2006年12月10日

『アカイイト オリジナルサウンドトラック』レビューに入る前の『アカイイト』レビュー

現時点でろむろむが思う最高峰のガールミーツガール伝奇系アドベンチャーゲーム『アカイイト』 。(*正しいジャンルは『和風伝奇系ホラーアドベンチャー』)

良質なガールミーツガールが楽しめるゲームということは常々聞いていたんですが、PS2を持っていなかった為、ずっと購入には至っていませんでした。しかし、某アカイイトファンサイト様のレビューやら燃料やらを戴いているうちに我慢の臨界あえなく突破。アカイイトをやる為だけにPS2を購入し、ろむろむは無事アカイイト漬けの幸せな日々を送ることが出来るようになったのであります。

今回はサントラレビュー準備号として、アカイイトの作品レビューをしたいと思います。アニソンレビューサイトなのにイレギュラーなことしてしまってごめんなさい。でも他ならぬ魂の作品アカイイトのことなんで大目に見てやって下さい。ちなみにサントラレビューは本気で腰をすえてやりたいので、まだまだ先になりそうです。本末転倒(死)。*微ネタばれあり。物語の核心はバラし無しです。

【アカイイトあらすじ】
主人公は落語好きのホワホワ系少女『羽藤桂(はとうけい)』。母を亡くした桂は、遺産整理の為に幼い頃住んでいた田舎の屋敷へひとり赴くことになる。その夜、桂は夢の中で(着物をエロく着崩した)優しげな少女と出会う。意味深な言葉を残して消えた、懐かしい雰囲気を感じさせる少女ユメイ。しかし彼女との出会いは、桂と彼女に明確な悪意を持つ何者かの存在との邂逅でもあった。桂の欠落した幼少時の記憶に隠された謎、鬼切りという集団の秘密、そして遥かな昔より結ばれた因果の連環。最後に桂は誰の手を取り、その手でどの真実を掴み取ることになるのだろうか・・・。運命の4日間が今始まる!!

アカイイトの素晴らしい処・・・”弊の感じられる文章好感の持てるキャラクターLノ賄なビジュアルて匹澑えのあるストーリータ牲ったOP・ED主題歌Π象的なBGMД淵ぅ慌瓩る声優陣┻朷譽┘蹈広愛に満ちたスタッフ様の存在・・・あああ、枚挙に暇がありません。

まずはやはり『物語』でしょうね。綿密に張り巡らされた伏線の上手さもさることながら、全てのENDを終えてやっと見えてくる世界の構成なども手堅く作っておられます。おかげでプレイ後はしばらく、アカイイトのことで頭(と胸)がいっぱいに。。文体は品があり、実に読みやすいです。物語の所々に挿入される日本伝奇雑学とかもなかなか楽しめます。

そしてキャラクターの性格&ビジュアルの造形の良さも、物語に見事な花を添えている・・・いやむしろ咲かせていると思います!!

というかもう主人公の羽藤桂ちゃんが可愛すぎてどどどどうしよおおおおおって感じなんですけど。松来未祐さんのどこかくすぐられる様なキュンキュン声もさることながら、その柔らかそうな総受けボディーに、突然落語を一席始めちゃったりする古風なボケボケ脳、かと思えば大切な人を守るために命だって張れちゃう強い一面を見せ、どんな時も相手の心を思いやり、受け入れてあげるしなやかさを持ってます。こんな可愛くて素敵な子が主人公とかヤバ過ぎますね。主人公だから攻略できないんですが(*当たり前じゃ)、それもまたもどかしくてグッド!!

