2008年08月14日

『TRUE』<下川みくに>

『TRUE』<下川みくに> (2002/8/21) ポニーキャニオン

アニメ『ドラゴンドライブ』OP主題歌。

下川さんは、元は謎のアイドルグループ・チェキッ娘のメンバーとして活動されていましたが、解散後は単身アニメソングの世界へやってきた方です。最遊記一期のEDや、フルメタ一期のOPEDなどで注目され、アニソンのカバーアルバムなども発売していましたが、ここ最近は若干活動を控えている様子です。アニソン界隈での知名度がいかほどのものか、少々図りかねるのですが、可愛い声でありながら骨太の歌唱をガツンと叩きつけてくれるギャップが個人的には好きだったりします。

ということで、この『TRUE』なのですが、ものすごく正統派の主題歌って感じがしますね。いえ、これは本当に皮肉でもなんでもなく、ファンタジックでヒロイックな少年漫画に、これ以上ないくらいぴったりくるような、そんな曲だと思います。

歌の始まる直前や、サビに入る直前に“パリン”というガラスの割れるような効果音が入ってるのですが、それは主人公達が困難な壁を打ち破った瞬間を表現しているように感じましたね〜。まあ、お遊びみたいなものでしょうが、こういう細かいところで聴いている人をハッとさせるのは面白い試みだと思います。実際に“君に出会わなければ今も 壁を壊すことなどできなかったよ”というフレーズもありますしね。

空のてっぺんから、全速力で地上に落ちてゆき、ぶつかる寸前で孤を描き、再び天に向かうような・・・なんつーか、ジェットコースター的スリルが繰り返しやってくるような、急展開バリバリな曲調にも好感が持てます。力強いけれど、決して押し付けがましくない、下川さんの温かみある歌いっぷりも良いです。

“不器用だから 同じ生き方しか選べないんだ”これは、歌詞のワンフレーズですが、愚直なまでに自分の信じる真実を追い求める歌の主人公の姿が見えるようで、この辺をアニメの主人公に被せてみると結構ピッタリくるのかもしれませんね。

まあ、この『ドラゴンドライブ(通称ドラドラ)』というアニメは本気で視聴率が取れず、予定していた完結を待たずお空の彼方に飛んでいってしまった作品でしたので、そのOPであるこの曲もあまり陽の目を見てない感じがあるんですけど、このまま埋もれていくにはあまりにも惜しい楽曲だと思いますので、(アニメは関係なく)一度聴いていただきたいなと思います。

ドラゴンドライブは、ポケモンデジモン遊戯王&トレカブームetcに盛大に乗っかって失敗した物語でした。チビと呼ばれる白いドラゴンは可愛かったような気がしますけど、いかんせん内容が・・・。ちゃんと見てたわけではありませんけれど、一番手ごわかった敵が、どうみてもチンピラな子悪党で、最終回もむちゃむちゃ強引だったということはかすかに記憶にありますな。

*あと、このCDはCCCDという恐ろしき負の遺産の時代に生まれたものですので、その辺気をつけておいたほうがいいです。



2、たった、ひとつの

同、ED主題歌。ハーモニカの伴奏から始まる、のんびりとした曲ですね。夕焼け空の放課後で、遊びつかれてぼんやりするような・・・ちょっとした懐かしさを感じさせる雰囲気があります。OPがすっごくアニソンアニソンしてるので、EDでこういう普通のポップス持ってこられると、ちょびっと違和感を感じちゃったりしますが、こういうのもいいでしょう。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51246431
この記事へのトラックバック
楽天から検索された商品アニソン・ヒッツ! 〜歌えるアニメソング集〜¥ 2,310オススメ度:★★★★★アーティスト:(アニメーション)レーベル:(株)ポニーキャニオン販売元:(株)ポニーキャニオン発売日:2005年10月19日メーカー品番:PCC…アニメソング決定版¥ 1,365オス...
アニメソングのこと【WEBの情報缶!】at 2008年08月15日 05:18