2006年11月19日

Merry Merrily<やまとなでしこ>

『Merry Merrily』 (2001/3/21) キングレコード

歌:やまとなでしこ(堀江由衣&田村ゆかり)


〜東に『やまとなでしこ(堀江由衣&田村ゆかり)』あれば、西に『tiaraway(南里侑香&千葉紗子)』あり〜

伝説の女性声優二人組みユニットをこのように詠ったのは他でもないなんですが、こんな風に思ってる人は他にも世界中にあと3人ぐらいはいると信じています(何。

さて、今回はその『やまとなでしこ』の曲をレビューしてみたいと思います。

『やまとなでしこ』はアニメソング紹介ラジオ番組、通称『ドリカン』という番組で最後のパーソナリティをつとめていた堀江由衣と田村ゆかりが、番組内で結成したユニットです。女性声優として双方高い知名度を持ち、人気声優道を突っ走る二人が組んだとあって、好評を博しました。活動中に発売したCDは2枚と少ないですが、ライブやイベントは精力的に行っていたようです。

『Merry Merrily』作詞・作曲:岡崎律子

表題歌『Merry Merrily』は、数々の素晴らしいアニメソングや楽曲を残しながらも、2004年に敗血症性ショックの為亡くなられた『岡崎律子』さんが作詞・作曲・コーラスを担当しています。曲開始から1分10秒〜35秒のあたりに、最も岡崎さんらしい旋律が流れており、ろむろむはそこに紛いもなく岡崎さんの存在を感じることが出来ました。

『Merry Merrily』は生きることや夢、希望をテーマにした明るさと優しさが歌われた曲です。楽しいことも苦しいことも全てひっくるめて『生きていく』ことを全面肯定した伸びやかな気持ちがこの曲には込められていると思います。

堀江由衣さんと田村ゆかりさんは、可愛らしい声っぷりながらも、美しくハモってらっしゃいます。というか、きっと二人の声質は相性がいいんでしょうね。二人でハモリながら歌うことで、お互いが本来持っている声のクセがやや軽減され、それだけに透明感溢れる歌声が明快に聞こえるようになっていると思います。

2曲目『Trust me,trust you』作詞・作曲・編曲:松浦有希

この曲の正しい聴き方は・・・堀江×田村
いやー、ライブとかでお互いを見つめあいながらこの曲歌ったりしたら、観客の90%は妄想爆発で死んでしまうんじゃないでしょうか。とにかく二人の友愛を感じながら聴けば、楽しさも3倍増しなことうけあいです。 

歌詞にあざとさや、クサイ感じが全くないのが良いですね。良質の詩を読んでいるかのようです。曲の最後に題名でもある『Trust me,trust you』の言葉を発する部分で、二人の声がきれいに重なるのが印象に残りました。

堀江さんと田村さんは私生活でも仲良しさんらしいですね。
多くの妄想素材が転がってそうな予感が致します。

3曲目『恋の天使、舞い降りて』作詞:根津洋子 作曲:真友
*アニメ『ラブひな』、クリスマススペシャル挿入歌。

サビから曲が始まり、そのままのテンションで最後まで聞かされてしまうポップな一曲。クリスマスSP挿入歌ということで、もちろんド・クリスマスソングです。ハーレムアニメの先駆けとして名高い『ラブひな』をテーマとしたアニメソングだからこそ、このようなコテコテ&ラブラブな恋愛ソングになったんでしょうね。

歌詞内容は、クリスマスイブに告白を決意した女の子が、ドキドキしながら相手がやってくるのを待っているという話です。パッと見ると結構ありふれてるんですけど、これがやまなこパワーにかかると、何やらフシギな魅力を持つ歌になるといいましょうか・・・可愛すぎてヤバイ一曲に早変わりです。

さて、『やまとなでしこ』はこの2枚目のシングルを出した後、実質活動停止になりました。元々ラジオ企画物という性質を持ってはじまったユニットですから、それも仕方ない流れだと思います。みんなが忘れかけた時に『活動再開しました☆』というのは、J−POP界隈でもよくあることですから、希望を持って待ち続けるのがファンの正しい有り方(?)だと思います。


★拍手お返事★
拍手ありがとうございますうううう!!!いやああ、拍手が励みになるって本当だったんですね!!すごく嬉しいです!舞HIMEからストパニ、神無月の巫女迄読んでくださったようで、本当にありがたいことです☆☆ろむろむの意見の賛同者さんがいらっしゃるというだけで舞い上がりまくりです。ガールミーツガールとか好きですか??ろむろむも大好きですよ!!これからもよろしくお願いします!!!


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/50324820