2008年06月03日

『1/2』<石川智晶>

『1/2』 (2007/11/21) JVCエンタテインメント
作詞・作曲・歌:石川智晶 編曲:西田マサラ

アニメ『逮捕しちゃうぞフルスロットル』ED主題歌。1/2と書いて、“はんぶん”と読みます。圧倒的な歌唱力を以って、圧倒的なイノセンスを表現する・・・そんな石田さんにろむろむ瞬殺ノックアウトの巻。

石田さんの名前を爆発的に広めた代表曲に“アンインストール”という作品がありましたが、あの曲が一度聴いたら忘れられないような異様なまでのインパクトで勝負してきたタイプのものであったに対して、この“1/2”は、初聴きでピンと来なくても、何度か繰り返して聴けば聴くほどに、その深みにどっぷりと嵌りこんでしまう・・・そんなジワジワッと来るタイプの作品だと思います。

主人公二人組み、“夏実”“美幸”関係を、詩的な『たとえ』に当てはめながら書き出したような歌詞が、グッと胸に迫ります。

相手の寂しさ辛さを、すべて受け止めることができなくても、そのはんぶんだけでも優しく抱きとめてあげられたら、どんなに素敵なことでしょう。二人のはんぶんを合わせても、きれいな“1”にはならないかもしれないけれど、それでも二人で寄り添っていられれば、互いの欠けたものを補っていけるに違いないのです。

“ふたつの横顔 向こう見ずな片割れは 寂しい時ほど はしゃいで見せるけど”
“心の1/2 涙で濡れたときは 差し出す傘の中 素直に入ってね”


上記は2番のサビなんですけど、ここでは曲のテーマである“1/2(はんぶん)”相合傘にたとえている訳なのですね。涙の雨に濡れたときは、自分の傘に入ったらいいと。自分も半分、あなたも半分濡れてしまうかもしれないけれど、それでいいんだと、そう云っているのだと思います。・・・オイオイ、優しすぎるだろ、コレ。最高。

このあたりの歌詞を読んで、この曲って“美幸から夏実へ・・・”な歌なのかな?とか感じたりしましたけど、解釈によってはどちらとも取れますね。向こう見ずで云ったら、二人とも似たような感じですし。

“ふたつの背中が静かに並んだ時 初めてひとりの人間になれるようで”

1番とラストのサビにあるこのフレーズが好きすぎてヤバイです。ふたりでいることには、確かな意味があるんだ、ということを、素直に感じさせる例えだと思います。控えめで断定はしないけれど、お互いの心の中には、すべてを預けられるような相手への強い信頼があるんだろう・・・という印象を受けました。主人公ペアーは、考え方や性格の違いでちょくちょく喧嘩もやっちゃってますが、最後にはいつも、お互いがいないと駄目だという結論に達してるような気がしますし、そういう部分も歌詞の中に込められてるのではないでしょうか。

さて、この曲が使われたフルスロットルのEDですが、初めて見たとき私の百合琴線激震が走りました。というか、画面の向こうで何が行われているのか把握するのに、相当の時間を要しました。絶対に本編に出ることはないであろうSUGEEEEE百合表現が、怨念のように込められていたのですから。。

いやー、確かにキャラデザの中嶋敦子さんは、原作をぶっちぎった過度なBL表現満載のイメージイラストを描く人だなあ〜とは常々思ってましたけど(例・兄弟ラブラブトリブラ、半裸ピスメ)、まさか百合の面でもその法則を発動してくださるとは・・・。ありがたいことです。

これを見たとき、オイオイ遂に『逮捕しちゃうぞ 百合スロットル』が出ちゃうのか!?とかあらぬ期待を0.05%ぐらいかけてしまいましたが、勿論本編にそーゆーことは微塵もなかったっぽいので悪しからず・・・。

まーまー、それでもこの猛烈に妄想しまくれるイラストの連打は、百合ヲタとして避けて通ることはできませんことよ。



ピンチの美幸を助けに来たのかと思いきや、彼女の身体を抱きとめ、何かを囁いているかのように見える夏実。嬉しそうに微笑みかける美幸に対し、どこか困ったような寂しそうな笑みを浮かべる夏実。そして、どこまでも真っ直ぐな目をしている美幸と対照的に、狂気に満ちた歪んだ笑みを浮かべる夏実のカットが入り、燃えるような夕焼けをバックにしたフィナーレへと。。



