2008年08月20日

【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その2〜

相変わらずマリアリ本っぽいものを片っ端から集めまくっている怖い人こと、ろむろむです。こんばんは。古本屋さんや通販サイトに定期的に張り付いているうちに、また少しずつ本が溜まって来ましたので、今回もマリアリ同人誌レヌーを敢行したいと思います!!夏のコミケとかがこないだあったようなので、また色んな百合同人誌に出会えそうな予感です。このレビューに需要があるかどうかは甚だ疑問なんですが、まあ同人誌の世界にもいい百合はあるっつー感じで、優しい目で見守ってください。

以下、電波なレヌー。

ADVENT CIRNO -StarDust-(サークル名*One Night Stand)07/12/31★青春ラブラブ百合
氷の妖精チルノがFFっぽい世界で冒険するシリーズらしいです。巷で噂の大胆な泥棒を追いかけたチルノが見たのは、病に伏せた少女を気遣う少女の姿だった。身体を壊しているせいか、儚げに見えるアリスと、そんなアリスを励まし『自分の心配だけしてりゃいいんだよ』と笑顔で困難に挑もうとする魔理沙・・・って、うはあああ!!!これはなんと新鮮な設定のマリアリ!!アリスはクールなお姉さんって感じですが、会話の端々や僅かな表情の動きから、魔理沙を大事に思ってるのが凄く伝わるのです。ひたすらアリスの為に、少年のような真っ直ぐさで懸命に戦う魔理沙も、超絶カッコ良ゐ。見てるこっちがモジモジしちゃうようなラストも必見!

magical magic a(サークル名*チキンナイフ&ているこんちぇると)05/08/19★微〜ほんわか百合
表紙のイラストと裏表紙の4コマが秀逸です。前半はチキンナイフ氏の作品。魔理沙と一緒に温泉旅館に向かったアリスだが、偶然にも同じ宿に紅魔館のメンツが宿泊していて・・・。魔理沙との関係は“仲良し以上”ぐらいのせいか、煮え切らない自分の想いに悶々とするアリスがなかなか良いです。後半はているこんちぇると氏の作品。何の因果か、人形ぐらいの大きさになってしまった魔理沙を元に戻すため、あれこれ試行錯誤するアリスだが・・・。アリスが魔理沙に対し若干暴走気味なのは大前提として、面と向かった時でなければ魔理沙もストレートな好意をアリスに示してます。かみ合ってないけどちゃんと両想いという関係もいいですね!

SEVENCOLOR SHOOTINGSTAR(サークル名*Cube Sugar)08/08/16★ドストライク爆百合
うはああああ!!!出たアアア!!少女漫画風な繊細なタッチ、甘さと切なさを絶妙に配分したストーリー。マリアリの名手による総集編本第二弾です。2007年頃〜星に願いを+まで8作を収録、そのうち5作がマリアリです(書き下ろしも。アリスと魔理沙が現代に転生したという設定の物語『twinkle,twinkle,littlestar』のシリーズが全て読めます。泣き虫で少し臆病な所があるアリスを、いつでも光の在るほうへ連れて行こうとする、太陽のような魔理沙がすっごく魅力的です。この方の描くマリアリは、冷やかしに逃げることなく、真剣に恋愛に向き合っている感じが伝わってくるので、非常に好感が持てます。想いを重ねゆく二人の行く末を見届けるべし!

幻想胸キュン党(サークル名*オレンジミル)08/08/17★微百合
表紙を見て、一体どんなラブパワー爆発のマリアリが読めるのかと思っていたら、むしろギャグの方が爆発しまくっていた作品。アリスの胸のカップの変化を目視で完璧に把握できる魔理沙と、魔理沙の胸を触診しながら、絶妙にカップのサイズを形容するアリス。お前らの関係は一体・・・っつーぐらい、しょっぱなからぶっ飛ばしてきてますが、こんな風にマリアリってるのは冒頭2〜3ページのみで、あとは霊夢や他のキャラをまじえたハイテンションなギャグが絶え間なく続きます。ギャグ内容自体は突き抜け(過ぎ)ていて、正直吹きました。キャラクターの丸っこい輪郭も可愛らしいですね〜。おまけの1ページ漫画が、アリス→霊夢→魔理沙→アリスという、“憧れ三角関係”を上手く表していて、ここもポイントかもです。


<関連>
【特別企画】『東方Project』百合同人誌レビュー〜マリアリ編その1〜


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51249743