2008年03月24日

『ルージュになりたい』<梶谷美由紀>

『ルージュになりたい』(1997/3/5)ユニバーサルミュージック
作詞:梶谷美由紀、サエキけんぞう 作曲:朝本浩文
歌:梶谷美由紀

アニメ『赤ちゃんと僕』後期ED主題歌。シングル『絶体絶命』カップリング。

90年代珠玉のアニソンにして、魂が震えるような百合ソング。パッと聴いただけではわからないかもしれませんが、もう歌詞が凄まじいまでの百合。こんな濃密で過激な世界を、砂糖菓子のように甘い声で紡いでいく梶谷さんには、マジで惚れますね。

スローなテンポで進む曲ながら、決して単調ではなく、サビのコードには心を奪われるほど。曲の最初・間奏・後奏を流れる“allo, allo, Toi Toi”コーラスも印象的です。

この曲、歌詞自体に直接的な表現がある訳ではないんですが、詞を深く深く読んでいくと、そのエロティックさ悶絶する瞬間が必ずやってきます。あなたに人並みの想像力と百合力(?)が備わっていれば、ええこりゃもうたまりませんことですわよ(何。

アニメのEDとして使用された時は、大部分の歌詞がはしょられており、(*歌詞の流れとしては若干破綻していましたが)小さなお子様や、その保護者様が耳にしても、特に問題の無い曲に仕上がっておりました。とはいえ、このED用の歌詞は“ルージュになりたい”という歌の根底に流れている“猛烈な独占欲”が上手い具合に抽出されていて、アニメの主要キャラである“みのる”の、幼児独特の極端な愛情と独占欲表現されているように感じることができました。

では、百合ソングとして、この曲を楽しむために、まず歌詞の考察から始めてみると致しましょう。

“好きだよ あなたのルージュになりたい”

ルージュというのは、おわかりの通り、女性の唇を彩る『口紅』のことでございます。となると、普通に考えると歌詞中の“あなた”“女性”であることがわかります。
あなたを独り占めにしたい、いっそルージュになれたなら、あなたの唇を自分だけの色で独占できるのに・・・。“あなた”を見つめ、たぎる様な劣情を噛み締めている“私”の姿が最も端的に表れている箇所であります。

そして、重要なのが2番のメロ部分!!

“私の知らない昔のGirl friend なぜかきになって朝焼けに眠れない どんなひと好きだった? きっとわたしとは ちがうでしょう”

つまり“あなた”には、昔おそらく“彼女”が居て、“私”はそのことにどうしようもなく嫉妬してしまっているっつー訳です。ああああ、なんと潔い歌詞でしょう。つーことで、ろむろむの脳内では百合方程式が美しく完成致しました。


【連立百合方程式】
あなた→ルージュをつける人→“女”
昔のガールフレンド→わたしとは違うガールフレンド→“私=女”

A...『ルージュになりたい』は素晴らしき百合ソン。



・・・まあ、こんな感じですかね(待。
ま、私の耳にはこう聴こえた。私の脳にはこう届いた。と、いうことで納得していただければ。。しかし、読めば読むほど凄い歌詞だなああ・・・と感心してしまいます。

自分のキステクニック(!?)の未熟さを悔やんだり、あなたの血液になって全身くまなく巡りたい☆とか狂気っぽく願ってみたり。かと思ったら、突然不安に苛まれたり、相手の一挙一動に心がゆらめいたり、“乾くくちびるひとりじめするの”とか駄々っ子になったり。・・・・・あ、あかん、この“私”、可愛すぎるううう!!!。なんとなく誘い受けっぽいとことか特に(略。

梶谷さんの声は暖かいミルクのような感じがして、本当に心に染みます。この染み入る声で、このハードな歌詞を気負わずに歌いきってしまうアンビバレンツな部分も、梶谷さんの魅力でありますね〜。

梶谷さんは、大ヒット曲に恵まれたわけではありませんでしたが、90年代のアニソン的ガールズポップにこの方が居たことは、大変大きなことだったと思います。是非一度、ご試聴下さい。


<拍手お返事>
>3月17日×4  ありがとうございます!
>3月19日×10 ありがとうございます☆


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51158715
この記事へのコメント
このたび、「ミツカルサイト」がブログランキングをオープン致しました。
今ならまだ、登録人数が少ないので、ランキング上位を狙えます!
是非登録をお願い致します。
http://www.mitsukarusite.jp/ranking/index.html
Posted by ミツカルサイトブログランキング運営事務局 at 2008年03月31日 09:31
5
こんばんは!