ちなみにアカイイトはR指定ではないですけど、R指定以上に燃え上がる美しいエロスが堪能できるゲームですので、その辺もどうぞご安心を!主人公の桂ちゃんの『血』は、特定の種類の者が口にすると凄い力を引き出すことができる『栄養ドリンク的』なものなのです。という訳で、ゲーム中に何度も桂ちゃんの血が吸われちゃうんですけど、その描写が文章・ビジュアル共にいちいちエロスで凄いのなんの。

勿論、(頬を染めながら)桂ちゃんの血を吸うのはすべて同性です。最高ですねえええ!!四つんばいで吸ったり、後ろから吸ったり、前から吸ったり、ダブルで吸ったり、吸血シーンの(病的な)バリエーションの多さには感動すら覚えます。血を吸うときに立てる音とか、漏れる声とかホント危険すぎます。『血で繋がる絆』というのはいつの時代でも多くの人の心を捉えて離さないものだと思います。吸血は最高に痺れる要素ですよねえ〜。

ちなみに私はサクヤ×桂派です。鳥月×桂も好きですけど、やっぱりサクヤルートがガールミーツガール的には一番の出来だったと思います。

サクヤさんは(巨乳)姉御系ですけど、寂しがり屋で子供っぽくて、どんな時も桂ちゃんに保護者以上の愛を注ぐステキキャラで御座います。デジコ声の子供時代も実に良いです。髪をおろした姿もワイルドかつグレート。まあ結局サクヤさんは全部イイってことなんですけどね(壊。ちなみにサクヤルートはトゥルーエンドよりもグッドエンド(バッドエンド含)に真髄があると思います。という訳で2種類のグッドエンド?を紹介。

◎『鬼切りの鬼』エンド◎
本編では完璧に総受けな桂ちゃんが、このエンドでは超ドSっぽく!!!この桂ちゃんなら、間違いなく毎晩サクヤさんを泣かしてると思います。サクヤさんって攻め攻めに見えますけど、精神的には受け受けしいですよね。とりあえずこのENDでのサクヤさんは、幸せを心の中でしみじみ噛み締めていると思いますね。屈折してますけど。

◎『満開の花』エンド◎
この終わり方には・・・ものすごく深いろむろむのツボを直撃されました。ガールミーツガールの精神論を極めたひとつのすばらしい結末です。これが幸せな終わりかどうかは、見る人によって変わると思いますが、私は桂ちゃんもサクヤさんも本当の意味で幸せを掴むことができたと思っています。寂しさからの解放。二人が心のどこかに隠していた孤独がようやく補完されたENDであると云えるでしょう。

鳥月さんルートは、トゥルーエンドが間違いなく一番良い終わり方なんですど・・・やっぱり『赤い維斗』エンドは外せませんよね。鳥月さんったら、どんだけ一途な人なんでしょう。。ゲームでこのENDになった時は本気で我が目を疑いました。しかし、鳥月さんの強さと弱さを同時に感じられる切ないENDですね。もしかしたらこの『赤い維斗』エンドこそが鳥月ルートのトゥルーだったのかもしれないな〜とか、思ったりもします。前後の文章の流れがトゥルーエンドよりも何故か自然で。。このENDを見てからトゥルーの正しい分岐をプレイしたら、すごく違和感を覚えてしまいました。ま、鳥月さんがカッコ可愛いのは真実ですけどね。あんな風に守られたら桂ちゃんでなくても陥落です。

<その他のキャラ>
ユメイさん・・・・献身系和風お姉さん。パッと見た感じは桂ちゃんと同じぐらいの受けっぽさ。アカイイトのエロ担当。桂ちゃんLOVE。
葛ちゃん・・・・・万能系のお子様。可愛い顔に似合わずしっかり者。小動物系のお子様(ちょっとヒネクレ)に懐かれるのは夢心地。自由すぎるEND有。
ノゾミ・ミカゲ・・双子の鬼。意地悪なお姉さまに、やられっぱなしの妹。いやー、これはこれでなかなか・・・。

声優さんも何気にイイとこ取りだと思います。自身も百合系声優として(ホントか!?)名声を挙げているみゆみゆこと『松来未祐(まつき みゆ)』。ベテラン声優のセクシーな声は破壊力抜群『皆口裕子』、この人こんな声も出せたんですね『真田アサミ』、最近色々な場所で名前をよく拝見します『渡辺明乃』『釘宮理恵』。また、ゲームではキャラが喋ると、キャラの口もいっしょに動きます。細かい仕事してくれてますねえ〜。

