2009年09月19日

『mind as Judgment』<飛蘭>

『mind as Judgment』(2009/7/22)ランティス
作詞:畑亜貴
作曲・編曲:上松範康
歌:飛蘭

アニメ『CANAAN』OP主題歌。

激しくえぐるように打ち込んでくる音のコンボにテンションあがりまくりな一曲。芯の通った飛蘭(フェイラン)さんの真っ直ぐな歌声も実に聞き応えがあります。最初から最後までハードな雰囲気を貫く楽曲の雰囲気も実にカッケーです。

飛蘭さんは喰霊〜zero〜の挿入歌などを歌われていた方です。某『百合ームコロッケ』にも色々と収録されていました。ちなみに百合ーム収録の“Distance point”って曲は、クールかつ胸にズドンっとくる良曲だったので、おススメしておきます☆“mind as Judgment”にも繋がっているような空気感がありましたよ〜。

冒頭“絆を自ら引き裂いた as Judgment 吊り上げて・・・”や、ラスト付近の“無垢な命抱いて 重さが愛なのか 私の姿まだ裏切る前の”などを読んでいると、もしやこの曲ってアルファルドのテーマソングなのかな〜とか思ったり・・・。歌詞中盤の“残り少ない さあ 逃げたらどうよ?”とか、如何にもアルファルドが云いそうな台詞じゃないですか?逆にED曲は、暗闇から希望に向かっていく〜系の歌詞なので、こっちのほうがカナンっぽい気がしますね。

あと、“as Judgment 吊り上げて”ってどーゆう意味だろうとか考えてたんですけど、もしかしたら『貴様の罪は万死に値する→よって(首吊り)死刑』みたいな感じなんですかね?いや、ただの想像ですけど。まあ、何にせよ、今回も畑亜貴先生の超歌詞は健在でございました。素晴らしいことです。

2、泡沫の小鳥達

“出逢いから別れがこぼれ 瞳は同じなのに 離れてく どうしても遠ざかる君”・・・この切なさを煽るようなカップリング曲も要チェックで御座います。どうしようもなくやってくる“別れ”をテーマにした歌なのですが、この別れは一体誰と誰の別れを歌っているのでしょうね。カナンとシャムか、カナンとアルファルドか、それともカナンとマリアか・・・。最後だと超胸が痛むんですけど、有り得る一つの未来であるとも思います。寂しげな旋律が、ひとつの物語の終わりを示しているように思えました。



で、CANAANですよCANAAN!!!

ハハハ・・・久しぶりのハードボイルド百合ですよ。少女で銃で陰謀で百合ですよ。CANAANを見た後、おもむろに本棚に鎮座してあるNOIRのDVDを引っ張り出してしまいました。霧香カワイイ・・・。ついでに漫画のオーディナリープラスマイナスも再読。。まあ、この三作の共通点は、浮世離れした性格で、めっちゃ強いけど、信頼を寄せる女の子にはメロメロな女の子ガンマンがヒロインやってるって所ですかね〜。とても美味しいです。はい。

マリアとカナンはお互いを“友達だ”と作中で何度も繰り返していますが、会えば必ず激しい抱擁にうつる過剰なスキンシップっぷりといい、常時互いの信頼度の針がMAXぶっちぎってたり、どう見ても普通の友達には見えません。毎回のように敵に攫われてピンチに陥るマリアを、どんなことがあっても必ず助けるカナンという構図も大変よろしうございますなああー。もちろん、マリアが精神的にカナンをがっちり支えている・・・ということがお話の随所に見受けられて、更にそこにも萌えました。



そういえば、カナン役の沢城みゆきさんは、インタビューで“南條愛乃さんのかわいらしい声で「カナ〜ン!」と呼ばれると、それだけで嬉しくなっちゃって。あの声を聞くと「何があってもこの子だけは守らないと」と、か弱い乙女を守る王子様のような気持ちになってしまうんです”とおっしゃられておりました。うはああ、さすが沢城さんです!!やっぱマリアに話しかける声には、そういう王子様なエッセンスが入ってた訳なんでありますね!

残り話数は少ないですが、マリアとカナンとアルファルドが、どのような結末を目指すのか、(百合的にも)目が離せません!!つーか、絶対これで終わらない気がするし、アルファルドが死んで終わりとか、このアニメでは有り得ないような気がするぜええー。今後のメディアミックス展開に期待です☆

あと、まったく関係ないですが、マリアが神無月の巫女の姫子に見えて仕方がない瞬間があって困りました。って、髪の色が同じなだけで、そんな幻覚まで見てしまうなんて・・・もう駄目だコイツ





<拍手お返事>
>9月13日×1 ありがとうございます!
>9月14日×2 ありがとうございます!
>9月18日×1 ありがとうございます!




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51417982
この記事へのコメント
突然失礼します。
どうしても言いたいことがありましたので。


今日CANAANを観たのですが…。


私もマリアが姫子に見えて仕方がない。


声もなんだか似ているので
「え?!下屋さん!?」
とさえ思いましたw

「カナーン」って呼ぶ声のトーンもなんだか「千歌音ちゃーん」に似てるような気がするんですが…(笑)


以上です。
お邪魔しました。
Posted by 上海ラボヲ at 2012年01月28日 02:20
>上海ラボヲ 様

どうもどうも!!書き込みありがとうございます!!2ヶ月以上もコメントできず本当に申し訳ありませんでした。自分をシバきたいです。

うっひょおおおおおおい!!上海ラボヲ様もそう思われますか!?思われますよね!!いやー、ほんとあの甘え声といい(実際の甘えぶりといい)、マジでマリアの姫子度高すぎですよ。そしてこういうキャラは・・・百合的に超萌えますNE。

あとは、『カナンは 友 達 だよ』という念押しのような台詞さえどうにかできれば。もうそこは恋人でええやん!!とかずっと思ってました(死。ううう、また見たくなってきました・・ああ〜。。
Posted by ろむろむ at 2012年03月24日 00:08