2006年11月08日

ドリルでルンルンクルルンルン<川奈翠&麻績村まゆこ> 

『ドリルでルンルン クルルンルン』 (1999.4.21)ファーストスマイルエンタテイメント

歌:川奈翠&麻績村まゆこ 作詞:川奈翠 作編曲:名古屋司

WOWWOW放送アニメ『D4プリンセス』ED主題歌。
何故このCDを買ったのか当時の記憶は一切ありません。というかアニメ自体の記憶も怪しいです。お話なんて、あってないようなアニメだったんですが、最終回近くで、ライバルのドリルっ子(ねじるちゃん)が事故死してました。何故、最後だけヘビー展開・・・。

頭の真ん中に太いソフトクリームのようなドリルを一本角のように生やした王女様(どりすちゃん)が主役。アニメのED映像はどりすちゃんが『ドリルでルンルン』の調子に合わせて、左右に身体を振る程度のショボイもので、妙に不気味でした。

この狂った題名は、サビのワンフレーズです。しかし、あなどるなかれ!実はコレ、隠れた良曲アニソンなのです!!アップテンポな曲調に『ドリルでルンルンクルルンルン』が映えまくり!!ところどころでギターもギュンギュンないてます。・・・いや、わかってますよ。明らかにおかしい曲であることは。。でも、たまには狂った曲も欲しくなるってもんです。それに、こういう曲がフツーに存在するというのも、アニメソングワールドの素晴らしい処だと思います。

歌う時は『ドー リルで ルンルン クル ルンルン』みたいな感じで区切りましょう。大抵の言葉の後に『ルンルン』が付くので、しっかり押さえておくように(何。

ドリルは恥ずかしいけど、恥ずかしくないもので、むしろアイデンティティそのもの。その回転には女の子の愛と勇気と度胸が大きく作用しているのです。とりあえず、歌の〆にある二人の一言セリフがアホで良いです。

作詞は歌も(アニメの端キャラの声も)担当している川奈翠さんという方によるものです。作ろうと思ってもなかなか作れるような歌詞ではないと思うので、なかなか才能のある人だと思います。麻績村まゆこさんは、昔の深夜(ヲタク)テレビ番組『渋谷でチュッ』で何度か見た記憶があります。とりあえず、声優業はまだ続けてらっしゃるみたいですね。川奈さんは不明です。

カップリングは 『無敵のヒロイン〜D4プリンセス〜』ラジオ『か〜な・おみまゆ くるるん大放送!!』の主題歌だったそうです。ナルトのCMチックな出だしから、割りとフツーの少女ちっくな曲がはじまります。なんかスゲー適当に歌ってるように聞こえるんですが、気のせいでしょうか?

ろむろむは、アニメソングを判断する基準として『歌の上手い下手』は全く考えません。上手くても心に響かない曲もあります。下手でも心を揺り動かす凄い曲があります。玉石混合な自由世界、それがアニメソングワールドです。良曲、狂曲なんでも来いの気持ちで楽しむことが、アニメソングの正しい聴きかただと思います。






☆メルフォお返事☆

遊那様
コメントありがとうございまするー。今まで押し留めていた趣味嗜好が決壊したダムの如く私を押し流してしまったみたいです。テニプリCDは・・・実に思い出深いですよね。色々な意味で。遊那様のヲタ根性を見習って、私も頑張っていきたい所存です。まだまだヲタ道は険しき哉ですね。

紅華様
早速コメントありがとうございますー!!ってゴメンなさい!私、まだまだ思い切りが足りてないですね。これでもかなり心の窓全開オープン状態なんですが、ひいー。頑張ってヲタ度上げていきやす〜!!物理的な距離が近かれば、紅華様直伝の技を堪能しまくれるのですが。。残念ですー


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/romrom6656/50265928