・・・ってか、夏実、何があったのん!?!美幸への渦巻く劣情を、同僚だ友人だと抑え付けてきた夏実だったが、鈍感すぎる美幸にもはや我慢の限界。狂った独占欲に突き動かされた夏実は、その身を焦がす欲望の赴くままNI(以下略)・・・とか、すっげえありがちな妄想が気球のようにふくらみまくりんぐなろむろむなんですけど、みなさんはこのエンディングを観て、どのような妄想をお持ちになりましたか(死?

“ふたつの背中が〜”の歌詞に、超イメージ通りなイラストを用意してくるところもニクいですねええ〜。曲と絵が表裏一体になっている、素晴らしい百合EDでございました。





<拍手お返事>
>5月28日×1  ありがとうございます!
>5月29日×2  ありがとうございます☆


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51205048
この記事へのコメント
お久しぶりです!

目をつぶって、大音量で「Silent wing」を聴くのが大好きな七紀ですw

最近は本当に稽古がキツくて大変ですが、脳内の静留さんに励まされてます(痛いw
あさってから関東大会で神奈川県まで泊まりで行ってきます!

逮捕はもちろん夏実×美幸が目当てで見始めましたが、中嶋くんが邪魔するので途中から放棄しました。
石川さんの声は大好きなので、アンインストールはもちろん、美しければそれでいい とかも好きです。
例のEDの絵、友達は「キスしてるのかと思って焦った」と言ってましたw
僕もあのEDは好きですね〜。
Posted by 七紀 at 2008年06月04日 21:02
>七紀様

どうもです!!
おおおお!!七紀様もすっかり「Silent wing」の虜でございますね☆☆☆私も通勤時なんかに「Silent wing」を聴くと、その日一日、頭の中がすっかり静留色になっちゃったりしてソートーやばかったりします(死。

逮捕は、ED絵を見たときは『もしや!?』とか僅かながらも思いましたが、その後数話を観て、私も切っちゃいました。しかし、石川さんの声はホント絶品ですよね。“美しければそれでいい”も、百合アニメパワーとも相まって、かなりのステキソングだったと思います。


ED絵ですが・・・確かにそう見えますよね。私もはじめ、オイオイ、いきなりキスかよヒャッホオオオ!!とか先走ってしまいそうになりました。何度観ても、百合クオリティの高いすんばらしいEDだと思いますわ〜。

剣道も順調にされてるようで何よりです。ってか、剣道で合宿(?)と聞くと、ついつい某百合ゲーが浮かんでしまいますが、実際はすんごく大変なんでしょうね。これからドンドン暑くなって、しんどいことこの上ないと思いますが、静留力を補給しつつ頑張ってください!!
Posted by ろむろむ at 2008年06月06日 00:42
帰って来ました〜。

某百合ゲーw確かに、現実は相当厳しいですね(汗
三次元もあんな感じだったら、夏休みサイコー!って言いますよw

そういえば、舞-HiME新プロジェクト始動らしいですが、静なつは出るんでしょうかね?
レギュラーメンバーであり、ファンも多いので外す理由は無いでしょうが、ちょっと心配です。
出るとすれば公式で再び静なつが見られるチャンスですね!
Posted by 七紀 at 2008年06月08日 19:55
>七紀様

おかえりなさいませ!!過酷な修行(!?)、お疲れ様でした!海から美少女が流れてきて、その子を守るために百合ったり、鬼退治したりするような展開には・・・・なりませんでしたか、やっぱり(待。

ええ、まさかの新プロジェクト発進って感じですよね!今のOVAでも、何かの間違いで出てくれないかと期待しまくってるんですけど。もうチョイ役でも先祖でもなんでもいいんで、とにかく静留さん(となつき)には出て欲しいもんですねえ〜!
Posted by ろむろむ at 2008年06月10日 21:13