2008年01月17日

『勇侠青春謳』<ALI PROJECT>

『勇侠青春謳』<ALI PROJECT>
(2006/10/25) ビクターエンタテインメント

アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』ED主題歌。読み方は『ユウキョウセイシュンカ』。

一連の“薔薇シリーズ”とは対極にある境地“大和ソングシリーズ”を代表する一作。大和ソングってことで、軍歌っぽいイメージはありますが、歌詞内容を見ると別に『忠君愛国天皇万歳』を歌っている訳ではないことがわかります。ではこれは、戦争に赴く若者の気持ちを代弁したものなのか?それも少し違うと思います。

自分の信念を貫く戦い、ひたすら理想や高みを目指す戦い、自分の弱さを克服しようとする戦い・・・。誰にだって、その人なりの、その人にしか出来ない“戦い”があります。私は、この曲を“戦い”に挑む若者の、不屈の闘志、誇りや気高さを讃え、傷ついてもなお進もうとするその在り方励ます歌だと感じました。


コードギアスは、アリカ様曰く“日本を守る、異国の少年の物語”であります。

主人公・ルルーシュの戦いは常に孤独です。国を捨て、親友を失い、大切だと思っていた人をその手で消し去ってなお、彼の目指すものは遥か蜃気楼の彼方にあり、手に届きません。自分を追い詰める敵の大きさを思い知る度に、その野望は激しく燃え上がり、苦悩は果てしなく深まります。

アリカ様は、自由奔放に作詞をされているように見えて、アニメの主題歌などを担当された時などは、その物語の世界観を尊重した歌詞作りをされる方だと思います(例→“wish”“ピアニィ・ピンク”)。もちろんこの『勇侠青春謳』においても、そのスタンスは変わっておりません。

では、ここで物語の設定の一部を簡単に復習。
ルルーシュの父(皇帝)は、108人の皇妃を持つ超ハッテン家であり、つまりルルーシュには実の妹他、腹違いの兄弟姉妹ウジャウジャいるのでございます。ルルーシュは母を殺し、妹を傷つける要因を作った父と祖国を激しく憎み、異能の少女CCと共に戦いを決意を固めます。

この設定を知っていれば(アニメを見たらすぐわかるんですが)、歌詞を読んだときに受ける印象もまた変わってくると思います。もちろん歌詞の内容とアニメの内容はまるで同じという訳ではありませんが、歌詞の全体的なイメージはアニメの雰囲気近しいものであるように感じます。

勇侠〜の歌詞中に登場する人物は“我”“父”“母”“兄”、そして“愛する君”です。以下、ろむろむの歌詞妄想解説。

(歌詞の1番・2番)
先立つ兄達の影を追い、父に自分の苦しみを心のうちで独白しつつ、母には立派につとめを果たし栄誉を携えて帰ることを、“私”は固く約束します。しかし“私”は、純粋で高潔な想いを持っていたハズの自分が、戦いの中でどうしようもなく穢れていくことを次第に自覚していきます。迷える自分を常に導いてくれていた“君”への愛すらも、自分の弱さのせいで護り抜けないかもしれないと、“私”はひたすらに迷走します。

(歌詞の3番)
2番のラストから、歌詞は徐々に力強いものに変化してきます。3番では、自分の中にくすぶっている迷いや戸惑いを振り払い、たとえどんなにその身を穢しても、美しくあろう、高みへ進んでいこうとするとする強い意思が感じられます。今は、自分を完全に乗り越えることはできないかもしれない。しかし、いつか必ず自分に打ち克ち、自分の信じる“誠”を貫いてみせる。晴れ晴れとした姿で、再び戦いの中へ舞い戻るその姿こそが、彼の美しく勇ましい“青春”そのものなのでしょう。。

・・・ってなことを、私は歌詞を読みながら想像したのでありますが、みなさんはどんなイメージを持ちましたか?人によって色んな情景を思い浮かべることができる詞だと思いますので、みなさんなりの解釈で読み解いていくのも面白いと思います!

<母よ けして我は 涙を見せねども 足元の草に露は消えもせで>

あと、1番目の〆である、この歌詞なんかはすごく深いな〜と思いますね。決して屈さない、何があっても泣いたりしないと、強く誓いを立てている“彼”ですが、彼の今まで歩んできた道に目をやると、その踏みしめている草花には、彼の涙(=露)が消えることなく残っているのです。

・・・って、ここまで散々語っといて何ですけど、個人的にはこのアニメ、あんまりピンときませんでした。確かに続きの気になるアニメですけど。。見始めたのも、どっちかというとアリプロのED主題歌が目当てで(ええええ。それはともかく、4月から第二期『コードギアス〜反逆のルルーシュ〜R2』が放送予定のこと。楽しみに待つのもいいかもですね。



<拍手お返事>
1月14日×3
>美朱と唯ちゃんの百合にときめきつつ柳宿スキーな方
なななななんと!!!まるっきり私と同じ趣味ではございませんか(待
柳宿のキャラソンですが、わ、私も未だに無くさず持ってます!!いや〜、ふし遊は、7星士+αでキャラソン出まくりだったので、当時はとりあえず柳宿キャラソンだけは確保しようと頑張った記憶があります。いつかレビューしたいですね〜!
>アニメの柳宿の最期の演出が、もう・・!
本当に!!マジであれは、アニメならではのすばらしいものでしたよね!!もう、ビデオテープ擦り切れるほど見ましたよ。いやあああ、同じコトを思っていた方が居てすごく嬉しいです。柳宿さいこう!!
コメントありがとうございました★これからも共にピンポイントで萌えていきましょう(謎。
1月16日×1と×1
感謝感謝です!
1月17日×1
ありがとうございます!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/51107484