「赤ちゃんと僕」見てたのですが、歌はさっぱり忘れていまして・・・
ろむろむさんのレビューを読ませていただいて、「え!?百合ソン!?」と思って、貼ってくださってる動画を早速ポチっとしたのですが・・・

これは全部とおして聴くべきだと思いました!(笑)

それと一回しか聴いてないのに、サビの部分が頭にとても残ってます。
これからも素敵な百合ソンレビュー、待ってます!
Posted by 五々木 at 2008年04月03日 02:04
おおお!!五々木様、こんばんはでございます!!
“隠れ百合ソン”の発掘には、たゆまぬ百合妄想パワーが一番☆ということで、結果として妄想まみれのレビューを書いてしまったという感じなのですが、楽しんでいただけたようで幸いです

五々木様も、赤僕見てらっしゃいましたか!“ルージュになりたい”は、EDですし、あんまり目立たない感じですけど、ほんとヒッソリ名曲という感じで、私のお気に入りの曲です。サビもすんごく耳に残りますよね〜。

しかし、いやいや、すす素敵な百合ソンレビューとか、きょきょきょ恐縮ですありがとうございます。これからも、自分の百合妄想アンテナを信じて頑張っていきたいと思います☆☆☆
Posted by ろむろむ at 2008年04月04日 00:13
5
こんばんは、赤ちゃんと僕のルージュになりたい
1枚を欲しいのですが 人気すぎて お店に取りに行けませんでした。拓也くんと実君と、その榎木家のパパとママが
かわいかったです、なんども 涙を流して いい曲と
読書で 本を大切にしています。
拓也君が 実君を 育てて 大変なところを何度もみました。ありがとう。
Posted by うらん at 2012年08月05日 16:42
>うらん様

こんばんは。ほんと、赤ちゃんと僕は暖くて良い作品でしたよね。ルージュになりたいも、凄く良い曲で、私も初めて聞いたとき結構衝撃的でした。これからも聞いていきたい曲ですよね!コメント、ありがとうございました。
Posted by ろむろむ at 2012年08月20日 23:53
5
アニメのEDとして聞いたときから、柔らかくて気持ちの良い歌という印象でした。
十数年経ってから思い出したようにCDを購入して、歌詞の印象の違いに驚きつつも
楽しんでいました。

ルージュになりたいの部分を「くちびるに触れたい」「(身を削ってでも)相手を美しく
彩る存在でありたい」という比喩として捉える所までは良かったんですが、
そこで『相手が男?逆に男性視点で相手は女?』とモヤモヤしてたところでした。

連立百合方程式を見てスッキリ! 素晴らしき百合ソングですとも。ええ。

艶めかしさと生々しさを含んだ直情的な愛情と、不安に揺れる少女らしさが同居して、
“私”の色めいた表情が次々浮かぶようで、それがまた微笑ましいです。可愛いすぎる!

レヴューを読んだことで、曖昧に捉えていた事がはっきりして、
より一層この曲が好きになりました。どうもありがとう。
Posted by しゅき at 2013年01月19日 13:27
>しゅき様

おおおおお!!はじめましてこんばんは!
ほんと、かなーーーーり昔の曲かつ、知ってる人もやや少ない作品ですけど、名曲ですよね。
確かにアニメ版で聞いた時と、フルの時のイメージはだいぶ違います。フルの方はこんなに凄かったとは・・・。
歌詞の解釈ですけど、私もしゅき様と同じく『あれ?これって“あなた”はホントに男なの?』という疑問がありまして、
自分の中の妄想などと相談した結果、百合連立方程式を完成するに至りました(爆。
しゅき様は、百合についてご理解がありそうでホッとしました。

>“私”の色めいた表情が次々浮かぶようで、それがまた微笑ましいです。可愛いすぎる!

ね!ね!そう百合だと思うと、ほんと可愛らしい情景が頭に浮かびますよね!!
いやー、曲もいいし声もいいし、しかも歌詞が百合風って、言うことないですよ。

こんなレビューですが、しゅき様に百合シンパシーを受信させることに成功できたようで何よりです(待。
こちらこそ、読んで下さりありがとうございました!!!
Posted by ろむろむ at 2013年01月20日 23:35
ルージュって言ってても百合って決まったわけじゃない気がするけどなあ
Posted by 名無し at 2014年01月02日 05:39
まあ、結局はだったらいいな〜妄想ですから。
Posted by ろむろむ at 2014年01月02日 09:24
5
これを自分の恋愛と同時期にフルで聴いていたので、
自分たちと曲中の私たちを重ねておりました

これを聴きながら何度泣いたことか……

しかしこのような解釈もできるわけですね
気になっていた「ルージュ」にも少し納得

いやーまさに脱帽です
Posted by 通り at 2014年07月21日 00:48
>通り様

ありがとうございます!私も大好きな曲です。これ!
これも一つの解釈って感じなのですが、興味深く読んでいただけたみたいで嬉しいです!

私も今でも聞いてます☆
Posted by ろむろむ at 2014年08月30日 20:37