2007年08月15日

LOVELESS キャラクタードラマCD VOL.4(江夜&倭)

LOVELESS キャラクタードラマCD VOL.4 KOYA&YAMATO〜JOBLESS〜 (2006/8/25) フロンティアワークス

アニメ『LOVELESS』に登場するキャラ、ひとりひとりに焦点を当てたドラマCDの第四弾。今回は、LOVELESS生粋の百合カップル中野倭(かかずゆみ)坂上江夜(釘宮理恵)がメインです。

軟派で優しくて、ちょっと弱いところのある倭と、暗くて脆そうだけど、意外と芯の強い江夜のカップルには、激しくハマらせて頂きました。アニメにもちゃんと登場していて、これも嬉しかったですね。



風に吹き晒されながら、普通の生活に憧れる倭と江夜。生きていくのは大変だと考え込む江夜。二人は、過去のアルバイト経験を思い出す・・・。

会話から想像するに、気魯薀屮譽4巻第22話直後でしょう。22話は、立夏たちに破れたヤマコウが、ゼロという肩書きを棄て、ふたりで生きる決意をするという素敵回でしたね。。高河先生の百合モノを堪能できるという意味でも、4巻はエクセレントでした。

本作は過去の思い出話を絡めて、現在に繋げていくことで、痛覚を持たない“戦闘機”と“サクリファイス”として生まれた、倭と江夜が、いかにお互いを必要とし、(恋愛感情込みで)想いあっているかということがよくわかるCDドラマに仕上がっております。


怪我をしたことを渚先生に咎められ、げんなりする倭。
自立を目指して、バイトを提案するが、律先生に会話を聞かれてしまう。それとは関係なく『草灯クン・・・可愛い・・・』と呟き続ける律先生は、漫画よりもアニメよりも危なキモくてグー。


江夜と倭は、ふたりで生活できることを渚先生に証明する為に、バイトを探すことにする。能天気な倭に対して、あくまで真面目にバイトを探そうとする江夜。

*道路工事→力仕事を頑張る江夜と、あっけなくへばる倭が可愛い

*ファミレス→ここで突然ハイパー百合会話が。。

『ねえ、江夜・・・キスしていい?』
『うう・・・ここで?』
『だって、江夜ったら、可愛いんだもん。眼鏡とつけ耳が制服にぴったりで(甘い声)』
『倭こそ・・・似合ってるよ・・・』
『じゃあ』
『いいけど、誰かに見られたら』
『誰も見てないよ、ね?』
『・・・うん(ゴソゴソ←衣擦れの音)』


しかし、そこに立夏と清明がやってきてあっけなく中断。江夜も舌打ちしてたけど、こんなシーンで止められたら私も激しくフラストレーションががが(略。

江夜って、表面上は受け受けしくあるんですけど、心の中では結構積極性に溢れてて、そのギャップがイイです。明るく爽やかにエッチィ倭も、相変わらず魅力的ですけどね〜。


ガラの悪いオッサンに絡まれる倭。実はファミレスを乗っ取ろうとする悪党。そこに変装をした渚先生と律先生が様子を見にやってくる。嫌がらせを受ける江夜に腹を立てる渚先生。


なんか、いきなり超展開なんですけど・・・。ナイフと拳銃が乱舞してます。。立夏以外全く興味のない清明のプチ悪人ぶりと、律先生のお茶目鬼畜ぶりが目立りますなあ。ヤマコウを助ける渚先生に、彼女のゼロに向ける歪んだ愛を垣間見た気がしました。


ここで現在に戻ります。昔はバイトも何も上手くいかなかったけど、今度はきっと大丈夫。そういって、お互いを励ましあうふたりが健気で健気で・・・。

『一人で生きていくのは大変だろうけど、二人なら』
『うん・・・そうだね。二人一緒なら、きっと』


ピロートークみたいな、二人の密やかな会話にキュンキュンしました。

4巻22話のラストは、ヤマコウにとって希望に溢れたものでしたが、このドラマのラストも、その後のふたりがちゃんと二人で寄り添って生きていけることを再確認するような感じになっていて、個人的にはとても満足でした。

本編に出てくることはもうないかもしれませんけど、本当に好きなキャラだったので、こうやってサイドストーリーを聴くことが出来て良かったです。私は満足でしたが、CDドラマとして考えると全体の尺がちょっと短いかもしれません。ヤマコウ好きなら、間違いなくコレクトをおススメします。

キャストコメント
・渚先生・律先生・草灯・立夏・倭・江夜・兄貴・弟分・店長



*拍手お返事*
・8月9日の拍手×10の方、ありがとうございます!
・8月10日の拍手×1の方、ありがとうでございます!
・8月11日の拍手の方『奈落の花〜・・・』
始めまして。拍手有難うございます。そして、ああ、申し訳ありません。当サイトは、そういったことは一切やらないことを決めているのです。。妄想爆発レビューしかない当ブログでありますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/50961801
この記事へのコメント
ごきげんよう。
お疲れ様でございます^^
おぉ。買われましたか。
私もずーっとどうしようか迷っていたんですね。
いくらヤマコウでもきっとあんまり突っ込んだ
内容になっていない気がして。
ですが、こちらさまのれびうをみさせていただく限りは
買いかもしれませんね。
二人で生きていくことができれば本当に
すばらしいですよね^^
私はアニメで一番好きなシーンは
精神的にダメージくらってるコウヤがゲロってる時、
ヤマトが「赤ちゃんでもできたんじゃない。あたしの子」
ってところが、すんごくぬはーっで(笑)
(危ない人がいますよー
ヤマトいいですよね。
チャラってるんだけど、すんごくコウヤのこと思ってるのが
こっちが照れるくらいに、愛があって好きです。
Posted by ユリミテ at 2007年08月15日 21:30
ごきげんよう★ユリミテ様

どうもどうも!いやー、このCD一枚1500円が『高い』のか『安い』のかは、買った人のヤマコウLOVE度に超左右されると思います。私は、漫画・アニメを見てから、もっとヤマコウのお話が聴きたいいいいと思ったクチなので問題なくゲットすることができました。

コウヤの『最近って、キスするだけでも赤ちゃんできるんだ』って返しにもぬはあああですよNE(危!!というか、さりげに二人とも耳落ちしてるとか、どんだけ妄想を爆発させてくれたら気がすむんでしょう。。さすがは高河先生・・・。

江夜のほうが寄りかかっているように見えて、実は倭もそれ以上に・・・というのがまた良いですよね!激しくユリミテさんに同意です。
Posted by ろむろむ at 2007年08月15日 23:48