2008年09月04日

【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その3〜

オイオイ・・・またやっちまったよ。こんな紹介文に需要が在るかとかホントに謎ですし、第一ここはアニソン紹介サイトだったような気もするんですけど、まあ、あまり深く考えないようにしましょう。だってそこにマリアリがあるんだもん。東方があるんだもん。じゃあ仕方ねえな。まだまだ買うぜヒャッホウゥ(死!!

以下、電波なレヌー。

Heart by Heart(サークル名*悠久機関車)08/08/16★しっかり百合
宴会のお誘いにアリスの家までやってきた魔理沙だが、肝心のアリスは頑なに宴会の出席を拒む。押し問答の末に喧嘩してしまった二人だが、アリスには何やら悩みが在るようで・・・。線の細い、華やかな絵で、アリスがとっても美人さんです。魔理沙の前ではクールでピシッとしてる癖に、魔理沙のことを考えて独りで悩むときは、すんごく苦しそうな、切なげな表情を見せるアリスに注目です。魔理沙は、裏表のない明るさを持っていて、悶々と一人の世界に閉じこもろうとするアリスを連れ出そうとしたり、そんなアリスの傍に変わらずに居てあげたり、直球で殺し文句をぶつけたりと、優しくてカッコ良しですね〜。意外と珍しい(?)爽やかカップル系のマリアリでございました。

乙女ごころ恋ごころ その2(サークル名*ているこんちぇると)08/08/16★まったり百合
人形が居れば何でも出来るアリスは、人形が居ないと何も出来ないのでした。すっかりあかん子になってしまったアリスのお世話を甲斐甲斐しく焼いてあげる魔理沙は、とりあえず永淋のところでアリスを診てもらう事にしたのだが・・・。とりあえず、アリスが幼稚園児級に駄目な子になっているんですけど、そんなアリスの幼い仕草や言動が、いちいち可愛すぎるので、もう何でも良しです。魔理沙が『心臓が持たんかも』と云うのもよくわかる、この天然誘い受けパワー・・・凄まじいです。魔理沙に全幅の信頼を寄せつつ、魔理沙が大好きだということを、言葉でも態度でも正直に示しまくるアリスと、それにイチイチ赤くなったり、照れて戸惑ったりする魔理沙のエピソードが細かく入っていて楽しめました。いいところでブツ切りなのがちょい残念かもです。

MA2(サークル名*sapuri)08/08/16★ギャグ&シリアス百合
なかなか進展しない二人の仲に業を煮やしたアリスは、思い切って惚れ薬なるものを魔理沙に飲ませようとするのだが・・・。惚れ薬を飲ませようとするまでは、妄想・行動ともにすごいハイテンションなのに、いざ飲ませるとなると焦りだし、飲ませた後は自分のしたことを悔やみまくって沈みこむ等々、とりあえずアリスの情緒は揺れまくってます。しかし、そんな風にすぐ妄想に突っ走ろうとするアリスを、魔理沙の優しさはいつでもちゃんと押し留めているのであります。シリアスパートは上手いこと描いてるな〜という感じなんですけど、ギャグシーンのアリスが何かちょっと変な気が・・・?ラストもちょっとギャグで誤魔化された気がするんですけど、笑顔で終わるラストは良かったです。

君よ、静かに眠れ(サークル名*プロジェクト熱暴走)08/07/20★ラブ&シリアス百合
甘い生活を幸せに過ごすアリスと魔理沙だったが、ある日、魔理沙の様子が少しおかしくなる。周りの友人達にも指摘され、アリスは魔理沙に、それとなくその理由を聞いてみるのだが・・・。絵柄がものすごく独特なので、初めは若干躊躇してたんですが、ふたを開けてみれば、かなりまっとうなマリアリ作品でした。特に珍しく感じたのは“置いていかれる側”が大多数のマリアリパターンとは逆であることですね。加えて、魔理沙の心の揺れが、何気ない台詞やコロコロと変化する表情からダイレクトに伝わってくるので、とても説得力があります。今風の絵柄とは対極に在りますが、手堅いストーリー展開でラストまで一気に読ませられました。

荊の城(サークル名*Cube Sugar)08/08/16★シリアス爆百合
幼いアリスと魔理沙の出会いを、見事な独自設定で綴った作品。人間に敗北し、その悔しさと屈辱から魔界を飛び出したアリスは、奥深い森で人形と共に、花を愛でながら暮らしていた。そこにふとしたことから記憶を失った少女が迷い込んできた。記憶が戻るまで・・・そう云いながらふたりは一緒に過ごすことになるのだが・・・。それが恋だとは気付かないまま、それでも少しずつ心を重ねていくマリアリに大大大満足大会ですにゃああ!!過去のトラウマから、誰かと向き合って生きることを恐れているアリスが、魔理沙に惹かれていく中で、徐々に変わってゆくのです。キスしたり、一緒に寝たりというラブラブ描写が満載と思いきや、涙に濡れるアリスが居たり、それでもふたりはやっぱり運命的に繋がっていたり。。何はともあれ、空に舞う花びらを背景に、幸せな未来を約束するマリアリハッピーエンドに感無量でございます。

<関連>
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その1〜
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その2〜

<拍手お返事>
>9月1日×7 心より、ありがとうございます!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51257580