・挙動・台詞のエロさが総じてハンパねえという凄い魔女様です。それでいて小さな女の子に翻弄させられたり、ぺろぺろキャンディに愛着を示すとか、おちゃめなところもあったりしちゃったり・・・えー、なんというかハマリます。全体的に。

アクションゲームは苦手な方なのですが、このゲームには“ベリーイージィ”という神のようにありがたいコマンドがありまして、こんな指先のアヤしいろむろむさんでも、なんとか最後までクリアすることが出来ました。とりあえず、最後に導かれた、わたくしの超個人的な感想を申し上げますと・・・

“すんげー面白かった。そして、素晴らしき 百 合 コ ン ビ に幸あれ!!”

うわー、出たアアア。もうほんとここからは私の妄言なんであんまり真に受けてはいけませんけど、物語の初期からベヨ姉さんに不敵な視線を送り、幾度と無く戦いを挑んでくる謎の銀髪美形姉さん・ジャンヌが、おおおお美味し過ぎるんどすううううう!!!

セクシー魔女こと、ベヨ姉さん



ベヨ姉さんは私のエモノ宣言までかましてた気がするジャンヌさん



今二周目に入ってるんですけど、ラストまで行ってもう一度ジャンヌの言動を拾っていくと、序〜中盤に見られるベヨ姉さんへの愛憎絡んだ執着ぶりがたたたまらなくいいですし、後半に色々と判明した後のジャンヌの行動とか、打算抜きで、すべてベヨ姉さんの為だったんだなあぁと、感慨深くその百合魂(!?)を堪能できる訳ですよ。また、ベヨ姉さん自身も、真実を一つずつ回収するごとに、ジャンヌに近づいて行きます。本当の意味で理解しあい、心を許せる存在を得たベヨ姉さんはぶっちゃけ無敵です。最終章とかめちゃめちゃ熱い展開でしたし、ラストの二人も凄くカッコよかったです。

ベヨネッタ×ジャンヌ・・・ああ、どうやら新しい光が世界に満ちてきたようです(眩。

え?ルカ??ああ、ベヨ姉さんを敵と見て追いかける男に、ルカという人がいるんですが、彼も結構いいキャラしてましたし、決して嫌いではないんですが、もうろむろむさんは、ベヨジャンヌしか見えてないので、あんまり気になりませんでした。

まあ、まさかベヨネッタがセクシー百合ゲーとは思ってもいませんでしたので、思わぬ収穫でしたね(待。まあ、私の妄想はともかく、本当に面白いゲームですので、一度手にとってみてはいかがでしょうか?そして、ベヨ姉さんとジャンヌの百合コンビぶりを共に堪能しあいましょうぜ!!



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51437327