2009年10月28日

『オトメロディー』<高橋美佳子>

『オトメロディー』(2005/5/25) インターチャネル

作詞:山田ひろし
作編曲:渡辺チェル
歌:高橋美佳子

アニメ『おねがいマイメロディ』OP主題歌。

改めて聞いてみると・・・ものすごいアイドルソングだったんですね、この曲。
まあ“スキスキスゥ〜!!フワフワフゥ〜!!こんな気持ちメロメロディィ!!”というお花畑爆発な絶叫からはじまる曲が普通でないことは常人なら誰でもわかることですが・・・。

シンプルなメロディラインながら、メロ・サビ・間奏と、どれを取っても隙が無いつくりなのは流石というほか無いです。作曲の渡部チェル氏は、アニソン系の作編曲のほかに、一般アイドル曲(例*とろぴか〜る略)等の編曲などにも携わっている方ですので、このオトメロディーのように、一度聞いただけで脳の奥にこびりついてしまうような中毒曲を生産されるのもしごく納得なのであります。

サビは、“スキスキス〜”からなのか、“と・ど・け、マイメロディ〜”からなのか迷いますが、多分後者でしょうね。でも、どこを取ってもサビに思えてしまうのがまた凄い。

“オトナじゃないオトメです 泣いたりだってしちゃいます 女の子って魔法で 作られたの”

ああああ・・・この歌詞やっぱ最高です。小学生のお嬢さんたちの夢や感性にぴったりと寄り添うような、実に可愛らしい歌詞じゃないですか!!なんかわかんないけど楽しいことが大好きで、泣いたり笑ったりしながら、ふんわりした世界で生きている少女の為にあるような詞ですね。

基本的にこの世界は、マイメロディが不思議な力で『おねがい』を囁けば、様々な問題が強引に解決できるみたいなので、歌詞で何度も繰り返される“お願いね マイメロディ”は、それそのものが言葉の魔法になってるわけなのです。トンチンカンなマイメロと共に、乙女な世界を堪能したければ、あなたも両手を胸元でぎゅっと握って、このフレーズを叫べばよいのです。はい、解決。

おねがいマイメロディは、かわいいツラして毒舌天然腹黒な妖怪・マイメロディと、こいつに居候される羽目になった主人公・夢野歌(ゆめの・うた)が織り成す割りとシュールな子供向けアニメです(待。

いやー、アニメ終盤だったか忘れましたけど、強大な敵が攻めてきたので、仲間と部屋にこもって1年間必殺技の特訓をして、さぁいざ決戦だと部屋のドアを開けたら世界が完全消滅してて、ED主題歌が流れ出したと思ったら、突然あらわれた女王様がEDを強制停止させて本編続行&無理矢理解決してました。ほんと、もうどうしようって感じでしたけど、このテンションとノリが微妙に面白かったりして、文句も言えなかったです。マイメロディきららの最終回とかメタ世界なのか楽屋落ちなのかよくわからんハイパーSFワールドが繰り広げられてましたし、なかなか侮れないアニメだったと思います。






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51429892