2009年01月18日

【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜アリス絡み編1

どうもご無沙汰してます。文章ってどう書くんでしたっけねええ〜とか思う今日この頃、久々に東方百合同人誌の感想とか書いてみました。・・・って肝心のアニソンはどうなった!?いや〜、忘れてはないんですけど、なんか上手くまとまらないので保留してます。書けるようになったら書くハズ・・・多分。ということで、今回はマリアリ以外で、アリス×○○な本を紹介してみたいと思います。個人的に霊夢が関わってくるような本とか読んでみたいんですけど、あんまり見かけないのでちょっと残念。とりあえず今は(何絡みでもいいので)ひたすら愛されアリスな本を発掘中でございます〜(死。

インシグニア(ほのかん)(08/5/25)
【アリス×フランドール】レミリアにより紅魔館に招かれたアリスは、そこで妹のフランに人形作りを教えてやって欲しいと頼まれる。クールで落ち着いてる癖に人の良いアリスと、少し感性がズレているが一生懸命なフランが、人形作りを通して少しずつ近づいていく様子が、柔らかく丁寧に描写されていると思います。どちらかというと、友愛系な百合ですかね。個人的に“フランにケーキを食べさせてあげるアリスの図”には、この上なく百合を感じました。また、アリスともっと一緒に過ごしたいという気持ちに引きずられてしまったフランが、自分の行動に激しく動揺してしまうシーンの静けさと哀しさと美しさは一見の価値ありかと思います。また一歩、二人が近づけそうな予感を匂わせるラストも素敵です。あと、レミリアの素晴らしい超お姉さまぶりにも注目!!

ハチミツフロート(るくしあ大陸)(08/08/16)
【アリス×霊夢】天人に神社をぶっ壊され、ドサクサで天狗にもやられ、すっかりしょげてしまった霊夢を、アリスは自宅に(強引に?)招く。しかし霊夢の心は頑なで・・・。こちらのアリスは激情系でちょっと怖いんですけど、この押せ押せ攻め攻め飴鞭飴鞭な動きっぷりは新鮮ですね。ちなみにアリスの性格は、霊夢の態度によって、優しかったり、厳しかったり、頼もしかったり(Sだったり)、一瞬でカスタマイズ可能な模様。やたらと突っかかってくる射命丸もなかなか美味しい役どころでした。で、ラストとオマケページの雰囲気から云うと・・・これってつまりアレですか!?アリスはハチミツフロートの如く霊夢を美味しく(略。

かわいいアリス(KFC)(08/12/29)
【魔理沙×アリス×パチュリー】栗拾い中、ふと、アリスの姿にこの上ない胸の高まりを感じてしまった魔理沙。霊夢とパチュリーに事の次第を相談するが、なんと今度はパチュリーがアリスに激しく胸ドキュしてしまう・・・。アリス総受けの予感来ました!!二人が恋に落ちる瞬間の漫画表現が大げさ過ぎて逆に説得力ありまくりです。アリスLOVE熱が高まるが故に、思考が都合よく飛んでいく二人が面白いですねえ〜。頭脳派パチュさんの性格の全てが表れている様な(言葉)攻めっぷりも見もの。『アリスはすでに私のものよ』『こうなったら力尽くで奪うまでよ』火花を散らす恋のバトルの行方を是非確認していただきたいです!表紙絵の受け受けしいアリスも凄く可愛いですよ〜☆

プラスチックハート(まるちら×ロケット燃料)(08/3/2)
【アリス×パチュリー】らいなさん作の前半は、ツンツン子供アリスとやや大人な魔理沙の憧れ系成長物語(微百合?)。秋枝さん作の後半は、相思相愛のくせに、激しい思い込みによって壮大な空回りを演じまくるアリスとパチュリーの大変な一日を描いた作品。お互いがお互いの好きな人を“魔理沙”だと推測してヤキモキしまくるとか、マジ美味し過ぎる流れです。冷静を装った会話を行う反面、その頭の中には“可愛い”とか“好き”とかが死ぬほど駆け巡ってるのもいいですねええ!!不慮のアクシデントにより、辛抱たまらんくなった二人は、一瞬だけドキドキの超絶急接近をするのですが・・・ああああああ何じゃこれラブラブなのに切ねえええけどやっぱラブラブゥゥゥ!!!な超展開にたいへん悶えさせていただきました。二人の表情が素晴らしすぎる。

girls pure distance(As-Zadkiel)(08/11/02)
【アリス×パチュリー】ある日、パチュリーとアリスは咲夜から携帯電話を貰う。『いつでも掛けて来ていいからね』というアリスの言葉はあれども、そうは簡単にいかない超内気乙女パチュリーさん。そして携帯電話を巡る、ラヴラヴな押し問答タイムがはじまる・・・!?アリスにゾッコンLOVEなパチュリーさんの乙女っぷりに(とても良い意味で)悶死寸前ですが何か。見事なまでに相思相愛っぷりを見せ付けてくれる二人と、そんな二人にヤレヤレ・・・な世話焼き咲夜さんの対比が上手いです。仕草・行動・思考回路含めて、パチュリーさんのかわゆさがスゲエことになってます。見てるこっちが死にそうになるほどの甘々を堪能すべし!

かさねいろ(KFC)(07/12/31)
【アリス×パチュリー】前作からの続き物ですが、百合パワーは桁違いの前作越えでした。色々あって、パチュリーの居る図書館へよく遊びに行くようになったアリス。穏やかな日々を過ごしていたアリスだが、パチュリーが何故自分と仲良くしたがったのか、何を自分に求めているかがわからず、次第に心に波風が立っていく・・・。アリス視点で物語が進むんですけど、彼女の中でうずまくモヤモヤとした気持ちの正体が、他ならぬパチュさんによってもたらされているんだなああということが物凄く伝わってきます。つーか、手を重ねて絡めるだけのシーンがこんなにもエロスだとは思わなかったですYO!!アリスの緊張がMAXに高まる怒涛の後半戦がヤバイですね。物語のラストページには、渾身のパチュアリ魂が込められているように感じました!

<関連>
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その1〜
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その2〜
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その3〜
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その4〜
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その5〜

<拍手お返事>
>1月5日6日×1 >12月5日×3 >12月6日×2
>12月4日・17日・28日・29日×1
本当にありがとうございました!!!
>12月8日×3 復活を〜の方
もったいないお言葉、ありがとうございます。励まされました。なかなかエンジンの掛かりきらない状態の当ブログですが、今後とも、よろしくお願い致します。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51328886