長くなりましたが、少しはアカイイトの魅力が伝わったでしょうか?云いたい事はまだまだありますけど、とりあえずこれぐらいで抑えておきたいと思います。ゲーム自体は、今なら廉価版が2000円ぐらいで購入できますので、是非お買い求めになって下さい!今後アカイイト(と、独立した続編?アオイシロ)は、『コミックラッシュ』『百合姫』で漫画掲載が決定とのこと。楽しみすぎてろむろむも血まみれです(意味不明。しかし、百合姫とは流石ですね。そういえば百合姫の前進、百合姉妹(vol.4)でも書き下ろしイラスト有りで、ババ〜ンと広報されてましたしね。

ろむろむはアカイイトというゲームに出会えて心から良かったと思っています。なんというかもう『幸せ』です。大げさですけど、本当にそうなんです。

想い想われ、救い救われ、『アカイイト』によって繋がれた『絆』に導かれる少女たちの行く末をどうか。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/50428365
この記事へのコメント
キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!!
きましたね、ついにアカイイトワールドへ^^
実は私はろむろむさんと全く同意見なのです。
やはり黒髪の美少女烏月さんにはころっといきましたが、
やっぱりカップリング的にはサク桂で決まりでしょう!!!
サクヤさんの過去(神話時代から)のお話が
ものすんごく切なくて、すごく凝っていて雑学好きな
人間からしたらたまらない!!!
西洋の神話も好きなのですが、日本の神話もとっても興味がありまして。
それに、主さまとサクヤさんの関係性も、まさかの展開で、ストーリーだけでも文句なく一級品かと^^
Posted by ユリミテ at 2006年12月11日 20:37
文字数多くてはねられた…_| ̄|○

で、続きですが。

私はこの百合ゲーが今までプレイしてきた中でベストです。
これ以上のものはきっと後にも先にもないでしょう。
それ故アオイシロも応援したくなるのです。
いやぁ。同士がいてくれてよかった(。´Д⊂) ウワァァァン!!
烏桂も好きなんですが(現にベストカップル賞を勝ち取っている(笑))、私はサク桂で決まりです!
Posted by ユリミテ at 2006年12月11日 20:38
皆川、ではなく、皆口ですね<ユメイさん
Posted by 名無し at 2006年12月11日 20:39
ユ、ユリミテさあああああん(大きく手を広げ全速力で駆け出す)!!!ユリミテさんがそんな情熱的なサクケイ押しだったなんて!!!!ビバ☆サクケイ同志(乱舞)!!なんというか、浅間サクヤさんは名前からして奇跡ですよね!!

いやー、この二人の良さをわかって頂ける方がいらっしゃるなんて、ろむろむも感無量ってもんです!!本当、サクヤさんの過去編はすっごく燃えましたよね。全シナリオでも一番ストーリーが練られてるように感じましたし。私もサクヤルートを終えてから神話漁りに走っちゃいましたよ。ちなみに私は、はじめサクヤさんのあの『力』の意味がわからず、何度か繰り返しやって、設定解説ファンブックでやっと理解できた駄目っ子1号です。
Posted by ろむろむ at 2006年12月11日 23:57
(→続き)ユリミテさんにとってもベスト百合ゲーということで。私もここまでやってくれたサクセス神にお供え物をして崇め奉りたい勢いです。公式ベストカップルは鳥桂に譲りますが、我らのベストカップルは100%サクケイでファイナルアンサー(壊。この調子でアオイシロもお互いに応援していきましょう☆

<メルフォでのヒソヒソ>
おおっ、そうだったんですか!ある意味すごい確率かも。
大丈夫、果報は寝て待てですよ!
Posted by ろむろむ at 2006年12月12日 00:02
名無しさん、マジサンキューですよ!誤字脱字はマジ恥ずかしいので、これからもドンドンご指摘お願い致します!!
Posted by ろむろむ at 2006年12月12日 00:04